ファイヤードラゴン復刻決定! 80年代ラジコン世代におススメだ!!

ファイヤードラゴン復刻決定!80年代ラジコン世代におススメ

 クルマを好きになるきっかけはいろいろとあるはずだが、少年時代に読んだマンガや遊んだラジコンなどもそんなアイテムのひとつといえるだろう。今回は懐かしいラジコンキットをご紹介したい。

 タミヤは、80年代に登場したオフロード向け4WDバギー「ファイヤードラゴン」の再販を決定した。現在のところ発売時期、価格は未定だ。

 ファイヤードラゴンは、1989年にモデル化されていた4WDバギーであり、1980年代のマンガ『ラジコンボーイ』(大林かおる著/全17巻)の主人公、車剛(くるまごう)が操ったマシンのひとつだ。

 その人気の高さから、ファイヤードラゴン(2008)として、2008年3月に復刻版が販売されていたが、それも絶版となっていた。

 今回は、ふたたび再販されることとなった「ファイヤードラゴン(2020)」を紹介しながら、その他のドラゴンシリーズについてもご紹介していこう。

文/吉川賢一、写真/タミヤ

【画像ギャラリー】復刻版ファイヤ―ドラゴンを写真でチェック!!


■80年代のRCカーファンが夢中になったマンガ「ラジコンボーイ」

写真は現在も販売しているワイルドウイリー2。1982年当時のワイルドウイリスとボディはほぼ同じだが、シャーシやタイヤ、ホイールなど、現代の部品で構成されている

 ファイヤードラゴンの詳細をみていくまえに、『ラジコンボーイ』(大林かおる著)について少しご紹介しよう。

 『ラジコンボーイ』は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で1983年ごろから連載されていたマンガだ。主人公「車剛」が、同じくRCカーを操るライバルとのレースを重ねるなかでマシンを徐々にステップアップさせ、自らも成長していく様子が描かれている。

 ちなみに主人公が、物語の中で最初に操っていたマシンはタミヤの「ワイルドウイリス」だ。マンガが始まる前年(1982年)に登場したビッグタイヤのRCカーで(今思えばタミヤとコロコロコミックのタイアップ戦略だった)、序盤はこのクルマをベースに、ストーリーが進んでいく。

 JEEPタイプのボディにコミカルなキャラクターが乗り、大きなタイヤで土煙をまき散らいて走る姿は、実に面白い。

 なお、ワイルドウイリスはすでに絶版だが、その後継モデルが「ワイルドウイリー2」として販売継続されている。

 1982年に登場したワイルドウイリスと、ボディデザインはほぼ同じだが(縦スリットだったグリルが横スリットに変更)、シャーシやタイヤ、ホイールなどは、現代のパーツを用いているため、1982年当時と比べて、耐久性は飛躍的に改善している。

 物語が進むと、主人公のマシンは、ワイルドワン、ホットショット4WDと次々に変わり、ついには1つ目のドラゴンシリーズ「スーパードラゴン」が登場する。マンガの中でボディ原型となったのは、木彫りの龍の頭部だった。

 マンガの中とはいえ、こうしたストーリーには当時驚かされたファンは、どうにかこのマシンを手に入れたいと願ったものだった(当時、スーパードラゴンはキットでの販売はされず、1989年にスペアボディとして販売され、幻のアイテムと呼ばれた)。

 ちなみに、マンガ終了から30年以上が経った2020年11月、「スーパーストームドラゴン」として奇跡的にキット発売となった。人気殺到のゆえ、今では手に入れることが困難な状況だ。

2020年11月に奇跡的な販売となったスーパーストームドラゴン。龍の頭部を模擬したデザインの流線形ボディは、いま見ると野暮ったい雰囲気だが、ファンはむしろ「これが良い」のだ

 そして2代目のドラゴンとなったのが、「ファイヤードラゴン」だ。「魂(こころ)吼え 魂燃え 魂翔けるとき 火龍走る」というキャッチコピーは、当時、ラジコンボーイ達の心を鷲掴みにし、1989年に発売されたオリジナルのRCカーモデルは、販売されるやいなや大人気となった。

スーパードラゴンに続く、2代目のドラゴンがファイヤードラゴン(写真は再販版の2020モデル)

 シャーシはモーターをミドシップマウントしたシャフト駆動のフルタイム4WD。バスタブタイプのフレームを採用しており、整備性がよく、手入れがしやすい。サスペンションは接地性に優れた4輪ダブルウィッシュボーンと、4本のCVAオイルダンパーに加え、フロントスタビライザーも装着している。

 また、前後の密閉式ギヤケースにはユニット式デフギヤを内蔵。高い耐久性に加え、スムーズな動きを実現するなど、ポテンシャルが高い構成となっている。

4輪ダブルウィッシュボーンと、4本のCVAオイルダンパー、バスタブシャーシによる優れた整備性など、走りの素性も良い(写真は同じシャーシを使っているスコーチャーのためリアスタビもついている)

 ちなみに2008年3月の1度目の再販の際は、「買い逃したら手に入れられない」RCカーとして、なかには複数台を購入するコレクターも登場している。おそらく今回も、早々にショップから消えてなくなるだろう。

■残るドラゴンシリーズ「サンダー」と「セイント」はいつ来る?

サンダードラゴン(1988年発売)。前年に発売されたサンダーショットと同じシャーシに搭載されていた。フロントはダンパーを寝かせたモノタイプとして、ボディデザインのノーズ低さを強調した

 その後、マンガの中盤を過ぎるとドラゴンシリーズ3作目「サンダードラゴン」が、そして終盤にはシリーズ4作目「セイントドラゴン」が登場する。

 なお、セイントドラゴンは「ラジコンボーイ」の中では白地に青のラインであったが、同作者の続編マンガ「ラジコンリッキー」にて、白地に赤いラインの入ったデザインで、2WDのセイントドラゴンとしても再登場している。

同じ作者の後継作品「ラジコンリッキー」に登場したのが、白に赤いラインのセイントドラゴン。マッドキャップのシャーシを使った2WDのモデルとして発売された

 ファンとしては、サンダードラゴン、セイントドラゴンは再販されるのか、は非常に気になるところだが、「スーパードラゴン(2020年11月)」、「ファイヤードラゴン(2021年予定)」に続いて、商品を立て続けに出すことは、ユーザーの「飽き」や「資金不足」につながるかも知れない。

 さらには、ノスタルジック商品に頼った戦略は、旧来ファンの呼び戻しにはなるかも知れないが、新規顧客の目を惹くような(例えば復刻版を手に入れたお父さんと一緒に遊ぶ、現代の子供向けの商品など)、新製品を売らなければ将来にはつながらない。

 それらを考慮すると、例えば、1年くらい間を空けて、新規商品と絡ませながら1台ずつ復刻させる程度が良いのでは、と筆者は考える。2021年末にサンダードラゴン、2022年末にセイントドラゴン、これならどうだろうか。

 いずれにしろ、40代50代の大人が童心に戻れる「懐かし」のRCカーが手に入るようになったことは、非常に嬉しいことだ。

タミヤのサイトでは、新作に混ざって登場した復刻マシンが多々ある。懐かしの一台が見つかるかもしれないので、ぜひチェックをしていただきたい

タミヤ公式サイト(リンク先)

【画像ギャラリー】復刻版ファイヤ―ドラゴンを写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ