レクサスLC500にGT-Rも!! 日本の現役超高性能パトカー 6選


 2020年9月にデビューしたレクサスLC500パトカー。

 まさか警察車両になるとは思えないスポーツカー系のパトカーの導入にカーファンならずとも驚いた声があちこちから聞こえたが、実は日本にはほかにもスポーツカータイプのパトカーが存在する。

 今回は現役で活躍している車両5台について解説しよう。

文/有村拓真、写真/有村拓真、ベストカー編集部(NSXのみ)

【画像ギャラリー】ここでしか見ることができない!! 現役超高性能パトカーの蔵出し画像厳選20カット


レクサスLC500

レクサスLC500がパトカーとなったことはマニアの間で大きなトピック。世界に誇るラグジュアリースポーツクーペは白/黒のカラーリングも似合っている

 2020年9月に栃木県警に寄贈された車両で、栃木県内の会社役員の男性から寄贈された。価格は警察車両への架装費用を含め約1740万円だ。

 ベースはLC500のV8エンジン搭載のガソリン仕様、総排気量は4968cc、最高出力が477PS/7100rpm、最大トルクは540Nm/4800rpm、トランスミッションは10速AT、駆動方式は2WD(FR)となっている。

 同車は交通機動隊に所属し、主にイベントに出動して広報活動に従事しているが、幹線道路での取締り活動にも従事しているようだ。

街中でこのパトカーを見るとかなりの衝撃を受けること間違いなし。イベントだけでなく取り締まりにも使われているので要注意

日産GT-R(R35)

GT-Rはこれまでも数多くパトカーとして使われているが、世界最高レベルの動力性能を持つGT-R(R35)はその最新かつ最高峰

 2018年6月に栃木県警に寄贈され、LC500のパトカー同様、先の会社役員の男性から寄贈を受けたもの。

 価格は警察車両への架装費用を含めて約1870万円だ。ベースはGT-Rピュアエディションと推測される。

 総排気量は3799cc、最高出力が570PS/6800rpm、最大トルクが637Nm/5800rpm、トランスミッションは6速DCT、駆動方式はフルタイム4WDだ。

 こちらは高速隊に所属しており取締り活動も行うが、LC500同様、主にイベントに引っ張りだこな様子だ。

栃木県警の高速隊に所属しているということで高速道路での取り締まりにも使われているという。取り締まられたらジタバタしても無駄

次ページは : 日産スカイラインGT-R(R34)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ