レクサスLC500にGT-Rも!! 日本の現役超高性能パトカー 6選

 2020年9月にデビューしたレクサスLC500パトカー。

 まさか警察車両になるとは思えないスポーツカー系のパトカーの導入にカーファンならずとも驚いた声があちこちから聞こえたが、実は日本にはほかにもスポーツカータイプのパトカーが存在する。

 今回は現役で活躍している車両5台について解説しよう。

文/有村拓真、写真/有村拓真、ベストカー編集部(NSXのみ)

【画像ギャラリー】ここでしか見ることができない!! 現役超高性能パトカーの蔵出し画像厳選20カット


レクサスLC500

レクサスLC500がパトカーとなったことはマニアの間で大きなトピック。世界に誇るラグジュアリースポーツクーペは白/黒のカラーリングも似合っている

 2020年9月に栃木県警に寄贈された車両で、栃木県内の会社役員の男性から寄贈された。価格は警察車両への架装費用を含め約1740万円だ。

 ベースはLC500のV8エンジン搭載のガソリン仕様、総排気量は4968cc、最高出力が477PS/7100rpm、最大トルクは540Nm/4800rpm、トランスミッションは10速AT、駆動方式は2WD(FR)となっている。

 同車は交通機動隊に所属し、主にイベントに出動して広報活動に従事しているが、幹線道路での取締り活動にも従事しているようだ。

街中でこのパトカーを見るとかなりの衝撃を受けること間違いなし。イベントだけでなく取り締まりにも使われているので要注意

日産GT-R(R35)

GT-Rはこれまでも数多くパトカーとして使われているが、世界最高レベルの動力性能を持つGT-R(R35)はその最新かつ最高峰

 2018年6月に栃木県警に寄贈され、LC500のパトカー同様、先の会社役員の男性から寄贈を受けたもの。

 価格は警察車両への架装費用を含めて約1870万円だ。ベースはGT-Rピュアエディションと推測される。

 総排気量は3799cc、最高出力が570PS/6800rpm、最大トルクが637Nm/5800rpm、トランスミッションは6速DCT、駆動方式はフルタイム4WDだ。

 こちらは高速隊に所属しており取締り活動も行うが、LC500同様、主にイベントに引っ張りだこな様子だ。

栃木県警の高速隊に所属しているということで高速道路での取り締まりにも使われているという。取り締まられたらジタバタしても無駄

日産スカイラインGT-R(R34)

 1999年度から2001年度にかけて県費で合計5台が導入された。グレードはVスペックや後期型VスペックIIなどが存在した。

 初期に導入されたものは県警本部のPRセンターに展示されており、また現在でも数台が生き残っているが、イベントでの活躍が主だ。

 ベースグレードはスカイラインGT-R Vスペックで価格は約560万円。総排気量は2568cc、最高出力は280PS/6800rpm、最大トルクが392.3Nm/4400rpm、トランスミッションは6速MT、駆動方式はフルタイム4WDとなっている。

 現役当時は幹線道路や高速道路に出動して取締り活動に従事していた。また、1台だけ覆面仕様がおり、高速道路上の撃墜王として有名だった様子。

スカイラインの名の付く最後のGT-R(R34)は現役20年選手。1日でも長く現役生活を続行してもらいたい

日産フェアレディZ(Z34)

 2016年4月、警視庁に都費で3台が導入された。いずれもニスモバージョンで目を引く意匠となっている。

 ベースグレードはAT仕様のニスモで価格は約574万円。これに警察車両への架装費用が上乗せされる。

 総排気量は3696cc、最高出力が355PS/7400rpm、最大トルクが 374Nm/5200rpm、トランスミッションは7速ATとなっている。

 2016年度には1台、都費で追加配備されたが、こちらはニスモではない通常グレードのタイプとなっている。

 これらの車両は普段から運用されており、昼夜を問わず幹線道路や高速道路での取締りにあたっているほか、イベントでも積極的に活用されている。

 ちなみに、フェアレディZニスモ導入前はマツダRX-8が活躍していた。現在ではすべて引退し、そのうちの一台は警察博物館の入り口に展示されている。

白/黒のパトカーカラーが非常にシックリとくるフェアレディZ(Z34)。パトカー化されて改めて美しいクルマだと再認識

ホンダNSX(初代)

 1999年度にホンダより栃木県警に寄贈された。グレードはNSXのMTと推測される。ベースグレードの価格は約970万で、排気量は2977cc、最高出力が280PS/6800rpm、最大トルク294.2Nm/5400rpm、トランスミッションは6速MTだ。

 1992年にも初代NSXがメーカーより同県警に寄贈されたが、当時の車両は事故で廃車となったようだ。現役の車両はイベントで主に活動している。

写真は1992年にホンダから寄贈された初代NSXの前期モデルのパトカー。今となってはリトラクタブルヘッドランプが懐かしい

スバルインプレッサWRX STi(GDB)

今では法規の関係で装着することができなくなったバグガードは、フロントマスクに虫などが付着するのを防止するためのもの

 2003年度と2004年度に国費で一部の県の高速隊に配備された同車。10台程度の配備が確認された。

 1台あたりの価格は警察車両への架装込みで約340万円前後だ。

 グレードはWRX STiで排気量は1944cc、最高出力が280PS/6000rpm、最大トルクは394Nm/4400rpm、トランスミッションは6MTでフルタイム4WDだ。

 国費で配備された車両なので、積極的に取締りに運用する姿が見られた。バグガードと呼ばれる透明の板がボンネット上に備わり、高速走行時にフロントガラスに付着する虫からガラスを守る板が付いていた。

 現在この装備は法律の関係で装備することができなくなったので、もう見られないシロモノだ。

 晩年はバグガードを撤去して交通機動隊に移籍した車両や、イベント用で現在でも運用されている県も存在する。

架装込みで当時約340万円というのは超お値打ちグルマ。涙目のインプレッサWRX STIは日本の高速道路で恐れられた

まとめ

 このようにスポーツカータイプのパトカーが各地で活躍しているが、ほかにも三菱GTOやマツダRX-7が2020年現在も現役で活動している県が存在しており、車歴として20年以上経過しながらも、各種啓発活動に活用するなど県の担当者の熱意を感じる。

 ドバイ警察などのスーパーパトカーを導入している国を思っても引けを取らないメンツが国内で活動しているのだ。

 スポーツカータイプのパトカー以外にも昭和の時代から現代にかけて一般的な車種から驚くような警察車両も活動していた。

 もっと知りたい方は2020年12月3日に発売予定の「パトカー30年史」をお買い求めいただければ幸いです!

【画像ギャラリー】ここでしか見ることができない!! 現役超高性能パトカーの蔵出し画像厳選20カット