温故知新ここに極まる!! ビッグバイクKAWASAKIの顔へ 社内にくすぶった復活への情熱が大成す

温故知新ここに極まる!! ビッグバイクKAWASAKIの顔へ 社内にくすぶった復活への情熱が大成す

 東京都世田谷区のカワサキ販売店で、ニューモデル「メグロK3」の発表会が開催された。

 これが「目黒通り沿いにあるカワサキ旗艦店で、大正時代に目黒村で創業したメグロの復活についてカワサキ担当者らが語る」という、要素多すぎ!? の立て付けが話題に。もちろんそこにはきっちり計算された狙いが隠されている。

【画像ギャラリー】W800の「チョイ変え」なんかじゃない!! 超絶こだわりのタンクを見よ!!!

文/市本行平、写真/市本行平、KAWASAKI


■メグロK3の発売、それはカワサキのビッグバイク路線強化の表れ

 なぜ今、メグロなのか? 本誌の質問に対して直接の答えは「1960年に川崎航空機工業と目黒製作所が提携して60周年という節目」というもの。

 しかし、カワサキ内では過去から長らくメグロを復活させたいという想いがくすぶっていたという。それが今になって実現したのは、ビッグバイクを軸とした販売戦略が本格化したタイミングだからだろう。

 カワサキは2017年から国内でディーラー制度をスタートさせ、現在70店舗まで拡大。2020年4月からは、排気量401cc以上のビッグバイクの販売をカワサキ専門のプラザ店に限定している。

 店舗数は120店を目指していることから、さらに推進していくためにも注目度の高いビッグバイクをリリースする必要があり、これがメグロK3(773cc)の実現を後押ししたはずだ。

カワサキプラザ東京等々力の林亮二GMがメグロK3のアンベールという大役をこなす。メグロとは言え販売はカワサキプラザ店の担当だ
カワサキプラザ東京等々力の林亮二GMがメグロK3のアンベールという大役をこなす。メグロとは言え販売はカワサキプラザ店の担当だ

 同時に本誌は250ccでのメグロ復活も検討したのかも聞いてみた。カワサキは2018年まで250ccの「エストレヤ」を発売しており、これは「カワサキ250メグロSG」をリバイバルしたものだった。

 現在は生産終了になっていることから、新たにメグロブランドで復活してもおかしくはない。しかし、当然のように「考えていない」との答え。

 カワサキの大きな狙いは、メグロK3の発売によって戦前から大排気量の名車を輩出し、カワサキ初の大型車である650W1の土台となったメグロブランドをアピールすることで、カワサキのビッグバイクイメージをより強固なものにしていくこと。

 メグロK3はビッグバイクカワサキの広告塔としての役割も担っており、これもメグロ復活を後押ししたはずだ。

メグロK3は2月1日に発売。カワサキは、2018年にZ900RS、2019年にW800カフェ/ストリート、2020年にW800とクラシックモデルを年々強化している
メグロK3は2月1日に発売。カワサキは、2018年にZ900RS、2019年にW800カフェ/ストリート、2020年にW800とクラシックモデルを年々強化している

 メグロK3発表の舞台として、この5月にオープンしたばかりの新しい旗艦店であり、立地が目黒通り沿いにある「カワサキプラザ東京等々力」が選ばれたのは全て計算ずく。

 この場所でカワサキとメグロの歴史が再び邂逅した瞬間に立ち会うことで、現在も残る日本最古の二輪ブランドを強く印象づけられることになったのだ。

<strong>カワサキプラザ東京等々力。高級感のある内外装でいわゆるバイク屋のイメージはない。国内でビッグバイクのトップシェアを獲得するするための新ディーラー網だ</strong>
カワサキプラザ東京等々力。高級感のある内外装でいわゆるバイク屋のイメージはない。国内でビッグバイクのトップシェアを獲得するするための新ディーラー網だ

次ページは : ■メグロK3のタンクエンブレムはW800の数倍の手間とコストで生産

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ