【横浜銀蝿40th】中古車屋の熱き日々 「左スライドドアで子供の安全守ろうぜ!!」 ~翔 クルマ愛を語る(後編)

【横浜銀蝿40th】中古車屋の熱き日々 「左スライドドアで子供の安全守ろうぜ!!」 ~翔 クルマ愛を語る(後編)

 2020年9月21日でデビュー40周年を迎えた「横浜銀蝿」は、嵐、翔、Johnny、TAKUのメンバー全員が大のクルマ好きだ。目指した音楽も「もちろん車を走らせながら聴くためのロックンロールで決まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)。4人のうち、高校時代の同級生で、大学入学後の同じころからクルマに乗り始め、ともに遊んできた翔(62)とJohnny(62)が、ベストカー編集部の取材に熱い思いを語った。

1980年9月21日にデビュー。わずか3年3カ月の活動ながら日本の音楽シーンに大きな足跡を残す伝説のバンドとなった
1980年9月21日にデビュー。わずか3年3カ月の活動ながら日本の音楽シーンに大きな足跡を残す伝説のバンドとなった

 2回に分けてお届けする翔のインタビュー後編は「中古車販売にかけた情熱」。(前編はこちら)

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

「エイトビート」を開業、売れに売れた!

 銀蝿が解散したのは1983年12月31日だった。活動期間はわずか3年3カ月。昭和の終盤を駆け抜けた伝説のロックバンドはひとまず活動を終え、翔はソロ活動に入る。

 相変わらず、好きなクルマいじりは続けていた。そして、ついには、平成になって中古車販売店を始めてしまう。横浜市内のマンション1階に開いた「エイトビート」だ。

グロリア2800Eブロアム。銀蝿のデビュー前、スポーツカーから“オラオラ系”にシフトチェンジ
グロリア2800Eブロアム。銀蝿のデビュー前、スポーツカーから“オラオラ系”にシフトチェンジ

「きっかけは、自分が改造したクルマを、欲しいって言う後輩たちに譲ったりしてたこと。古物商の許可を取って個人でブローカーみたいにやってたけど、会社としてやろうと思ってね」

 小さな店舗のショールームには、フェラーリ1台だけを置いた。「近くに駐車スペースを広く取ってね。客の注文を受けてから、ピカピカにして持ってくる。客からすればいつもきれいな状態に見えるわけよ。店舗にあらかじめ置くと、常にきれいにしておかなきゃダメでしょ。よく売れたなあ」

 客は増えた。駐車スペースにも困るようになったため、同じ横浜市内の600坪もある倉庫に移転した。常に30~40台ほど確保していたという。

 実は初期のころは、アメ車には特化してなかった。「オレだということで、みんなからアメ車を求められたけど。オレがやりたかったのは、売れる車をリードするっていうのかな。大きなクルマ屋さんに負けないためには、回転率が良くて、ヒットするクルマを探そうと思ったのよ」

 そこで、目を付けたのが、日産のテラノだった。日本よりも北米で人気が出たSUVだった。「2・8Lのディーゼルもあったけど、最初のころはツードアで3Lのガソリン車があった。そっちのほうが速いから。で、シャコタンにする(笑)」

 出来上がったテラノを売りに出すと、速攻で売れた。「これだ」と手応えを感じた。「それで、オークション会場に行って、出てくるテラノを全部買って、隠しておくわけ。全部シャコタンにして、バンバン売るんです」

 しかし、そのうち買えなくなってきた。売れるクルマだと気付いた資金力のある業者が買うようになっていたからだ。次に狙いをつけたのが、同じく日産のエクサキャノピー。これもシャコタンにしたら、飛ぶように売れた。

次ページは : シボレー・アストロ改造計画

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します