最新ロールスロイス「ゴースト」の咆哮を聞いた!!! お値段3590万円!?

最新ロールスロイス「ゴースト」の咆哮を聞いた!!! お値段3590万円!?

 2020年10月22日、英ロールス・ロイスは高級セダン「ゴースト」を発表した。「初代から受け継いだのは“スピリット・オブ・エクスタシー”と“アンブレラ”のみ」「すべてをゼロから開発した」と高らかに謳ったゴースト。そのデザインの中核に据えられた哲学は「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」だという。

 最新ロールスロイスを自動車評論家 飯田裕子氏が試乗、その進化を確かめた。

【画像ギャラリー】これぞ英国流! 21枚の画像でロールスロイス・ゴーストを見る

※本稿は2020年12月のものです
文/飯田裕子、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■技術進化とミニマリズムを追求した珠玉の一台

“◯◯界のロールス”、なんて世の中の最高級品であることを例えるのにも用いられるほど高級で知られるロールス・ロイス。

 最上級4ドア サルーンのファントムは5600万円~、近年、カリナンというSUVも登場したけれど、そちらは4000万円~。

 まさに“ケタ”違いのモデルをラインナップしている。その価値を電卓ではじき出すのは不可能だが、小さなスイッチひとつとってもモダンな宝飾品のよう。贅と質を至るところで感じることができる。

 今回ご紹介する新型ゴーストは先にご紹介したファントム(全長5770mm×全幅2020mm×全高1645mm)より少し小ぶりの全長5545mm×全幅2000mm×全高1570mmの4ドアサルーン。

最上級のファントムよりコンパクトなサイズで全長は5545mm
最上級のファントムよりコンパクトなサイズで全長は5545mm
ロングホイールベース仕様のエクステンデッドの全長は5715mm
ロングホイールベース仕様のエクステンデッドの全長は5715mm

 価格も3590万円~とロールス・ロイスのなかでは親しみやすい?

 しかしロールス・ロイス史上、最も技術的に進歩したモデルであり、「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」のデザイン哲学とミニマリズムを追求したという。

 この新型が2009年に登場した初代ゴーストから受け継いだのはロールス・ロイスの象徴でもあるボンネット上のマスコット“スピリット・オブ・エクスタシー”とドアに格納される“アンブレラ”だけだとか。

上質なレザー、ウッド、メタルをふんだんに使用し、加飾に頼らずに素材自体のよさで作り込まれ、デザインされたインテリア
上質なレザー、ウッド、メタルをふんだんに使用し、加飾に頼らずに素材自体のよさで作り込まれ、デザインされたインテリア
広い後席にはシャンパンを冷やすクーラーなど装着可
広い後席にはシャンパンを冷やすクーラーなど装着可

 スペースフレーム(骨格)もドアも金属製の上部構造は100%アルミ製。また「マジック・カーペット・ライド」と評される乗り心地もさらに進化。

“プラナー・サスペンション・システム”なる世界初採用のマスダンパーがウィッシュボーン上部に採用され、ショックアブソーバーで吸収しきれない振動を吸収。

 これは上下だけでなく水平方向にも作用。路面をスキャンして事前に最適化できるという。

 6.7L V12ツインターボエンジン(571ps)には8ATが組み合わされ、このトランスミッションとともに「サテライト・エディッド・トランスミッション」という同社が独自開発したGPSと地図データ、前後のレーダーやフロントカメラを駆使し路面や道路状況を読み制御。

 カメラやレーダーなどは先進の運転支援システムの制御にも活用されている。そんな新型ゴーストの駆動方式は4WD、これに四輪操舵システム(4WS)も搭載される。

エンジンは6.75L V12ツインターボを搭載。563ps/86.7kgmのパワーを発揮する
エンジンは6.75L V12ツインターボを搭載。563ps/86.7kgmのパワーを発揮する

次ページは : ■ロールスでしか味わえない格別なドライブフィール

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します