名門車が続々消滅!! この1年で去っていったクルマたちの悲しき事情


日産キューブ(2008~2019年)

 コンパクトハイトワゴンのキューブは、クルマ自体は全体的に普通だが、和みのようなものを感じさせるキャラクターは今でも得がたいものがある。

 キューブが絶版に追い込まれた理由は、ズバリ自動ブレーキが最後まで付かなかったからだ。

こんなオシャレなキューブも発売されたが、自動ブレーキが最後まで装着されなかったのが痛かった。ちなみにようやくマーチに装着された

 これでは自動ブレーキが当たり前となったここ数年でキューブに興味を持ったユーザーが、自動ブレーキがない点だけでキューブを候補から落とすのも仕方ない。

 日産ではライトバンのNV150 ADにすら2016年から自動ブレーキが設定されていたのを考えると、何度か書いたように功労車だったこともあるキューブが長期間に渡ってほとんど何もしてもらえなかったのは本当に不憫だ。

ホンダジェイド(2015~2020年)

 ジェイドは2013年に中国で「ステーションワゴンを中心に3列シートも設定する」というプリウスαのようなコンセプトを持ち、比較的安価な価格で販売を開始した。

 ジェイドは日本にも2015年にストリームの後継車的な役割も兼ねた3列シートミニバンとして投入された。

中国マーケットでデビューから約2年遅れで、ストリームの後継モデルとして日本で販売を開始したジェイド。走りの質感の高さには定評があったが販売面で苦戦

 しかしこの時点でストリームのような乗用車的なミニバンの需要が減少していたのに加え、ジェイドの3列目はストリームに対し非常に狭く、ミニバンとしての実用性が低かった。

 さらに価格はハイブリッドとはいえ300万円級と内容に対し高く、これで売れる方が不思議だった。

 低迷を打破すべく2018年にマイナーチェンジが行われ、このときに中国仕様と同様のステーションワゴン的な2列シートを中心とし、価格も下げた。

 だが、ステーションワゴンの需要も減少傾向なのに加え、値下げしても割安感のある価格ではなかったのもあり、販売も大きくは増加しなかった。最近中国でも販売終了となったこともあり、日本でも姿を消した。

マイチェンで2列シート5人乗りのステーションワゴン的モデルを投入。これはストリームと同じ手法で、ワゴンの人気も高くなく販売に貢献しなかった

次ページは : ホンダグレイス(2014~2020年)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ