【横浜銀蝿40th】嵐、翔、Johnny…「いつも彼らのテールランプを見ながら走ってたんだ」~TAKUクルマ愛を語る(後編)


 2020年9月21日でデビュー40周年を迎えた「横浜銀蝿」は、嵐(65)、翔(62)、Johnny(62)、TAKU(60)のメンバー全員が大のクルマ好きだ。目指した音楽も「もちろん車を走らせながら聴くためのロックンロールで決まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)。4人のうち、最も早く幼い時からクルマに憧れてきたTAKUが、ベストカー編集部の取材に熱い思いを語った。

2020年9月22日に60歳となった。その日開催された「TAKU 還暦REBORN! 生誕祭ライブ」では、横浜銀蝿40周年への思いをファンに向けて語った

 2回に分けてお届けするTAKUのインタビュー後編では、「新車」「国産車」をキーワードにして、その“クルマ哲学”に迫る。(前編はこちら)

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

■キャラバン、ローレルを買ってビックリ!!中古車嫌いの潔癖症

 「スポーツカーしか眼中にない」。少年時代から頑なにそう考えてきたTAKUが興味を持った意外なクルマがある。ホンダの小型車シティだ。

 1981年秋に発売された新型車。車高が通常のクルマよりも高いため「トールボーイ」とも呼ばれ、ユニークな洒落た形状で大ヒットした。

 「カタチが画期的に見えたのね。当時は、ダルマ(セリカ1600GT)とコルベット・スティングレイの2台持ち。2台目はセリカじゃなくシティにしようと」 

 当時は銀蝿でブレイクして金回りが良かった。ホイールを換え、オーバーフェンダーにして、マフラーも取り換えた。「納車の日に、環八(環状の都道)のクルマ屋に行ったよ」

 実は、TAKUは中古車が苦手だ。「そもそもオレは潔癖症。つり革とかドアノブを触るのも気になるのに、他の奴が乗ってたなんて冗談じゃない。若い時はお金の面で仕方がないけど、おじいちゃんが新車を乗り継いでいたのを見ていたし、嵐さんと出会うまで中古車を買う発想がなかった」

大ヒットを連発し、忙しい日々を送っていた。左からTAKU、嵐、翔、Johnny

 シティは初めて買った新車になった。以降、アメ車を除き、新車を買うことにしているが、例外が2台ある。日産のキャラバンとローレルだ。

 キャラバンは、コンサートやレコーディングに行く際の“楽器車”だ。「マネージャーに購入を頼んだの。そしたら自分が乗るためのマスタングと抱き合わせで買ってきた。2台買うからということで値引きしてもらったんじゃないのかな。それでキャラバンのボディを見ると、10カ所ぐらいパテで修復した跡がある。ツルハシを打ち込まれたみたいな穴。きっと、喧嘩かなんかでやられたんじゃないのかな。ラジエーターにも穴が開いててさ。大きなペットボトルを積んで、冷却水を足しながらレコーディング合宿に行ってたなあ(笑)」

 ローレルにもひどい思い出がある。スポーツカー志向なのになぜ購入したのか。銀蝿解散後、中古車販売店を始めた翔に中古車オークションに連れて行ってもらったからだという。

 「お土産を買うようなノリで落としてもらったの。スタート5万円で誰からも値段が付かないようなクルマがあるんですよ。それがローレルだった。プロの業者が行く場所だから掃除もしていない現状渡しだった」

 正直言って好みではない。でも、せっかくなので一生懸命掃除して、ステアリングもローレルのイメージに合わせてウッド製に取り換えた。そうやって手入れをして乗っていたある日、都内の世田谷通りを走っていると、突然ボンネットが開いて、視界がふさがれた。あわてて道路脇に止めた。

 「もう、マンガみたい(笑)。これは乗らないほうがいいと思って、翔さんに引き取ってもらった(笑)」

■翔が押し売り?!アメ車には懲りた…

 銀蝿デビュー後に初めて買ったアメ車が、シボレー・コルベット・スティングレイだった。翔も手に入れていた名車だ。

 「子供の時に憧れた(アニメに出てきたレーシングカーの)『マッハ号』にそっくりだった」

シボレー・コルベット・スティングレイの前でポーズを取るTAKU

 しかし、実際に乗ると、いろんな不具合が見えてきた。「タイヤは太すぎるし、(サスペンションは)板バネを使ってるし、まっすぐに走らない。ヘッドライトは、リトラクタブルなんだけど、開くと水がたまっている」

 整備に出した直後は調子がいいのだが、しばらくするとトラブルに見舞われた。最も困ったのが、都内の五反田の交差点で、エンジンがストップした時だ。

 「何回もセルを回して、やっとの思いで道路の脇に寄せることができた。そしたら、またプスンって、かかんなくなった。もう外車は嫌だと思うようになった」

 しかし、約10年後、またもやアメ車の中古を買ってしまう。きっかけは翔だった。

 「『今のカマロって格好いい、サカナみたいだよね』って翔さんと話してたのね」。シボレー・カマロZ28コンバーチブルのことだ。

 TAKUは30歳の直前で音楽出版社の「日音」に入社し、槇原敬之らさまざまなアーティストを手掛け、ヒットを連発している。翔と雑談していたのは、35歳で退社するまでのことだった。

 「日音は赤坂のTBSの旧社屋の中にあった。翔さんからある日電話がかかってきて、『外を見て』って言うから窓の下を見ると、白いオープンカーに乗った翔さんが手を振っていた」

 カマロだった。「『TAKUがいいって言うから買ってきた。今、関西から運んできた』って。オレ、買うなんて言ってないのよ(笑)」

 価格は400万~500万だったと記憶している。「『ローンは大丈夫、全て手配済み』って言われて。当時乗っていたユーノス・ロードスターを翔さんの店に下取りに出して、そのままカマロに乗って帰ってきた(笑)」

シボレー・カマロZ28コンバーチブル。「346」のナンバープレートが見える(「横浜銀蝿TAKU 公式YouTubeチャンネル」から)

 ナンバーが「346」だったので「サンシロー」と名付け、愛情を込めて乗り始めた。ところが、期待はまたしても裏切られた。5・6L8気筒のエンジンはしばしば調子が悪くなった。

 電気系統も故障した。「パワーウインドウのスイッチが何度も壊れ、ディーラーに修理に出すと、何万円も取られる。そんな細かい故障が多かった」

 しまいには、冷却水を循環させるウォーターポンプがダメになってしまった。それでもうアメ車には懲りた。

次ページは : ■ソアラ、ロードスター、アルファード、ハイエース…日本車サイコー!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ