日産ルークスが突き抜けられない理由 期待に反して伸び悩み!?

 日産期待のスーパーハイトワゴン軽自動車のルークスが鳴り物入りでデビューしたのは2020年2月25日(発売開始は3月19日)。

 販売開始から半年が経過するが、最新のスーパーハイトワゴン軽自動車という割りには販売に突き抜けた感がないのはなぜなのか?

 販売開始とコロナ禍が重なってしまったという不運はあるが、それはライバルたちも状況は同じで、新しいだけ有利に思えるが、販売台数は伸び悩んでいる。

 2020年8月までの月販平均台数は列記すると以下のようになっている。

■ホンダN-BOX:1万6489台
■スズキスペーシア:1万1156台
■ダイハツタント:1万563台
■日産ルークス:6335台

 最新モデルのルークスがトップ3に食い込むどころか、大きく差をつけらているのだ。

 ルークス、それから共同開発車のeKスペース、eKクロススペースともクルマの評価は高く、ファンが待ち望んだクルマだったはずだ。

 なぜ突き抜けられていないのか? 新車効果が短くなっている昨今、ルークスに飛躍の目はあるのか? この点について渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:NISSAN、HONDA、SUZUKI、平野学

【画像ギャラリー】ライバルとどこが違う? 今大人気のスーパーハイトワゴンで最も新しい日産ルークスの詳細チェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ