名門ブルーバード後継「シルフィ」生産終了と次期型の行方


 日産屈指の名門車「ブルーバード」の系譜をひくミドルセダン「シルフィ」の生産終了を日産が公表。海外では発売されているスタイリッシュな新型は日本に導入せず?

 そして、このまま国内向けのシルフィは絶版となるのか? 販売現場の声も含め、日産の名門車の今とこれからを追った。

文/渡辺陽一郎、写真/日産

【画像ギャラリー】日産名門車 ブルーバードからシルフィまでの歴代車をイッキにみる


「シルフィを継続させる話は聞いていない」

日産シルフィは、2020年9月に生産終了していた(販売時期:2012年-2020年)

 先般、日産シルフィが生産を終える趣旨の報道があった。日産によると「生産は2020年9月に終了しているが、公式ホームページなどではアナウンスしていない」とのことだ。

 日産の販売店ではどのように受け止めているのか、今後の動向も含めて問い合わせると以下の返答であった。

「生産はすでに終了しており、少数の在庫車が残っている程度だ。シルフィは従来型(ブルーバードシルフィ)の保有台数が相応にあって、乗り替えを希望されるお客様もいるが、今後継続させる話はメーカーから聞いていない」

「シルフィは現行型が3ナンバー車になって売れ行きを下げた。今後、新型車が登場するとしても、セダンではなく人気の高いSUVだと思う」

ブルーバード時代から数えて通算11代目となる初代ブルーバードシルフィ(販売時期:2000年-2005年)

 最初のシルフィは、2000年に「ブルーバードシルフィ」の車名で発売された。当時はブルーバードも併売され、ブルーバードシルフィはホイールベース(前輪と後輪の間隔)などをサニーと共通化したコンパクトな上級セダンとして企画された。

 ブルーバードは2001年に生産を終えたが、ブルーバードシルフィは堅調に売れて、2002年の時点でも1か月に約2700台が登録されている。1998年に発売された最終型の9代目サニーが1か月平均で約4100台だから、ブルーバードシルフィも堅調な売れ方であった。

2005年にフルモデルチェンジした2代目(通算12代目)ブルーバードシルフィ(販売時期:2005年-2012年 )

 この後2005年にフルモデルチェンジを行い、ホイールベースを2700mmまで伸ばすことで、5ナンバーサイズのセダンとしては最大級の室内空間を確保した。特に後席は、Lサイズセダン並みに広い。

 運転しやすく、4名乗車も快適なことから、フォーマルなセダンボディと併せてビジネスの用途でも人気を高めた。2006年には、1か月に2000~3000台が登録されている。

ブルーバードの冠がとれた現行型はセダン低迷もあり苦戦

現行型シルフィの車体サイズは、全長4615mm×全幅1760mm×全高1495mmである。先代(2代目)より、65mm大きくなった

 ところが2012年の末に発売された現行型は、車名をブルーバードシルフィからシルフィに変更して、全幅が少しワイドな3ナンバー車になった。

 それでも全幅は1800mm以下に収まり、視界の優れたボディによって運転もしやすいが、広くて実用的な5ナンバーセダンという特徴を失って売れ行きを下げた。

 また、2012年当時はエコカー減税がクルマの売れ行きに大きな影響を与えたが、シルフィはその対象に入らなかった。これも売れ行きを下げる原因であった。

 当時販売店は「今のお客様はエコカー減税車から選ぶので、そこに該当しないと、購入の候補に入れてもらえない。売れ行きも伸ばせない」と述べていた。

 これらの影響でシルフィの登録台数は、発売直後でも、2013年後半になると1か月で500~700台になった。2019年はコロナ禍の影響を受ける前でありながら、約150台まで減っていた。

 ちなみに、今のセダンの売れ行きは全般的に低調だ。フーガやシーマはシルフィを下まわり、ホンダはアコードセダンとグレイスを廃止した。スバルもレガシィB4を終了させている。

 セダン市場の低迷を踏まえると、シルフィが特別な例とはいえないが、ケアを怠ったことも確かだ。

 2019年には新型シルフィが海外で披露され、現行型に比べると鋭角的でカッコイイ外観に刷新されたのに、日本では旧型を販売している。走行性能や安全装備も、海外のシルフィに比べると劣っている。

次ページは : 海外向けの新型シルフィ なぜ日本に導入されない?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ