誕生から約40年経っても色褪せないピアッツァは最後の購入チャンスか!?

 いすゞはトラックやバスを生産・販売するメーカーとして知られているが、2002年9月まで乗用車を生産・販売していた。

 乗用車部門から完全撤退したいすゞだが、ベレット、117クーペ、ピアッツァ、FFジェミニ、ビークロス……と自社生産したクルマたちを見ていくと独創的なデザインの名車が多い。

 なかでも1981年6月に誕生したいすゞピアッツァは、G・ジウジアーロによるデザインで、約40年経った今でも色褪せていない名車だ。

 最近では中古車市場でもめっきり数が少なくなってきて、絶滅が心配されている車種のひとつでもある。

 そこで、本企画ではいすゞピアッツァは今、いくらで買えるのか? 購入する際のチェックポイントやパーツはまだあるのかなど、いすゞ車専門店に取材し、徹底レポート!


文/伊達軍曹
写真/いすゞ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本車の至宝ピアッツァアッソフィオーリを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ