日産新型ローグ&マグナイト全情報 ド派手!! でも見慣れると案外いい…??

日産新型ローグ&マグナイト全情報 ド派手!! でも見慣れると案外いい…??

 2020年10月下旬から新型「ローグ」を北米市場で、また2021年初頭からは新型コンパクトSUV「マグナイト」を、インドを皮切りに発売すると相次いで発表した日産(ローグの発表は10月19日、マグナイトの発表は10月21日)。

 それ自体はさして目新しいものではない。5月に発表された事業構造計画「NISSAN NEXT」発表時点でローグの登場はすでにアナウンスされていたし、マグナイトの登場もその当時から推測されていた。情報も順次流れてきてはいた。

 しかし、まずはなんといっても日本のエクストレイルの海外版がローグ。次期型登場への期待は高まるし、可能性は低いかもしれないが、マグナイトが日本に導入されればライズ・ロッキーのライバルに育つ可能性は十分にありうる。

 ここでは、そんなローグとマグナイトのいまわかることすべてをお伝えしたい。

【画像ギャラリー】「日産新時代の旗手」!!? 歴代モデルから最新型ローグ(エクストレイル)、マグナイトの画像をギャラリーでチェック!!!(33枚)

※本稿は2020年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■新型ローグはアグレッシブなデザインに変身!

 日産が新型「ローグ」を10月下旬から全米のディーラーで販売開始すると発表した。

 先代の2代目ローグは日本の現行型エクストレイルと同型車。というわけで、この新型ローグも日本では次期エクストレイルとなるのだ。

 その新型のエクステリアデザインは、従来モデルの流麗なボディラインから大変身。前後フェンダーにはブラックのフェンダーアーチを採用するなど、力強くタフなイメージがグッとアップした。

 ボディサイズは全長4648×全幅1839×全高1699mm(※インチをミリに換算)。

新型のボディサイズは先代とほぼ同じだが、力強いボディスタイルに変わった
新型のボディサイズは先代とほぼ同じだが、力強いボディスタイルに変わった

 先代モデルと比べると、全長で約38mm、全高で約5.1mm小さく抑えられていているが、全幅は同じなので従来とほぼ同サイズだ。

 外装がオフロードが似合うデザインなのに対して、内装は高級感を追求。

 北米仕様の上級グレードにはキルティング加工が施されたセミアニリンレザーシートを採用するなど、高級車並みの豪華な装備が用意されている。

 さらに、インパネにはフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイと車両情報を統合する12.3インチのデジタルメーターを採用。センターには9インチのタッチスクリーンを装備する。

リアビュー。新開発プラットフォームで走り大幅進化!北米市場では10月下旬の発売。気になる日本デビューは2021年中盤か
リアビュー。新開発プラットフォームで走り大幅進化!北米市場では10月下旬の発売。気になる日本デビューは2021年中盤か

次ページは : ■北米は2.5L一本だが、日本仕様はe-POWER!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ