名門車が続々消滅!! この1年で去っていったクルマたちの悲しき事情


レクサスGS(2012~2020年)

 現在レクサスの販売構成は、世界的に7割から8割がSUVとなっている。そのためGSをはじめとしたセダン系が持つ開発資源が潤沢ではないことが容易に想像できる。

 そのためレクサスのセダン系の開発には一層の「選択と集中」が求められ、フラッグシップのLSは2017年に11年ぶりにフルモデルチェンジされ、ミドルクラスのISは近々超ビッグマイナーチェンジを行う。

GSはファイナルモデルとなる特別仕様車のEternal Touringの発売をもって生産終了となる。日本で販売された先代に続き影が薄かった

 残ったESとGSはカムリベースのFF車とよりプレミアムなFR車という違いは大きいが、ボディサイズなど表面的には確かに似たクルマだ。

 そうなると世界的に販売が振るわなかったGSを絶版とし、アメリカや中国などで好調なESを残し、2台をESに統合するというのは真っ当な動きではある。

 しかしプレミアムブランドというレクサスのポジションを考えると収益はともかく、ベンツEクラスやBMW5シリーズなどと真正面から戦うFR車としてGSを残してほしかったと感じるのも事実だ。

日産ティアナ(2013~2020年)

エクステリアは主だった特徴もなくよく言えばオーソドックスだが、積極的にティアナを選ぶ理由が希薄だったのが敗因

 ティアナはトヨタカムリやホンダアコードに相当する北米や中国での量販車だけに、北米と中国向けはフルモデルチェンジが行われているなど、広い目で見れば力の入ったクルマである。

 しかし、日本では日本車のこのクラスのセダンの需要が少ないこともあり、最後のティアナはやる気の薄く魅力を感じる部分がない、単に大きなセダンだった。

 さらに日産には価格はだいぶ違うが、同じ車格に伝統あるスカイラインもあり、これではティアナが絶版になるのは当然だ。むしろ最後のティアナが2014年からつい最近まで6年間も売っていたことのほうに驚く。

FFゆえに室内は広いが、ユーザーを驚かす質感の高いインテリアを目指し、実際に実現した初代のような気概も感じられない

次ページは : 日産キューブ(2008~2019年)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ