名門車が続々消滅!! この1年で去っていったクルマたちの悲しき事情


ホンダグレイス(2014~2020年)

 先代フィットベースのコンパクト4ドアセダンであるグレイスは悪いクルマではないものの、強い魅力もなく、その割に価格が安いわけでもないと、販売低調も理解できた。

 グレイスはもともと新興国向けコンパクト4ドアセダンのシティを日本生産の日本仕様としたものだったのだが、昨年フルモデルチェンジされたシティは全幅を日本では3ナンバーとなる1750mmに拡大。

 これではコンパクト4ドアセダンでもないため日本では売りにくく、絶版も順当な決断だ。

旧型フィットベースのコンパクトセダンとして日本で販売されたグレイス。東南アジアではシティとして販売され、日本はハイブリッドをラインアップ
2019年に発表された新型シティ。ジェイドの次期モデルとなると思われていたが、3ナンバーボディになったことでその可能性は限りなくゼロになった

シビック4ドアセダン(2017~2020年)

 2017年にカタログモデルとしては7年ぶりに日本で復活した現行シビックは、英国からの輸入となる5ドアハッチバックとタイプR、日本生産の4ドアセダンというラインナップだった。

 シビックの4ドアセダンも悪いクルマではないものの、強い魅力に欠けた。

2017年に7年ぶりに復活したシビックだったが、2020年1月にマイチェン下ばかりにもかかわらず日本でのセダンの販売は終了

 さらに若干高いものの5ドアハッチバックのほうが新鮮なのに加え、ダンパーなどの違いで乗り心地などがよく、MT設定もあり、タイプR以外のシビックを買うユーザーが「どうせ買うなら5ドアハッチバック」と考えるのは当然で、4ドアセダンは売れず。

 絶版はよくわかるのだが、2020年7月に絶版となるシビックの4ドアセダンが、半年前の1月にマイナーチェンジされていたことにも驚く。

 ただジェイド、グレイス、シビックの4ドアセダンは、「ホンダの寄居工場の稼働率を上げるため」という理由もあり、登場したところがあった。

 そのため3台の絶版が「魅力的なクルマを寄居工場で造るため」という前向きなものになることを期待したい。

ハッチバックとタイプRは日本での販売を継続。そのハッチバックもデザインはカッコいいと評判だが、マイチェン後も大きな成果は出ていない

次ページは : 三菱パジェロ(2006~2019年)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ