最新ロールスロイス「ゴースト」の咆哮を聞いた!!! お値段3590万円!?

 2020年10月22日、英ロールス・ロイスは高級セダン「ゴースト」を発表した。「初代から受け継いだのは“スピリット・オブ・エクスタシー”と“アンブレラ”のみ」「すべてをゼロから開発した」と高らかに謳ったゴースト。そのデザインの中核に据えられた哲学は「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」だという。

 最新ロールスロイスを自動車評論家 飯田裕子氏が試乗、その進化を確かめた。

【画像ギャラリー】これぞ英国流! 21枚の画像でロールスロイス・ゴーストを見る

※本稿は2020年12月のものです
文/飯田裕子、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■技術進化とミニマリズムを追求した珠玉の一台

“◯◯界のロールス”、なんて世の中の最高級品であることを例えるのにも用いられるほど高級で知られるロールス・ロイス。

 最上級4ドア サルーンのファントムは5600万円~、近年、カリナンというSUVも登場したけれど、そちらは4000万円~。

 まさに“ケタ”違いのモデルをラインナップしている。その価値を電卓ではじき出すのは不可能だが、小さなスイッチひとつとってもモダンな宝飾品のよう。贅と質を至るところで感じることができる。

 今回ご紹介する新型ゴーストは先にご紹介したファントム(全長5770mm×全幅2020mm×全高1645mm)より少し小ぶりの全長5545mm×全幅2000mm×全高1570mmの4ドアサルーン。

最上級のファントムよりコンパクトなサイズで全長は5545mm
ロングホイールベース仕様のエクステンデッドの全長は5715mm

 価格も3590万円~とロールス・ロイスのなかでは親しみやすい?

 しかしロールス・ロイス史上、最も技術的に進歩したモデルであり、「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」のデザイン哲学とミニマリズムを追求したという。

 この新型が2009年に登場した初代ゴーストから受け継いだのはロールス・ロイスの象徴でもあるボンネット上のマスコット“スピリット・オブ・エクスタシー”とドアに格納される“アンブレラ”だけだとか。

上質なレザー、ウッド、メタルをふんだんに使用し、加飾に頼らずに素材自体のよさで作り込まれ、デザインされたインテリア
広い後席にはシャンパンを冷やすクーラーなど装着可

 スペースフレーム(骨格)もドアも金属製の上部構造は100%アルミ製。また「マジック・カーペット・ライド」と評される乗り心地もさらに進化。

“プラナー・サスペンション・システム”なる世界初採用のマスダンパーがウィッシュボーン上部に採用され、ショックアブソーバーで吸収しきれない振動を吸収。

 これは上下だけでなく水平方向にも作用。路面をスキャンして事前に最適化できるという。

 6.7L V12ツインターボエンジン(571ps)には8ATが組み合わされ、このトランスミッションとともに「サテライト・エディッド・トランスミッション」という同社が独自開発したGPSと地図データ、前後のレーダーやフロントカメラを駆使し路面や道路状況を読み制御。

 カメラやレーダーなどは先進の運転支援システムの制御にも活用されている。そんな新型ゴーストの駆動方式は4WD、これに四輪操舵システム(4WS)も搭載される。

エンジンは6.75L V12ツインターボを搭載。563ps/86.7kgmのパワーを発揮する

■ロールスでしか味わえない格別なドライブフィール

 奥日光近辺で行われた試乗では前述した技術たちはみんな黒子と化していた。

 ドライブという点では思わず無言で「ホケーっ」としてしまうほどの静かさと、上下にフワン、フワンとするもフラットライドという不思議なしかし至極乗り心地のいい感覚が生む空間がなんとも心地よい。

試乗の様子から

 ドライビングという点で言えばいろは坂も姿勢をほぼ変えずにスイスイ、スラァ~。

 エンジンはアクセルの踏み込み量にかかわらずマナーよく、しかし確かなトルクを発揮し、例のトランスミッションや4WSによって無駄な操作も動作も極めてそぎ落とされた洗練ぶりをこの手足で体感することができた。

 滑らかかつ正確なブレーキフィールもやはりロールス・ロイスらしいといえるだろう。

 ゴーストは両開き式のドアを採用しており、傘はこのドアにスルッと内蔵されている。ドアの開閉はボタンひとつ(電動)。

 シンプルな内装は一見すればほかのクルマと装備に変わりはない。

 しかし銀色に光るすべてのパーツのヌメッとした滑らかな指触りやカタチ、ウッドがつくる曲線のラインやレザーシートの風合い、そしてそれらが精緻に作り込まれた上質感はまさにロールス・ロイス。

天井に無数の星空を輝かせるライティングシステム「スターライトヘッドライナー」も用意
リアドアは伝統の後ろヒンジ式ドアを継承。新型は開く際もパワーアシストが作動する

 プレゼンテーションで「ゴーストはドライバーズカーになりうる」と伺い、確かにドライブフィールもほかでは味わえない格別なものだった。

 けれど、リアシートの居心地はメルセデスSクラス(ロング)とも違う。

 圧倒的な静かさと乗り心地を持つ空間で流れる景色を眺めるのはもっと特別な時間になりそうだ。

●ロールス・ロイス ゴースト
・全長×全幅×全高:5545×2000×1570mm
・ホイールベース:3295mm
・車両重量:2540kg(5人乗り)
・エンジン:V12DOHCツインターボ
・排気量:6748cc
・最高出力:571ps/5000rpm
・最大トルク:86.7jgm/1600-4250rpm
・トランスミッション:8速AT
・サスペンション 前/後:Wウィッシュボーン/マルチリンク
・WLTCモード燃費:─km/L

●価格
ゴースト:3590万円
ゴースト・エクステンデッド: 4200万円


■「ほかのロールス・ロイスのラインナップは?

 ゴースト以外のロールス・ロイスのラインナップは、最上級のファントム、SUVのカリナン、クーペのレイス、オープンのドーンの4モデル。

ファントム
カリナン
レイス
ドーン

【画像ギャラリー】これぞ英国流! 21枚の画像でロールスロイス・ゴーストを見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ