アバルト124スパイダー惜別試乗!! 外見イタ車で中身は日本車の実力


 2016年にマツダロードスターのOEM車として販売を開始したアバルト124スパイダー。実は既に生産は中止されていて、ディーラーなどに残っている在庫のみなのだ。

 ベースとなるロードスターが1.5LのNAエンジンなのに対して124スパイダーは1.4Lターボと異なるパワーユニットを搭載し、足回りにも独自チューニングを施している。

 さらにエクステリアもインテリアも異なるテイスト。ロードスターとはどう違うのか?改めてその魅力を検証してみよう。

文:松田秀士/写真:FCA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】すでに生産中止!! 在庫販売のみとなったアバルト124スパイダーの雄姿を拝む


前後のオーバーハングがロードスターより長い

アバルト124スパイダーはロードスターのOEM車ではあるが、見た目も走りもオリジナリティをいかんなく発揮している

 アバルト124スパイダーがマツダロードスターをベースとしていることは多くの方がご存知のことと思う。

 諸元を比較すればわかると思うが、トレッド&ホイールベースは全く同じサイズだ。大きく異なるのは全長がアバルト124スパイダーが145mm長いこと。

 アバルト124スパイダーのエクステリアデザインを眺めて、まず目につくのは前後のオーバーハングがロードスターに比べて長いこと。

 これによって、アバルトらしい個性ある顔立ちと後姿を演出している。デザイン的にはややレトロっぽくもあるが、前後ともにキリッとした印象を与える。ロードスターに比べると、比較的(?)油顔といってもいいのではないだろうか。

アバルト124スパイダーはロードスターに比べて前後のオーバーハングが長い。そのため全長が145mm延長されている

124スポルトスパイダーのデザインをオマージュ

 フロントノーズを注意深く観察すると、ロードスターがフロントエンドへ向かうにしたがってボンネット上部から絞り込むように低くドロップしているのに対して、124スパイダーは真っ直ぐ伸びてスパッ!と切り立つようなデザイン。

 ヘッドライト廻りも、ロードスターはフロントノーズ中心にやはり絞り込むようにRを付けているのに対して、124スパイダーは真っ直ぐエンドまで伸ばしてスクエアに処理している。

左がピニンファリーナデザインの124スポルトスパイダー。左は日本では販売されていないノーマルの124スパイダー

 オプションのLEDヘッドライトは、大きな目ではっきりと前方を見据える。ロードスターはライトを見る角度によって、その表情を変えるが、124スパイダーはどこから眺めてもまっすぐ前を見ている。

 これは1966年に登場した元祖124ともいえる、ピニンファリーナがデザインした124スポルトスパイダーをフューチャーしたデザインともいえる。

 リアエンドで目につくのは左右4本出しのデュアルエクゾースト。そして、少し切れ上がったリアコンビネーションランプ。こちらはロードスターの丸形に対して、やはりオリジナル124から引き継いだ横長の角型。

 トランクリッドは、リアフェンダーが大きく覆いかぶさるように囲み、コンビネーションランプとともにV字型を強調。実は、トランク容量が8.5L増えているのだ。

リアビューもロードスターとは別物。4本出しのデュアルエキゾーストも精悍。リアコンビランプにもかつての124スポルトスパイダーをオマージュ

次ページは : 両車の最大の違いはパワートレーン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ