ストロングHV廃止の影響は? 新型ソリオ発売1ヵ月後の通信簿

ストロングHV廃止の影響は? 新型ソリオ発売1ヵ月後の通信簿

 2020年12月4日に発売が開始されたスズキの5人乗りプチバン、新型ソリオ/ソリオバンディット。今回からストロングハイブリッドを廃止し、マイルドハイブリッド/ガソリンエンジン車となったのが話題となっているが、はたしてそれが販売にどう影響したのか? 

 また、電動化が進む時代にあって、なぜストロングハイブリッドを廃止したのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が販売現場を回り、ソリオの販売状況を徹底レポートする。


文/遠藤徹
写真/ベストカーweb編集部 スズキ トヨタ

【画像ギャラリー】ストロングHV廃止でも販売好調の新型ソリオ/ソリオバンディットをじっくり見る


発売1ヵ月後の受注台数は約6000台、納期は約2ヵ月

2020年12月4日に発売開始した新型ソリオ。マイルドハイブリッド(2WD)のWLTCモード燃費は19.6km/L。価格は158万1800円~
2020年12月4日に発売開始した新型ソリオ。マイルドハイブリッド(2WD)のWLTCモード燃費は19.6km/L。価格は158万1800円~
新型ソリオバンディット
新型ソリオバンディット

 新型ソリオ/ソリオバンディットは2020年11月25日に発表、12月4日に発売開始した。新シリーズはサイズ&グレードアップして室内を拡大、装備を充実させるなどして商品力を大幅に引き上げている。

 一方でこれまで設定していたEV走行可能な「ストロングハイブリッド」を廃止し、モーターアシスト方式のマイルドハイブリッドのみにしたことで、全体的に燃費低下の印象が否めない状況となっている。

 発表から1ヵ月が経過し、滑り出しのスタートダッシュは、まずまずの受注ピッチで推移している。2020年1月4日現在の納期は3月上旬で2ヵ月待ちとなっている。

 受注累計は推定約6000台で月販目標の4000台を大幅に上回っている。従来モデルの登場が2015年8月26日だから、5年3ヵ月ぶりの世代交代である。

 直近の2020年12月の新車販売台数が1月8日に発表されたが、ソリオ(12月4日発売)は5019台(対前年同月比151.7%)で新車販売ランキングは13位。ちなみにルーミーは3位、8792台(対前年同月比146.2%)だった。

 スズキの登録車では最も販売台数の多い主軸モデルでこれまで月販3000台規模をコンスタントに売ってきたから、保有台数は20万台以上に上っている。当面はこちらが代替え母体となり、増販攻勢が続くことになる。

次ページは : ストロングハイブリッド廃止の影響は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!