新型フェアレディZ イベントで語られた新情報!「ほぼこの形のままで出ます」

 2020年10月11日、東京都渋谷区にある「代官山T-SITE」において、「モーニングクルーズ」が開催されました。

 今回のテーマは、「フェアレディZ」。これまでの歴代フェアレディZオーナーズクラブに声がかけられ、多くの「Z」がずらりと並ぶなか、2020年9月に公開されたフェアレディZ プロトタイプ「Z PROTO」を囲んでの開催となった。以下、現地レポートを紹介したい。

文・写真/ベストカーClub


■歴代Zに囲まれた中央に鎮座する「PROTO」

 台風14号の影響で、直前まで開催か中止かが心配された「代官山蔦屋書店 モーニングクルーズ」。ご存じのとおり台風がそれて、2020年10月11日(日)の早朝には雨が止み、無事開催となった。

 会場には歴代のオーナーカーのS30型、S130型、Z31型、Z32型、Z33型、Z34型がモデル別に並べられ、周りの駐車場にも抽選で当選したフェアレディZが並ぶ。そのその中央にボディーカバーの掛かった「Z PROTO」が配置された。

当日はあいにくの雨模様だったが、フェアレディZファンが多く駆け付けて熱気に包まれていた

 時折、霧雨の降るなかZ PROTOが披露。照明に気遣われた屋内展示や晴天の下でのZ PROTOもいいが、雨に濡れたZ PROTOもおつなものであったことを明記しておきたい(屋外の、それも雨天での展示はおそらく世界初)。

歴代フェアレディZがすらりと並び、壮観。数あるオーナーズクラブのなかでも団結力はピカイチと名高いフェアレディZオーナーズクラブ

■「がんばれば買える」、「このままの形で」

 イベントでは、新型Z PROTOを手掛けた日産自動車 グローバルデザイン本部エグゼクティブ・デザイン・ダイレクターの田井悟氏、チーフプロダクトスペシャリストの田村宏志氏が参加してのトークショーが実施。その説明の最中に、お忍びで日産自動車代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏も参加し、周りの人たちを驚かせた。

 途中、日産自動車のデザイン担当専務執行役員でもあった中村史郎氏も会場に現れ、賑やかなミーティングとなった。

 以前、田村CPSが「(新型フェアレディZは)がんばれば買える価格にしたい」と発言している。「フェアレディZ」は老若男女、誰もが知っている車名であり、最初は憧れ、羨望、そして所有する喜び、ドライブする喜びを与えてくれるクルマだ。そうしたクルマが「買える値段」で発売されることは何より期待を盛り上げる。そしてこの日、田村氏から「ほぼこの形で出ます」と驚きの発言があった。

歴代フェアレディZのデザインを踏襲しつつ、未来を感じさせる「Z PROTO」。本当にこのままの形で出るとしたら…うーん、たのしみ

 このZ PROTOをベースにした新型フェアレディZの発売時期について、日産から公式発表はまだないが、いろいろ予想されている。事実は内田社長のみ知ることであろう(当サイトでは2021年末と予想)。

 今回の車両協力された一部のZオーナーには、記念品として、フェアレディZのTシャツと、Zのロゴがプリントされたマスクが配布された。

 新型フェアレディZが、街中を走る姿を早く見たいものである。

参加者に配布されたTシャツとマスク。ほしい

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ