日産ルークスが突き抜けられない理由 期待に反して伸び悩み!?


軽自動車はコンスタントに売れることが重要

 このような売れ方になるのは軽自動車の特徴でもある。日常生活のツールだから、新型にフルモデルチェンジしても、ユーザーが飛び付くように売れて、届け出台数が急激に伸びることはない。

 その代わり優れた商品で価格も割安なら、ユーザーは車検期間の満了などに合わせて、確実に乗り替える。発売から時間を経過しても安定して売れ続け、次期型にフルモデルチェンジされるまで、販売台数をあまり落とさない。

ルークスの魅力は質感の高さにあり、特に走りの質感の高さは折り紙付き。リアシートの乗り心地は少し硬めだが、スタビリティが高い

 その代表的な車種は、絶大な人気を誇るN-BOXだ。1カ月平均の届け出台数は、現行型が発売された2017年が1万8207台、2018年は2万156台、2019年は2万1125台となる。

 2018年より2019年のほうが、売れ行きが上回った。発売から時間が経過するほど、売れ行きが伸びているのだ。

 かつてワゴンRが軽自動車の販売1位だった時代も、同様の売れ方をした。新型の発売直後の届け出台数がいまひとつだから、「外観が変わり映えしないため、さすがに飽きられてきた」などといわれたが、数年後には軽自動車の販売1位になっていた。

王者N-BOXは2020年中にマイナーチェンジすると予想されている。電動パーキングブレーキの採用ほか、またまた魅力アップでライバルに差をつける

ライバルに対して存在感が薄れている!?

 このような軽自動車の売れ方を考えると、現時点ではルークスの本当の人気を判断しにくいが、2020年7/8月における軽自動車の販売順位が6位に甘んじたのは気になる。

 届け出台数も6月が9431台、7月は7958台と下がった。8月も6208台と低いが、お盆休みも入るので判断しにくい。

 全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車は、各車種にメカニズムの特徴はあるが、外観が似通っていて違いもわかりにくい。

共同開発された日産ルークスの姉妹車に当たるのが三菱eKスペース&eKクロススペース。個性派だが、販売面では苦戦が続いている

 最近は好調な売れ行きと相まって、N-BOX、スペーシア、タントの存在感が強く、ルークスの印象が薄れていることも考えられる。

 スーパーハイトワゴンは外観や価格が似通ったクルマの集合だから、売り方や宣伝の仕方によっては埋没しやすい。

 今はルークスハイウェイスターがエアロパーツを装着してスポーティに仕上げ、姉妹車のeKクロススペースは、SUV風のテイストにしている。

 この設定は日産と三菱のブランドイメージに合っているが、今後はルークスにもスペーシアギアのようなSUV風の派生車種が必要かも知れない。

 商品力を考えると、ルークスはもう少し売れていい商品だ。

スペーシアはSUVテイストのスペーシアギアを追加して販売絶好調。ルークスはエアロタイプのハイウェイスターをラインナップしているが、SUVタイプも欲しい

【画像ギャラリー】ライバルとどこが違う? 今大人気のスーパーハイトワゴンで最も新しい日産ルークスの詳細チェック!!