新型Zは上杉謙信 Be-1は赤穂浪士!!? 「奇襲」に成功したクルマ・メーカー14選

 もう2021年に入って結構な日数が経ったが、約1ヶ月前の12月14日といえば赤穂浪士討ち入りの日。亡き殿、浅野内匠頭の無念を晴らすため、吉良上野介の屋敷を襲撃した赤穂四十七士。見事な「奇襲戦」だ。

 歴代のクルマにも新機軸・新技術・新発想を引っさげ市場へ奇襲戦を仕掛け、強烈なインパクトを残したモデルがある。

 今回はそんなクルマたちを、歴史上の人物になぞらえて語ってみたい。

【画像ギャラリー】ノートe-POWER、CR-V、フェアレディZ プリウス… 大仕事をやってのけたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです。各「奇襲成功度」は100点満点です
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■日本の武将編

 12月14日、赤穂四十七士の墓がある東京の泉岳寺。本来なら義士祭がとり行われる日だが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止に。赤穂浪士を尊敬してやまない編集部ババは、深夜の編集部でたったひとり、大石内蔵助に話しかけていた……。

ババ 大石殿、討ち入りの義挙、感服いたします。願わくばクルマ界でも、同じような壮挙が起こりますように……(独り言)。

──すると突如、馬場の目の前に大石内蔵助が現れたぁ! これは夢かマボロシか?

大石 ベストカー・馬場よ。あれは単なる義挙ではない。練りに練った奇襲戦だったのじゃ。

ババ き、奇襲戦ですか!?

大石 うむ。ほぼ無警戒な敵方を、完全装備の47名で不意打ちし、目的を遂げたのじゃ。そこを見逃さんでくれ。

ババ では、あの義挙をクルマ界に例えると、車種は何でしょう?

大石 うむ。日産Be-1というところか。

ババ ずいぶん控え目ですね。そのココロは?

大石 日産パイクカーシリーズは、誰も思いつかなかった限定的な奇襲。それで世の中が変わったわけではないが、皆の記憶には残り、日産901運動にも弾みがついた。それで、わしらは満足じゃ。

日産 Be-1は赤穂浪士である!(奇襲成功度70)

●初代オデッセイは「源義経公の鵯越の逆落とし」だ!

ババ お話をうかがっていると大石殿、ずいぶんクルマ界に詳しいですね。クルマ好きなんですか?

大石 うむ。まあな。

ババ ではうかがいます。クルマ業界で他に奇襲に成功したクルマというと何でしょう!?

大石 初代オデッセイじゃな。あれこそ奇襲。源義経公の鵯越(ひよどりごえ)の逆落としを思わせる……。

ホンダ 初代オデッセイは源義経である!(奇襲成功度95)

ババ そ、それは?

大石 小勢しか与えられなかった義経公は、仕方なく断崖絶壁を馬で駆け下り奇襲をかけ、大戦勲を挙げた。

オデッセイも、セダン用の生産ラインでミニバンを作らざるを得なかったことで、奇しくも背の低いスポーティなミニバンが誕生し、それが大ヒットしたということよ。

ババ なるほど! 災い転じて福となしたわけですね! ホンダのクリエイティブムーバーシリーズは、すべて奇襲戦でしょうか?

大石 そうとも言える。初代CR-V、あれはジンギス汗じゃ。

ホンダ 初代&現行CR-Vはジンギス汗である!(奇襲成功度99)

ババ えっ、今じゃぜんぜん売れてませんけど!?

大石 お主は何も知らぬのう。現行CR-Vは、日本以外の世界中でバカ売れしておる。つまりモンゴル世界帝国じゃ。ジンギス汗の戦法は、騎馬による超速移動戦。敵にすれば奇襲じゃな。そのジンギス汗は、実は生き延びて大陸に渡った義経公である、との説もあった……。

ババ 勉強になります。

●初代ワゴンRは無欲の勝利。信長公の桶狭間の戦いである!

大石 織田信長公の桶狭間の戦いは、初代ワゴンRじゃ。

ババ 名高い奇襲戦ですね!

スズキ 初代ワゴンRは織田信長である!(奇襲成功度100)

大石 桶狭間は、実は奇襲ではなく正面攻撃であったとの説が有力になりつつあるが、無欲で、手薄な敵の本陣を押しに押し、結果的に大将の首を獲った。ワゴンRとて、手持ちの駒で無欲に広いクルマを作ったのみ。

ババ 無欲の勝利ですね!

大石 初代プリウスは、徳川家康公の三方ヶ原じゃな。負けを覚悟のうえで信玄に戦いを挑んだのは、バッテリー無償交換を覚悟のうえでプリウスを売り出したのに通じる。それが今日のハイブリッド太平の世を築いたのじゃ。

トヨタ 初代プリウスは徳川家康である!(奇襲成功度65)

●上杉謙信公の第四次川中島合戦を思わせる新型Z

ババ それでは、新型フェアレディZ、あれは何でしょ?

大石 上杉謙信公の第四次川中島合戦じゃ。

ババ だ、第四次とは細かいですね!

大石 謙信公は、あえて敵陣側にある妻女山に陣取り、決戦の覚悟を示した。新型Zも同じ。「もう逃げぬ!」という姿勢を見せておる。勝負は時の運なれど、天晴れである。

ババ 大石殿は新型Zを評価されているんですね。よかったです。ホントに。

新型フェアレディZは上杉謙信である!(奇襲成功度50 ※結果は未知数)

■太平洋戦争編

 日本史上に残る奇襲戦とクルマたちの関連性。奥深い清水大石さんの考察に「うおおお!」と感心しっぱなしだが、奇襲戦は武将の世界だけにあらず。太平洋戦争にも、ある!

ババ ところで日本の奇襲戦というと、太平洋戦争での真珠湾攻撃を忘れることはできませんが……。

大石 あれは、まず特殊潜航艇の発進から始まったのを知っておるか。

ババ し、知りません!

大石 5隻の小型潜水艦が真珠湾に潜入し、魚雷を放った。クルマ界に例えれば、世界初の量産EV、三菱iミーブがこれに当たる。ただし5隻はすべて未帰還。iミーブの生産中止の噂もむべなるかな。

i-MiEVは真珠湾/特殊潜航艇攻撃である!(奇襲成功度30)

ババ なるほど! では、大成功した空母からの航空攻撃は、クルマでいうと?

大石 そちらは初代日産リーフであろう。当初は大戦果を挙げたが、その後は国力不足や作戦の誤りにより、尻すぼみの大敗北となった。アリアの投入は時すでに遅しかもしれぬ。ただ、ノートe-POWERの投入は、真珠湾攻撃と同時に行われたマレー作戦における、山下奉文の銀輪部隊を思わせる快挙であった。

初代リーフは真珠湾/航空攻撃である!(奇襲成功度65)

ババ それ、何ですか?

大石 機動力を増すために、歩兵を自転車に乗せたのじゃ。手持ちの技術をうまく使い、大ヒットにつなげたのは、奇襲戦の成功例と言えよう……。

 そこまで語ると、大石内蔵助は煙のように姿を消した。跡には、各社の古いカタログが落ちていたのであった……。

初代ノートe-POWERは山下奉文である!(奇襲成功度85)

■世界の奇襲戦編 三大軍事天才が仕掛けた奇襲戦にもクルマ界が見える

 世界史における「三大軍事天才」は誰か? 諸説あるが、カルタゴのハンニバル、フランスのナポレオン、そしてギリシャのアレキサンダー大王は外せないだろう。

 この3人に共通しているのは、騎兵を縦横無尽に動かし、兵力差を跳ね返して勝利を重ねた点にある。

 3人とも、騎兵による機動戦(奇襲)を得意中の得意とする、軍事的大天才だったのだ! ここではこの3人をクルマ界に例えてみよう。

●ハンニバルのローマ帝国攻め……。それはVWビートル(元祖)の大躍進だ

 アフリカから運んだ象を含む大部隊を引き連れ、スペインからアルプスを越えてローマ帝国本国に侵入。勝利を重ねたハンニバルは、象みたいな形のビートルで世界的大ヒットを飛ばした、VWに通じるものがある!

VWビートル大ヒットはハンニバルのアルプス越えだ!(奇襲成功度90)

●ナポレオンの大勝利……。それは、テスラの大躍進だ

 ナポレオンも、雪のアルプスを越えてイタリアに奇襲的に攻め込み、オーストリア帝国に勝利、フランス皇帝にまで上り詰めた。

 これは、不可能と思える数々の障害を乗り越えてEVを売りまくり、時価総額世界一に上りつめたテスラ社の、イーロン・マスクCEOに通じるものがある。

テスラ イーロン・マスクはナポレオンのアルプス越え!(奇襲成功度99 ※今のところ)

●アレキサンダー大王のインド遠征……。まさに、これはスズキのインド進出!

 アレキサンダー大王はペルシャ、エジプトを征服し、大帝国を建設。ついにはインダス河を越え、得意の機動戦により、インドの“象部隊”をも撃破した。

 そして、スズキの鈴木修会長は、日本の自動車業界の誰も目をつけなかったインド市場にいち早く進出し、インドをスズキ帝国にすることに成功した。

 鈴木修会長こそ、クルマ界のアレキサンダー大王だ!

スズキのインド進出はアレキサンダー大王である!(奇襲成功度100)

*   *   *

 敵方(相手)が「よもや」と痛感する戦が奇襲戦。それを思わせるクルマたちに民衆は感じ入り、そのクルマを買うこともある。まさに奇襲戦、成功の図、といえよう!


【番外コラム】奇襲に失敗してしまった? トホホなクルマたち

 奇襲は必ず成功するわけではない。奇襲に失敗し短い生涯を閉じたクルマは多い。例えばアルシオーネは、テクノ奇襲攻撃に失敗して惨敗。

 スズキX-90は「2シーターオープンのオフロード車」という奇襲で大惨敗。ミラージュディンゴは、奇襲「ドブス攻撃」に失敗。スズキツインは、奇襲「2シーター軽営業車攻撃」が大ハズレ。

 そしてダイハツウェイクは、奇襲「超絶ハイトワゴン攻撃」が意外な失敗に終わっている。

スズキ X-90
三菱 ミラージュディンゴ

【画像ギャラリー】ノートe-POWER、CR-V、フェアレディZ プリウス… 大仕事をやってのけたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ