キティちゃんと!? 日本の有名キャラクターとコラボしたクルマ8選


 クルマに限らず商品の拡販には宣伝をはじめとしたプロモーション活動も重要だ。

 プロモーション活動の中にはアニメなどのキャラクターとコラボした宣伝や商品という手段もあり、ここでは日本の有名キャラクターとコラボしたクルマを国内外から8台厳選し、振り返っていく。

文:永田恵一/写真:MITSUBISHI、DAIHATSU、TOYOTA、MITSUOKA、MERCEDES-BENZ JAPAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】永井豪先生が全面協力!! 世界に1台しか存在しない光岡オロチ×デビルマンを堪能する!!


三菱ミラージュ×ハローキティ

 多数のキャラクターを持つサンリオの猫をモチーフとしたハローキティは、1974年の誕生以来現在まで無数の商品に描かれた。

 三菱自動車は2006年からハローキティを宣伝、販促に使用する包括的ライセンス契約を結んでおり、現在も新型コロナウイルス禍で増えた家で過ごす時間を楽しむための三菱車とハローキティの塗り絵などで、その関係は続いている。

 そんな関係もあり、2013年には現行ミラージュにハローキティの40周年を記念した「ハローキティ 40th アニバーサリー パッケージ」というパッケージオプションが400セット限定で販売された。

2013年に400台限定で販売された40周年記念アニバーサリーパッケージのカタログ。三菱は海外のキャラクターではスヌーピーともコラボ実績あり

 具体的な内容はハローキティのシンボルであるリボンをあしらったホイールキャップ、リアエンブレム、助手席側フロントバンパーコーナー、運転席側ドアミラー、左右リアドア、運転席側テールランプ上、給油口に付くオリジナルデザインのデカールが特徴だ。

 そしてハローキティ柄のシートカバー、オープントレイアクセントマット、それぞれシートカバーと同じ絵柄のクッション、マスコット、車検証カバーの装着&付属と多岐にわたる。

 価格は11万6970円と、ハローキティのコアなファンなら決して高くないものだった。

 またハローキティとコラボしたクルマはダイハツもミラ、ムーヴ、ミラジーノに設定したことがあり、過去にあった海外でのハローキティブームの時に輸出すれば、セレブが高い金額でも争うように買ってくれたかもしれない。

ダイハツもハローキティとコラボ経験あり。人気の高かったのはミラジーノで、ボンネットに装着されるエンブレムもハローキティだった

トヨタオーリス×ガンダムのシャア

 1979年にテレビアニメが放送された搭乗者が操縦するロボットが戦いを繰り広げる機動戦士ガンダムは、現在も公式な大規模な施設が東京お台場にあるほどの人気をキープする作品だ。

シャア専用オーリスの初代モデルで、ガンダムでシャア様が大好きという人にはたまらないコラボレーションだった。価格は273万2175~330万6825円

 現在のカローラスポーツの前身となったトヨタのVWゴルフ級5ドアハッチバックとなるオーリスの2代目モデルの前期型には、2013年からガンダムとコラボした「シャア専用オーリスMS-186H-CA」が設定された。

 これはモデリスタと純正ディーラーオプションの組み合わせという形でだった。なおシャアはガンダムに搭乗するアムロと対峙する、赤い服を着た宿命のライバルである。

 シャア専用オーリスに仕上げるパーツとしてはフロントスポイラーやサイドスカートといった専用エアロパーツ、シャアの属するジオン軍のものとなる各部のエンブレム、赤いインテリアのパネル、専用カーナビなどが設定された。

 さらにシャア専用オーリスは2015年にマイナーチェンジされた後期モデルでも、コンプリートカーという形も加わり設定が続いた。

こちらがマイチェン後をベースにした2代目のシャア専用オーリスII。価格は初代より高い321万6437~370万9310円だったが好評だった

 なお、この頃コンセプトモデルとしてジオン軍のロボットであるザクをイメージした「MS-185H 量産型ザクモデル コンセプト」も公開されたが、こちらは残念ながら市販化されなかった。

 2代目オーリスをシャア専用オーリスにコンプリートするにはそれなりのお金が掛かったが、それも熱狂的なガンダムファンには惜しくない金額だったようだ。

次ページは : トヨタ86×ウルトラマン

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ