新型ソリオ登場で競争激化必至!! 日本独自のプチバン なぜ人気?

 最近は「プチバン」の人気が高い。プチバンとは、全長を4m前後に抑えながら、全高は1600mmを上まわる背の高いコンパクトカーのことだ。背が高くてミニバンよりも小さいから、俗に「プチバン」と呼ぶ。トヨタ ポルテ/スペイドのCMで広まった。

 プチバンの車種は少ない。先に挙げたポルテ&スペイドの姉妹車、トヨタ ルーミー/ダイハツ トール/スバル ジャスティの3姉妹車、スズキ ソリオ&三菱 デリカD:2の姉妹車程度だ。

 日産のキューブは生産を終了しており、ホンダ フリードとトヨタ シエンタは3列シートのミニバンで、全長も4.2mを超えるからプチバンと呼びにくい。

 しかも最近は売れ行きが二極分化してきた。登録台数が最も多い車種はルーミーだ。以前から好調だったが、2020年10月には1万1487台を登録して、小型/普通車登録台数ランキングの3位に入った。

 2020年10月におけるルーミーの登録台数を対前年比で見ると165%に達する。前年の1.6倍以上も売れた背景には、複数の理由がある。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、SUZUKI、DAIHATSU、MAZDA、SUBARU、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】実は日本市場に最適ジャンル!? ミニバンよりさらに小柄で人気の「プチバン」いろいろ!!


■ルーミー&新型ソリオは高い実用性を誇る“二強”

トヨタ ルーミー。運転しやすい小さな車格と大きな積載力は実用性に優れている。プチバンの一番の長所だ

 まずはルーミーの優れた実用性だ。小さなボディは混雑した街中でも運転しやすく、高い天井によって車内は広い。後席を畳めば自転車も積める。

 しかも前述の通り車種が少ない。以前はbB、ラクティス、ベリーサ、キューブなどもあったが、大半は売れ行きを下げて廃止された。

 ポルテ&スペイドも2012年の登場だから設計が古く、2020年9/10月の登録台数は、ポルテが約400台、スペイドは200台前後と少ない。今のプチバンの購入対象は、主にルーミーとソリオに限られる。そこで需要が集中した。

 さらにトヨタの事情もある。2020年5月から、全国のトヨタの販売店で全車種を扱うようになったことだ。

 姉妹車をそろえる必要性が薄れ、2020年9月に実施されたマイナーチェンジでタンクを廃止した。その結果、ルーミーは改良を受けたうえにタンクの需要まで吸収して、2020年10月の売れ行きは前年の1.6倍以上に増えた。

 ちなみに、2019年10月には、ルーミーが6962台、タンクは5420台を登録した。合計すれば1万2382台だ。

 2020年10月はルーミーに統合されて前述の1万1487台だから、以前のルーミー+タンクの台数と比べれば横這いだ。1万台を突破した直接の理由は、タンクの廃止にあった。それでも人気車であることに変わりはない。

 ソリオは2020年11月に新型へフルモデルチェンジされたが、その直前となる10月時点でも、先代型が2551台登録されていた。コロナ禍の影響を受けていない2019年は、月平均で3707台であった。それ以前には4000台を超えた時期もある。ソリオも息の長い人気車だ。

■ミニバン世代に刺さるプチバンの使い勝手

スズキ ソリオ。スズキユーザーの中にはスペーシアのような背の高い軽自動車からソリオに乗り換える人もいる

 以上のように今のプチバン市場は、実質的にルーミーとソリオで成り立つ。ポルテ&スペイドなどの設計が古くなり、車種も減って、ルーミーとソリオに人気が集中した。

 それならどうして、車種が少ないのに、プチバンというカテゴリーはニーズが高いのか。トヨタの開発者に尋ねると、以下のように返答された。

 「今の子育て世代のお客様には、ミニバンで育った人達も多い。高い天井による広くて解放的な室内に慣れていて、後席のドアもスライド式が当たり前だ。そこで2列シートのコンパクトカーでも、馴染みのあるミニバンと同様、背の高い車種を好む」

 ステップワゴンのようなミニバンは、1990年代の中盤から急速に普及した。そのために現時点で30歳以下の世代には、幼い頃からミニバンに親しんで育った人が多い。3列シートまでは必要ない場合、2列シートにスライドドアを組み合わせた車種が選ばれる。

 トヨタの販売店では、観点の異なる話を聞けた。

 「ルーミーは、ノアのようなミニバンを使い終えたお客様からの乗り替えも多い。子育てを終えると3列のシートは必要ないが、天井の高いボディに慣れると、背の低いセダン、ワゴン、コンパクトカーには戻れないからだ」

 「そこで以前ミニバンに乗っていたお客様は、ミニバンのボディを短くしたような背の高いルーミーを好まれる。後席を畳むと自転車なども積めるから、多人数乗車はできなくても、実用性はミニバンに近い」

 スズキの販売店では、ダウンサイジングとは異なるアップサイジングの話を聞けた。

 「今は小さなクルマに乗り替えるお客様が増えたが、その一方で、数は少ないもののアップサイジングするお客様もおられる。スペーシアのような背の高い軽自動車のお客様が、小型車に乗り替える場合は、ソリオを指名される」

 「シートアレンジなどの使い勝手はスペーシアとほぼ同じで、全長と全幅は小さく抑えたから、運転感覚も軽自動車に近い。その一方で動力性能と直進安定性は、軽自動車に比べると大幅に向上する。だから引っ越しや生活環境の変化で高速道路を使う機会が増えたお客様は、ソリオに乗り替える」

 このようにプチバンは、軽自動車のN-BOX、タント、スペーシアなどと同様、国内市場に適したコンパクトカーだ。ミニバンの普及を前提に開発され、日本のユーザーの生活を見据えた商品造りが人気を呼んだ。

■人気のプチバン なぜ他社は発売せず?

ダイハツ トール 。日本国内での利便性を追求するプチバンは、国内市場に本腰を入れる一部メーカーにしか販売できない

 その代わり海外では売りにくく、日本で大量に販売する必要があるため、商品化できるメーカーは限られる。「国内市場に向けた本気度」が問われ、軽自動車を中心に扱うスズキとダイハツ、国内に膨大な販売網を持つトヨタしか実質的に販売できない。

 そのためにプチバンは車種数が限られ、需要も集中して、ルーミーとソリオは売れ行きをさらに伸ばした。また最近はSUVが世界的に人気を高めたので、海外を重視するメーカーは、プチバンよりもコンパクトSUVを優先的に開発する事情もある。

 それでもホンダは、N-BOXを筆頭に、軽自動車のNシリーズをそろえる。軽自動車から小型車にアップサイジングするユーザーも生じるので、フィットの背を高くしたようなプチバンがあっても良い。フリードとフリードプラスではボディが大きく、中間的な背の高い車種が求められている。

 日産では、スライドドアは備えていなかったが、先ごろ終了したキューブがプチバンだった。以前は後継車種も企画していたが、2008年のリーマンショックによる世界的な経済不況で、コンパクトミニバンと併せて凍結された。

 それでも最近の日産は、国内市場に改めて力を入れる姿勢を見せている。ノートのプラットフォームとe-POWERを使ったプチバンは開発される可能性がある。

■今後意外なメーカーから登場する可能性も!?

2016年まで販売されていたマツダ ベリーサ。マツダからプチバンが登場する可能性もゼロとはいえない

 そして意外に期待されるメーカーがマツダだ。従来の魂動デザイン+SKYACTIV技術の時点では、プチバンはあり得なかったが、今後は登場するかも知れない。

 なぜならMX-30を投入したからだ。MX-30が企画された発端は、現行マツダ2(旧デミオ)を発売した直後のユーザー調査にあった。

 コンパクトカーだから女性を獲得したいが、購入する気持ちがあるかを尋ねると、「私にはこんな走りを重視したクルマは運転できない」といった返答が多かった。多くの女性から見て、マツダ2は「クルマ好きの男性に向けた商品」であり、別のコンセプトが必要だと痛感した。

 そこで「今までマツダ車に振り向いてくれなかった、クルマ好きではない人達」に向けた商品コンセプトが立ち上がり、柔和なリラックスできる雰囲気を備えたMX-30の商品化に至っている。

 MX-30に見られる水平基調の外観、コルクを使った穏やかな雰囲気の内装、内外装の明るい色彩にピッタリなカテゴリーは、本当は背の高いコンパクトカーだ。それなのに第1弾のMX-30は、CX-30とサイズの等しい観音開きのSUVとなった。これでは新しいコンセプトと商品シリーズの始まりを訴求できない。

 マツダの新しいコンセプトを訴求する意味でも、2代目デミオに設定されたコージーのように、毎日の生活を穏やかにしてくれるような新しいプチバンが必要だ。

 同様のことは他メーカーにも当てはまる。今の時代に、目を吊り上げて周囲を蹴散らすように走るクルマでは、街中が一層息苦しくなってしまう。求められているのは、ユーザーにも、周囲の人達にも優しいクルマではないだろうか。

【画像ギャラリー】実は日本市場に最適ジャンル!? ミニバンよりさらに小柄で人気の「プチバン」いろいろ!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ