新型ヤリスクロスがめっちゃ売れてる!! 長所とあえて探した気になる短所


最もオススメなのはGとハイブリッドG

 グレード選びの詳細では、ノーマルエンジンのX・Bパッケージに注意したい。

 価格は179万8000円に収まるが、衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能が省かれてしまう。その割りにXに比べて9万8000円しか安くならないため、装備と価格のバランスでは逆に割高だ。

 X・Bパッケージは、レンタカーなどの需要をねらったグレードだから推奨できない。

X、ハイブリッドXは買い得感の高い価格設定が魅力的だが、装備のオプションを考えると、中間グレードのGの買い得感が高くなる

 そうなると次に検討すべきはXとハイブリッドXだが、前述のとおりブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキをオプション装着できない。そこで中級のGを検討する。

 Gの価格をXと比べると、ノーマルエンジンは12万4000円、ハイブリッドは11万円高い。ノーマルエンジンのXは、エアコンがマニュアルだから、Gではオートエアコンの価格換算額も加わってハイブリッドを1万4000円上まわる。

 そしてGに加わる装備には、価格差以上の価値がある。16インチホイールは、Xはスチール製だがGではアルミに上級化され、ディスプレイオーディオの画面も7インチから8インチに拡大される。

※ハイブリッド、ガソリンとも4WDはFFに対して23万1000円高

 後席の分割可倒機能は4:2:4と倒し方が細かくなり、シート生地も上級化する。ハイブリッドの場合、価格アップは11万円だが、加わる装備は少なくとも15万円に相当する。

 従って最も推奨度の高いグレードは、ノーマルエンジンのG(202万円/2WD)とハイブリッドG(239万4000円/2WD)だ。

 これにブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキをオプション装着するのが、おすすめの選び方になる。

売却時を考えると最上級グレードのZが有利

最上級グレードのZ、Zハイブリッドには唯一18インチアルミホイールがオプション設定される。見た目の迫力アップの効果は絶大

 そして最上級のZには、Gにオプション設定される18インチアルミホイール(オプション価格は8万3600円)とフルLEDヘッドランプ(同7万1500円)、さらに運転席の電動調節機能などが標準装着される。Gとの価格差は19万円だ。

 仮にGを選び、18インチアルミホイールとフルLEDヘッドランプ(オプション価格の合計は15万5100円)を両方とも装着するなら、19万円高くてもこれらが標準装着されるZを選ぶ方が得策だ。Zにはオプション装着できない運転席の電動調節機能など、7万円相当の上級装備も加わるからだ。

 数年後に売却する時も、Gに複数のオプションを加えるよりは、標準装着される最上級のZを選ぶ方が好条件を引き出せる。

 つまりGとZの選択は、欲しいオプション装備に応じて判断が変わるわけだ。

最上級グレードのZ、Zハイブリッドはシート表皮もほかのグレードと差別化されている。写真はダークブラウンの内装色

【画像ギャラリー】すでに内外納車待ち!! なぜ売れているのか? ヤリスベースのコンパクトSUVのヤリスクロスの詳細をチェック!!