ヤリスクロス 強さの理由とは? 残価設定ローンならヤリスより安い!?


トヨタのSUVラインナップの価格的バランス

 トヨタが用意するSUV同士の価格バランスに配慮した結果でもある。ノーマルエンジンを搭載する2WDの場合、ライズZの価格は206万円、ヤリスクロスZは221万円、C-HR・S-Tは241万5000円だ。

 このようにトヨタ車同士が重複しない価格を実現するには、ヤリスクロスを抑える必要があった。

C-HRは車格、性能の割りに価格設定が安めだったが、これがヤリスクロスの価格設定にも大きく影響。ユーザーにとってはかなりラッキーだ

 仮にヤリスクロスZの価格をライバル車と同じく18万円高めたら、C-HR・S-Tとほぼ同額になってしまう。C-HRの全長はヤリスクロスよりも約200mm長く、直列4気筒1.2Lターボの動力性能も1.8L並みだから、ヤリスクロスの直列3気筒1.5Lよりもパワフルだ。

 この2車種の価格が同等だと、ライズやC-HRと比較された時、ヤリスクロスが割高になる。この問題を避けるためにも、ヤリスクロスはライバル車に比べて価格を安くする必要があった。

 見方を変えると、もともとトヨタのライズやC-HRは割安で、その整合性を図るためにヤリスクロスも価格を抑えた。

 さらにいえば、RAV4が割安だったり、ハリアーで最も安い2LのSを299万円に設定した背景にも、トヨタのSUVラインナップ全体に通じる価格バランスがある。

トヨタは日本メーカーで最大のSUVラインナップを誇る

将来の戦略を見越した価格設定

 このほか今後のトヨタのコンパクトカー戦略も絡む。ヤリスのエンジンやプラットフォームを使った車種として、まずヤリスクロスが登場したが、今後も以前のファンカーゴに相当する背の高いコンパクトカーが加わる。

 ダイハツが製造するルーミー(タンクは廃止された)は、背の高いコンパクトカーでも、直列3気筒1Lエンジンを搭載して価格は150~170万円前後が売れ筋だ。

 今後登場するヤリスをベースにした背の高いコンパクトカーは、ルーミー&タンクよりも高い190万~200万円前後が中心的な価格帯になるだろう。

トヨタはかつてのファンカーゴのような、ルーミーよりも上級クラスで、ヤリスベースのハイトワゴンの投入が確実で、ヤリスクロスの価格はそのモデルともリンク

 そうなるとノーマルエンジンの2WDで見た場合、ベース車のヤリスGが175万6000円、今後登場する背の高いコンパクトカーが190万~200万円、ヤリスクロスが202万~221万円となり、ここでも重複することなくヤリスシリーズの価格体系がキレイに並ぶ。

 以上のようにヤリスクロスの割安な価格は、キックスやヴェゼルといったライバル車への対抗手段、トヨタSUVラインナップにおける価格の整合性、今後充実させるヤリスシリーズの価格バランスという3つのニーズに基づく。

 そこにダイハツ製OEM車との価格区分も加えたから、相当に練り込んだ価格設定といえるだろう。

次ページは : 多大な影響を受ける同一クラスSUV