誕生から約40年経っても色褪せないピアッツァは最後の購入チャンスか!?


 いすゞはトラックやバスを生産・販売するメーカーとして知られているが、2002年9月まで乗用車を生産・販売していた。

 乗用車部門から完全撤退したいすゞだが、ベレット、117クーペ、ピアッツァ、FFジェミニ、ビークロス……と自社生産したクルマたちを見ていくと独創的なデザインの名車が多い。

 なかでも1981年6月に誕生したいすゞピアッツァは、G・ジウジアーロによるデザインで、約40年経った今でも色褪せていない名車だ。

 最近では中古車市場でもめっきり数が少なくなってきて、絶滅が心配されている車種のひとつでもある。

 そこで、本企画ではいすゞピアッツァは今、いくらで買えるのか? 購入する際のチェックポイントやパーツはまだあるのかなど、いすゞ車専門店に取材し、徹底レポート!


文/伊達軍曹
写真/いすゞ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本車の至宝ピアッツァアッソフィオーリを写真でチェック!


G・ジウジアーロデザインによる稀代のスペシャルティクーペ

ピアッツァの原型となった「アッソ・デ・フィオーリ(Asso di fiori=イタリア語でクラブのエース)」。写真はいすゞ藤沢工場に保管されているレストア済みの実車を撮影した時のもの
1981年6月にデビューしたピアッツァ。FRジェミニのプラットフォームを流用した4シーターの2ドアクーペとして登場。ボディサイズは全長4310×全幅1655×全高1300mm。ちなみにピアッツァの意味はイタリア語で広場(正確には都市のなかにある広場)
G・ジウジアーロ。1938年8月生まれ。1979年のAsso di Fiori発表当時、41歳

 まずはいすゞピアッツァはどんなクルマなのか、概要を解説していこう。ピアッツァは 117クーペの後継として1981年6月に登場したクーペタイプの小型乗用車で、デザインを担当したのは、117クーペと同じくジョルジェット・ジウジアーロ。言わずと知れた工業デザイン界の巨匠である。

 いすゞからの依頼を受けたジウジアーロは1979年のジュネーブショーに「アッソ・デ・フィオーリ(Asso di fiori=イタリア語でクラブのエース)」と名付けたコンセプトカーを出展。

 そのアッソ・デ・フィオーリの斬新なフォルムおよびディテールを「ほぼそのまま」とも言える形で量産車化したのが、1981年6月登場の初代ピアッツァだった。

 当時の国産車といえばパキッとエッジが立ったデザインが主流だったが、ピアッツァは曲面を多用した優雅かつ斬新なデザインを採用。

 またフラッシュサーフェス処理も先進的で、ウインドウまわりを中心に、ボディ表面の凸凹は極力排除されていた。

テールランプやガーニッシュなどリア回りのデザインも高い評価を受けている
ステアリング左右に配置されたサテライトスイッチなど斬新で未来的なデザインのコクピット
デビュー当時のピアッツァのインテリア

 内装に関してもジウジアーロのデザインが忠実に再現され、上級グレードのXEには「デジタルメーター」を標準装備。

 またそれ以外のグレードにも、メーターナセルの両脇に操作系を集中させた「サテライトスイッチ」を設置。

 右手側にライトスイッチなど11項目、左手側にワイパーなど13項目の操作スイッチを集中させることで、ステアリングから手を離すことなく大抵の操作ができる作りになっていた。

 駆動方式はいわゆるFRで、当初の搭載エンジンは直4のG200型。上級グレードのXEにはジェミニZZ用1.8L、直4DOHCを1.9Lに拡大したDOHCが搭載され、それ以外のグレードには117クーペ用2L、直4SOHCを改良したユニットが搭載された。

 1984年6月には最高出力180psの2L、直4SOHCターボを追加している。トランスミッションは5MTまたは4速AT。

 1983年5月には、それまで日本の法規上やむをえず採用していたフェンダーミラーがドアミラーに変更され、1984年6月には前述の2L SOHCターボが追加された。

ドイツのチューナー、イルムシャーとコラボして生まれたピアッツァイルムシャー

 続く1985年11月には、ドイツのチューナーであるイルムシャーに足回りのチューニングを依頼した、イルムシャーが登場。イルムシャーが手かげた、しなやかな足回りに加え、MOMO製ステアリングとレカロ製シート、専用デザインのフルホイールカバーなどが特徴だった。

 1987年8月には一部改良でテールランプやアルミホイール、コンソールおよびステアリングのデザイン変更などを行なった。

 1988年6月にはXEハンドリング・バイ・ロータス(handling by LOTUS)を追加。こちらはMOMO製ステアリングと英国のロータスがチューンしたサスペンションとBBS製2ピースアルミホイール、7項目調節機構付きのバケットシートなどを装備した。

 1989年12月には最後のモデルとして、XEリミテッド・ハンドリング・バイ・ロータスを追加し、1991年8月に初代ピアッツァは販売を終了。

 なお通常モデルのほかに、GM車の日本輸入元だったヤナセで販売された「ピアッツァ・ネロ(Piazza Nero)」も存在する。

 ピアッツァ・ネロは内外装色にブラックも用意され、ピアッツァの特徴である異型2灯ヘッドライトは輸出仕様の4灯タイプになるなどの差別化が行われていた。

 なお初代ピアッツァが販売終了となった後、1981年8月には2代目のピアッツァが日本国内でも発売されたが、2代目ピアッツァは初代とは似て非なるものゆえ割愛させていただいた。

初代ピアッツァの中古車流通台数は極めて少ない

1981年6月のデビューから39年が経つ現在、中古車流通台数はピアッツァは8台、ピアッツァ・ネロが3台と少ない

ピアッツァの中古車情報はこちらをクリック!

 そんな初代ピアッツァの中古車は今、いくらぐらいで探すことができるのか?

 ……探すうんぬんの前に、初代ピアッツァの中古車流通量は「もはやかなり希少」というのが現実だ。

 大手中古車情報サイト「GOO-net」の掲載台数はピアッツァが全国8台で、ピアッツァネロが3台。

 こういった大手サイトには掲載されていない物件をカウントに入れたとしても、「売りに出されている個体は全国でせいぜい20台ぐらい?」というのがおそらくは実情だろう。

 これだけ数が少ないと明確な相場というのはイマイチわかりにくいものだが、とりあえずモデル全体の相場は60万〜160万円ぐらい。

 グレードによる価格差というのも明確ではなく、例えば、希少な最終XEリミテッド・ハンドリング・バイ・ロータスが60万円で、普通のXSターボが160万円となるケースも多いようだ。

 ……これだけサンプル数が少ないと、大手中古車検索サイトなどを見ていても何もわからないため、ここは「専門家の話」を聞いてみるしかない。

次ページは : いすゞ車専門店「ISUZU SPORTS」に徹底取材!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ