【横浜銀蝿40th】中古並行で大失敗 ベンツに乗って得た教訓~ Johnny クルマ愛を語る(後編)

 2020年9月21日でデビュー40周年を迎えた「横浜銀蝿」は、嵐、翔、Johnny、TAKUのメンバー全員が大のクルマ好きだ。目指した音楽も「もちろん車を走らせながら聴くためのロックンロールで決まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)。4人のうち、高校時代の同級生で、大学入学後の同じころからクルマに乗り始め、ともに遊んできた翔(62)とJohnny(62)が、ベストカー編集部の取材に熱い思いを語った。

1980年9月21日にデビュー。わずか3年3カ月の活動ながら日本の音楽シーンに大きな足跡を残す伝説のバンドとなった

 2回に分けてお届けするJohnnyのインタビュー後編は「ベンツに乗り続ける理由」。(前編はこちら)

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

平成になって買った名車「W124」

 昭和が終わり、平成へ。そのころ出会ったのがベンツだった。

メルセデス・ベンツ300E(W124)

「当時、Eクラスが出て、カッコいいなあって思って。たしか4、5年落ちで、400万円か500万円したんです。高くて買えないなって思ったら、たまたま同僚のディレクターの友達の友達が、300万円で売るよって言ったので、買ったクルマなんです」

 大金をはたいて手に入れた憧れのクルマ。メルセデス・ベンツ300E(W124)は、名車として語り継がれるクルマだ。イタリア人デザイナーのブルーノ・サッコが手掛けた質実剛健さが伝わる外観、格段に良くなった実用性で今でも人気が高い。

 ただ、これが、Johnnyの愛車遍歴で、最も懲りたクルマになってしまった。

「もともと中古の並行ものだったんです。300万円で買ったけど、修理に300万円以上かかってしまって」

 ミッションやショックアブソーバーが壊れ、エンジンからもオイル漏れ。それに、中古並行は、正規のディーラーでは通常は見てもらえない。それでも、なんとかツテを頼って修理してもらったという。

「走行距離が6万kmほどだったんです。でも、修理の業者に『これ、メーター2回り以上してますね』って言われて。えっ?てなって。たしか、10万kmとか超えたらメーターが戻ってしまってるんですよ。相当、走り込んだクルマだと分かって。海の向こうで、レンタカーとかタクシーとかに使われてたんじゃないのかな。ミッションのオーバーホールで80万円もかかったし。とにかく全部直しました」

 そこまで、手を入れて乗っていた1台。さぞかし、愛着がわいたと思うが…。「わかなかったです(笑)」

 中古は、もうイヤだ。そう思ったのだが、川崎市内のベンツ専門の中古車業者から耳寄りな情報が入る。

「『女の人が乗っているいいEクラスが入りましたよ』と言われて」。それが、同じ300Eの特別なAMG仕様のモデルだった。

「ディーラーものだったので、これは本当にすばらしかった。高速走行時のしっとり感、そして飛ばせば飛ばすほど安定してくる。ベースが同じクルマとは思えないくらい。お金持ちの奥さんが乗っていたらしくて、いろいろいじっていて。4万kmか5万kmの走行距離で、330万円でした」

 前の300Eは、いろいろ直したこともあって、別の業者がわりといい値段で引き取ってくれたという。

ベンツのすばらしさを実感したAMG仕様の300E

「このAMGは、前に走るクルマを全て許さなかったですね(笑)どけどけどけって、全部抜かしてました(笑)」

うっかり、ポチっとネットで買ったら…中古へのこだわり

「クルマは高くても、ディーラーか、新車並行を買わないと。中古並行はダメ!」。これが、ベンツを体験して得た一番の教訓だ。

 ただ、この境地にたどり着いたものの、再び失敗を犯してしまう。それには、次のような経緯があった。

 最初の300Eは3年ほど、次のAMGは4年ほど楽しむことができた。AMGも途中でミッションのオイル漏れが起きてしまい、その修理には80万円もかかるという。すでに16万kmも走っていたので、手放して次のクルマを買うことにした。ただし、今度は国産車のミニバン。三菱のシャリオグランディスだった。Johnnyが乗ってきたクルマでは唯一の新車だ。

「普通のクルマですが、子供と釣りに行くにはいいかなと思ったんです。3列シートだし」

 しかし、次第につまらないなと思ってしまう。そんなとき、好きなお酒を飲みながらネットを眺めていると、あるクルマが目に留まった。ベンツE320だった。

「当時の相場で230万円ぐらいだったのかな。それが、ネットでは100万円で出ていた。それで思わず、ポチっと買っちゃった(笑)」

ネットで買ったE320。まさか水没車とは…

 しかし、このクルマも、いわくつきだった。「ディーラーものだったので、車両点検に持っていったら、業者に『水没車ですね』と言われて」。シートヒーターが壊れていたのがその証拠だった。

「たしかに、ナビの履歴をみると、福島のほうなんです。おそらく、東日本大震災かと。やっちゃったなって(笑)」

 徹底的に直したので、結果的にはいいクルマになったという。5年ほど乗って、17万kmぐらいまで走った。ただし、かけた修理費用は150万円に上った。購入価格を余裕で上回った。「中古並行ではないけど、ポチっはだめだぞって(笑)」

 Johnnyの年間走行距離は今でも2万km以上はいくという。

「クルマに1日乗らない日があると、気持ちが悪いぐらいです」

 中古にこだわるのは、この点に理由がある。

「3万kmや4万km走ると、ガンと値段が下がる。でもこれって、オレの1年ぐらいの距離の感覚なんです。3万kmで倍以上値段が変わるのなら、そっちのほうがいいでしょ。年間数千kmの人なら新車がいいかもしれないけど」

 ベンツへの信頼は変わらず、その後もCクラスのW205、その後に220dと乗り継いでいる。

「220dは優秀ですよ。ディーゼルなんで、軽油だから燃費がいい。高速だとリッター20kmを超えるし、街中でも14~15kmはいく。それにトルクフルですよね。安定感があって、今はベンツがすごいなって思いますよ」

クルマで聴きたくなる曲

 運転中は音楽をかけた。矢沢永吉やユーミン、サザンオールスターズ…。銀蝿でデビューしてからは、もちろん自分たちの曲だ。

「クルマと音楽って、セットじゃないですか。音楽のいいところは、聴くと、あのときどうしたかって思い出せるところ。銀蝿の曲はなんといっても、クルマに合いますからね」

 たしかに、それは今の時代でも変わらないだろう。銀蝿のヒット曲の数々を、試しにカーステレオで流してみる。ノリの良さに背中を押され、街中を走っていても、ついアクセルを必要以上に踏みたくなってしまう。そして、何よりも大音量が似合う。

 クルマは1人になれる空間でもあった。

「けっこう考えがまとまるんです。デスクで何かしているよりも、運転してるときがいい。集中力が高まる」

青春の思い出が詰まったセリカ1600ST。横浜銀蝿のデビュー直後まで乗った

 銀蝿時代のことだ。銀蝿の弟分だった嶋大輔に提供した大ヒット曲『男の勲章』の歌詞の2番がなかなか浮かばない。横浜の自宅から第三京浜を通って、渋谷の事務所に向かう途中、運転しながら不意に歌詞がひらめいた。

「『ガキのころ 赤トンボ 追いかけてた時の…』って出てきて。これ、いいじゃんって。締め切りの日でしたね」

 その意味では、『男の勲章』はカーステレオで聴くと、一層心に響く曲なのかもしれない。「そうですね。でも、どれもクルマで聴けるような曲を作ってましたから」

再び手にしたギター

 40周年の節目の今年は、7月28日に銀蝿としてNHKの歌番組「うたコン」にも生出演し、憧れの場所だったNHKホールでギターを弾いた。演奏したのは、今年の話題曲『ツッパリHigh School Rock‘n Roll(在宅自粛編)』だ。

「まさか人前に立つとは、思っていなかったんです。2018年11月、銀蝿のディレクターだったキングレコードの水橋春夫さんが亡くなって、偲ぶ会で、20年ぶりぐらいに翔くんに会って、40周年だから1年限定で一緒にやらない?って誘われた。20年弾いてなかったし、無理と言ったんだけど。こうやって会えたのは水橋さんのおかげかなって。そこから真剣にギターを練習して。2019年3月にリハーサルをやったら、楽しくて。それで、やりたいなって思ったんです」

 普段は、キングレコードの関連会社ベルウッド・レコードの社長として多忙な日々を送る。銀蝿への参加を決めてからは、本業の合間に、ステージに立つ身だしなみとして、身体を絞り、食生活も気を付けてきた。体脂肪は10%未満とアスリート並みだ。

「今回の40th (フォーティース)で心掛けているのは、とにかく限られた時間なので、何かやったことに後悔することはやめようと。めいっぱい楽しんじゃおうと思っています。過去はどんなにくよくよしても直せないけど、未来は変えられますから」

 来春からは、全国6カ所を回る「横浜銀蝿40th コンサートツアー2020~It’s Only Rock’n Roll集会 完全復活編 Johnny All Right!~」が始まる。

「近場は、今回も愛車で現地解散、現地集合ですね。もちろん、今は(昔のように前のクルマを)全部抜かさないですよ、何かあったらみんなに迷惑をかけちゃうから(笑)」

 音楽の話をしているときも、運転好きの素顔がのぞいた。

9月24日発売のシングル『昭和火の玉ボーイ』。カップリングには『ツッパリ High School Rock‘n Roll(在宅自粛編)』を収録 https://kingeshop.jp/shop/pages/yg40shtb.aspx

横浜銀蝿のメンバー4人が自らの人生を語った『ぶっちぎり最終章』(講談社)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ