爆売れ新型ハリアー 成功した3つの決め手

 新型ハリアーは2020年4月にトヨタがホームページにてプロトタイプを公開して以降、クルマ界の話題の中心となっている。

 事前予約も受け付けていたため、デビュー後1カ月で月販目標3100台の14.5倍となる4万5000台を受注するなど、その売れっぷりたるや驚異的なレベル。

 デビューを心待ちにして、販売会社で実車を見て購入を決める人が相次いている状況で、当然納期も長期化している。

 新型ハリアーが成功している理由について国沢光宏氏が考察する。

文:国沢光宏/写真:TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】2020年上半期の話題を独占した新型ハリアーの勢いは衰えることを知らない!! まだ実車を見ていない人も画像で詳細チェック!!


価格を考えると驚異的な売れっぷり

 新型ハリアーが売れている! 7月の登録台数は9388台で、ヤリス、ライズ、カローラに次ぐ4位! 一般的に売れ行き上位はリーズナブルなコンパクトカーになっているなか、支払い価格で400万円以上の新型ハリアーが食い込んでいるのだから凄い!

新型ハリアーはデビュー1カ月で約4万5000台を受注。G、Zのレザーパッケージの人気が高く、納期が長めになっている

 加えて今オーダーした時の納期も、早いグレードで年内ギリギリ。平均すれば半年待ち。

 なぜこれほど売れているのか? 分析していくと、逆説的ながら同じジャンルに属するホンダCR-Vの徹底的な失敗も見えてくるから面白い。

 以下、じっくり考えてみよう。

値上げ予想もまさかの値下げで登場

 ということで、1)大ヒットになった最大の要因は価格戦略にあると思う。

 新型ハリアー、デビューするまで先代ハリアーから30万円程度の値上げすると予想されてました。

 ところが発表された価格は、ホンの僅かながら値下げした299万円! スペックを見る限り安くなる要素、皆無です!

 例えばエンジン。新型から新しい世代の2Lを搭載しているのだけれど、出力10%増しており従来の2400cc相当。それでいて燃費が15%改良された。普通、エンジン出力上がったら当然ながら値上げでしょう。

エクステリアの質感が大幅にアップしているのに目が奪われがちだが、乗り心地をはじめとする走りの進化が目覚ましいのも新型ハリアーの凄いところ

 装備面の向上も大きい。先代ハリアーの自動ブレーキは2世代前のシステムで、夜間の歩行者検知できず。クルマの陰から出てくる歩行者に対する反応も鈍い。

 新型になり世界TOPレベルとなったうえ、コネクテッドまで標準装備される。マツダの藤原副社長によれば、コネクテッド機能だけで30万円くらい値上げしないとダメだという。

 さらにクルマ作りにもキッチリとコストをかけている。乗り心地の質感が圧倒的に高くなった。

 ボディサイズはひと回りグレードアップされ、LEDも多数採用。インテリアを含め大幅に高級感出てます。

トヨタの高級ブランドという位置づけのレクサスだが、新型ハリアーの上級グレードは勝るにも劣らない高級感で満足度が高い

 マークXを買っていたユーザー層でも満足できるレベル。いや、本革使ったグレードだとレクサスと比べたって負けてない。

 そればかりかApple CarPlayとAndroid Autoと接続が可能な8インチ液晶が標準装備される! 

 3万円の上乗せすることによりフルセグTVまで付いちゃう! 30万円くらいしていた従来の純正オーディオと比べたら実質的な値下げ。

 ホンダなら間違いなく40万円以上値上げしていただろう。それを値下げしたんだから魅力的だ。

今流行のスマートフォンと接続することでナビも使用することができる8インチ液晶のディスプレイオーディオが標準装備される
2L、FFのSはなんと299万円で旧型ハリアーよりも値下げ!!

ハリアーこそプレミアムSUVの元祖で新型も継承

 売れる理由2)は、やはり都会派のSUVだということでしょう。

 SUVにも2つの流れがある。

 まず正統派のクロカン4WDをルーツに持つタイプ。トヨタならRAV4ですね。アウトドアを意識したデザイン&雰囲気を訴求し、アクティブなユーザー層にアピールしてます。ゴツいタイヤに履き替える人も少なくありません。

同じプラットフォーム、パワートレーンを共用するRAV4がオフロードでの走破性を売りにしているのに対し、ハリアーはあくまでも都会的

 けれどハリアーは初代から都会派でしたね。そもそも初代ってレクサスRXとして開発された。その流れをキッチリとキープしており、エクステリアやインテリアともにオフロードの雰囲気無し。

 考えてみたらハリアーがプレミアムSUVの元祖です。その後、ポルシェもカイエンを出し、アウディはQシリーズ、BMWもXシリーズを出している。

 今までオフロードと縁の無いセダンやミニバンに乗っていたようなユーザー層も、ハリアーのような”限りなく乗用車”風のSUVであれば毎日の足にしたってストレス無い。

 むしろ都市部でトレッキングシューズを履くようなアクティブさを演出できる。実際、新型ハリアーのインテリアって、SUVというより上級セダンです。

もはや高級セダンと言っていい新型ハリアーのインテリア。写真は上級のレザーパッケージで、この質感の高さにオーダーが殺到中

新型ハリアーは圧倒的に満足感が高い

 売れる理由3)は圧倒的な満足感だと思う。ディーラーに新型ハリアーを見に行くと、とにかく豪勢&立派! これだけ押し出しの効くクルマのオーナーになるのかと考えたら、それだけでワクワクしちゃう。

 さらにドア開けて室内に入ると、マークXクラスや同じ価格帯のミニバンと比べ、新しいデザインコンセプトで華やか。

新型ハリアーは2L、ガソリンと2.5L+モーターのハイブリッドをラインナップ。両モデルにFFと4WDが設定されているが、2LのFFの上級グレードの人気が高い

 そして299万円スタートの価格を見て購入しようという気になってしまう。その証拠に新型ハリアー、2LエンジンのFFが人気だという。

 価格でその気になり、インテリアの豪華さを求め上級グレードを選ぶ。けれどハイブリッドや4WDになると見えない部分でポンと価格が上がるため、そちらにはいかない傾向。

ハリアーは中古でも高値安定

 トヨタのマーケティング戦略が見事に成功した、ということだと思う。

 この狙い、ユーザーの幸せにもなってます。中古車市場でも高い人気をキープしているため、手放す時の査定が信じられないくらい高いのだった。

 直近でクルマ選びに迷ったなら新型ハリアーの『G』以上のグレードを買っておけば間違いないかもしれません。ホンダは少し参考したらいかがか?

ハリアーは中古マーケットでも高値安定。旧型から新型への買い替え時もお得感が高い。得するためには上級グレードの購入が得策

【画像ギャラリー】2020年上半期の話題を独占した新型ハリアーの勢いは衰えることを知らない!! まだ実車を見ていない人も画像で詳細チェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ