スバルの人気が爆上がり中? 新車を買ったら…?? 驚きのアメリカンカーライフ 25選


 アメリカはいつだって注目の的! 改めてそう感じた先日の大統領選挙。とにかくパワフル・華やかなイメージのアメリカ、カーライフはどんな感じなのか?日本メーカーの立ち位置は? 覗いてみると、驚きのネタの宝庫だった!

 アメリカ事情通の自動車ジャーナリスト、小林敦志氏が驚き話を大公開。実体験に基づくネタも飛び出します!

【画像ギャラリー】ぼーっとしてるとパトカーが突っ込んでくる?? 驚きのアメリカンカーライフを19枚の画像でダイジェストでチェック!

※本稿は2020年11月のものです。この企画では、アメリカ自動車社会の象徴であるカリフォルニア・エリアの話をメインで紹介します
文/小林敦志、写真/Adobe Stock、TOYOTA、SUBARU、LEXUS、Mercedes -Benz、Tesla、Geely Automobile
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■新車を買ったら即乗って帰ることができる!

 アメリカでの新車購入は日本で自転車を買うのと同じノリと考えるとわかりやすい。

 基本的にはディーラーにストックされている車両から、お気に入りの車種を選んで購入するスタイルとなる。

 ナンバープレートは後日郵送されるので、手続きが終われば、そのまま購入したクルマに乗って帰れる。これぞアメリカンスタイル。

買ったらすぐ乗れる。合理的

■アメリカでも若者のクルマ離れが目立つ

 多くの州で高校生からクルマを運転できるアメリカ。が、アメリカのクルマ社会の象徴であるカリフォルニアですら免許を取らない“クルマ離れ”した若者が増えている。ライドシェアサービスの普及などで、移動には不自由しないのがその理由のひとつ。環境問題に熱心なバイデン政権下ではさらに顕著になるかも(?)。

環境問題への関心の高まりも背景に

次ページは : ■「身の丈に合ったクルマしか買えない」?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ