ノート&N-BOX 新型登場秒読み!! ほか 年末に向けた新型車情報加速中!


■トヨタ ポルテ/スペイドは今年末までにモデル廃止の様相

 トヨタは、今年末までにコンパクトハイトワゴンのポルテ/スペイドを廃止する方向で検討しているようです。

 同じコンパクトハイトワゴンでは、ダイハツからOEM供給を受けているタンク/ルーミーに一本化する方針で、売れゆき不振のポルテ/スペイドは廃止することを決めた模様です。

トヨタ スペイド
トヨタ ポルテ。写真はともに2020年7月に発売された特別仕様車「F “Safety Edition”」

■ホンダ オデッセイを10月下旬発表、11月上旬発売でビッグマイナーチェンジ

 ホンダはオデッセイを10月下旬発表、11月上旬の発売予定でビッグマイナーチェンジします。今回のマイナーチェンジは内外装のデザイン変更、安全装備の強化、走行性能向上、快適装備の充実化、バリエーションやボディカラーの見直しなどかなり大幅な手直しとなります。

 外装はフロント側がフェンダー&ボンネットパネル、グリル、バンパー、リア側がコンビランプ回りのデザインを変更します。室内はメーターを含むインパネ、シート表皮の変更で質感をさらに向上させます。安全装備はホンダセンシングの後方誤発進抑制機能を追加します。

写真はホームページで公開中の新型オデッセイ ハイブリッド アブソルート EX

 走行性能は、2.4Lガソリン車の静粛性や乗り心地が向上します。快適装備はハンズフリーアクセスパワーテールゲートをEXグレードに標準装備するなどの充実化が行われます。

 ボディカラーは6色から5色に再編成します。

 グレードはガソリン車、ハイブリッド車ともにアブソルートEXとアブソルートの2タイプずつに集約され、アブソルートはFFの7人乗り、アブソルートEXは4WDの8人乗り、ハイブリッドアブソルートEXはFFの7人乗り、というラインナップとなります。

 この改良型は9月下旬から先行予約をスタートさせる見通しです。ちなみに、次期型へのバトンタッチないしは後継モデルへの引き継ぎは2022年にずれ込む見通しです。

次ページは : ■ホンダ シビックタイプRの特別仕様車は10月8日に発表、10月9日に発売