有利になるとは限らない!! ドラレコ提出と意外に知らない大事な確認事項


 今や最も欲しいカー用品の断トツナンバーワンに君臨するまでになったドライブレコーダー。装着率は日を追うごとに高くなっている。

 ドライブ時に風景や室内の和気あいあいとした様子などを動画として残すエンターテイメント性も人気の要因だが、何を言っても事故時やあおられた時の証拠を記録するアイテムとしての利用価値が高い。

 しかし、このドラレコに記録された映像の取り扱いにはちょっと注意が必要。なにしろ、自分に非がない時には有利になる材料となるが、逆に自分に非がある時は、その映像を誰かに見せるのはためらうもの。

 事故の時などでドライブレコーダーの映像に提出義務はあるのか? そんな疑問に対して、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏、写真/奥隅圭之、池之平昌信、BOSCH、Adobe Stock

【画像ギャラリー】人気商品だから厳選したい 内緒で教える!! ドライブレコーダー選び9個の重要ポイント


ドライブレコーダーの画像の証拠能力が高まっている

ドライブレコーダーの装着率は今や50%を超えて、必需品となっている。その画像、動画による証拠能力は高くなっている(toa555@AdobeStock)

 よく「ドライブレコーダーの画像は誰のものか?」と聞かれる。以下のケースを考えてほしい。

 自分は優先道路を普通に走っている。そこに一時停止標識のある路地から減速すらしない車両が優先道路に飛び出してきた。避けられず衝突します。もちろん過失割合は相手のほうが圧倒的に大きい。もしドラレコの画像がなければ「80対20」くらいになる。

 けれど最近になって優先道路側の車両(自分側)が制限速度+α程度であり、横から飛び出してくる車両(相手側)を回避できないような状況のドラレコの画像があれば「優先道路側(自分側)の過失はなしですね」というケースも出てきた。

 そらそうです。避けようがないですから。じゃなんで今まで80対20だったのか? なんの証拠もなかったからに他ならない。

 もしかしたら十分避けられた状況だったかもしれません。証拠がなければ言い合いの水掛け論。「ラチがあかないので80対20にしておきましょう」、ということになっている。

 けれど、「ブツけてやる的に飛び出してこられたら避けられないですね」といったドラレコの証拠あれば、優先道路を普通に走っている側に過失などあるワケないです。

 したがって「避けられない事故だ」とドラレコの画像で証明できたら、最近は100対0、すなわち相手側の過失が100%認められる事故も増えてきた。

ドラレコの画像の証拠能力が高まったことで、相手側に100%事故原因がある場合などは、100対0になることもある(Panumas@AdobeStock)

画像を提出して不利になるケースはどうする?

 さて。同じような事故パターンであっても、自分のクルマの速度が制限を大きく超えているとしたらどうなるか? 流れに乗っているなら問題ないけれど、30km/hくらいオーバーしてたら厳しい。

 そんな画像を出したって「あんたスピード出しすぎでしょう!」となり、本来なら20%の過失ですむのに、それ以上の責任を問われることになる可能性が出てくる。

 だったらドラレコの画像なんかないほうがいい。

 ここで文頭に戻る。ドラレコの画像が自分のモノなら提出しなければ今までと同じ20%の過失ですむ。公的なモノなら提出の義務があります。

事故をした時にドライブレコーダーの画像の提出義務はない。だから明らかに自分に不利になるような状況は映っていなかったとするのが得策(Adobe Stock@Wilson. P)

 結論から書くと、現時点では100%自分のモノだ。提出したくなければ出さなくてもよい。

 ただ「出したくない」と言うと悪いことをしているように勘ぐられてしまうため逆効果。

 交通事故を扱う弁護士に聞いてみたところ、「映っていなかった」とするのがもっともも無難かつスマートな対応だという。実際、ドラレコのトラブルは多い。

次ページは : ちゃんと映っているのかを早急に要確認のこと

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ