マツダ3の早期大幅変更の是非 改良は歓迎もいつ買えばいいかわからない!!


 2020年11月19日にマツダ3が改良を受けた。マツダは日本メーカーの中では、年次改良を施して、クルマを進化させることに執心している。

 年次改良と言えば安全装備の最新バージョンへのアップデート、燃費の向上などが常套手段だが、マツダ3はクリーンディーゼルとデリバリー開始後1年も経過していないスカイアクティブXのパワーアップとかなり大掛かりな変更だ。

 改良されるのはユーザーにとってありがたいことなのだが、既存のユーザーにとっては心穏やかでない面もあるハズだ。

 マツダ3の早期変更に対する是非について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/MAZDA、奥隅圭之、平野陽、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】魂動デザインが結実!! 世界で最も美しいクルマの1台と誉れ高きマツダ3の内外装を画像でチェック!!


納車開始から1年足らずでスカイアクティブXがスペックアップ

2020年11月19日に一部改良されたマツダ3。スカイアクティブXエンジンのソフトウェア改善がメインであり、内外装のデザインに変更はない

 「早くもパワーアップを伴う大幅改良!?」と驚かされたのがマツダ3だ。

 現行マツダ3の発売は2019年5月だが、この時に用意されたのは、1.5Lガソリンエンジンと1.8Lクリーンディーゼルターボのみであった。

 2Lガソリンは発売時期が遅く、SPCCI(火花点火制御圧縮着火方式)を採用するスカイアクティブXは、納車を伴う発売が2019年12月5日まで遅延した。

 発売時期が年末だったので、スカイアクティブXの納車が本格化したのは2020年に入ってからだ。

 それなのにマツダ3は、2020年11月19日に改良を実施して、さまざまなエンジンやメカニズムを進化させた。

SPCCI(火花点火制御圧縮着火方式)の制御を最適化し、最高出力を従来型の180ps/22.8kgmから190ps/24.4kgmにアップさせた

 特に注目されるのはスカイアクティブXだろう。SPCCIの制御を最適化して、幅広い回転域でトルクと出力を向上させた。最高出力は従来の180馬力から190馬力に、最大トルクは22.8kgmから24.4kgmに高められている。

 サスペンションにも変更を加えて、前輪側はスプリング、ショックアブソーバー、バンプストッパー(足回りが縮んだ時に作用する緩衝装置)を改善した。

 後輪側もショックアブソーバーの特性を変えて、走行安定性と乗り心地のバランスを向上させている。

マツダのやり方にユーザーが慣れてきた!?

マツダは、ECUの変更によって、従来モデルを購入したユーザーにも無償アップデートを提供すると表明

 スカイアクティブXの納車が本格化したのは、前述のとおり2020年に入ってからなので、同じ年の11月にエンジンからサスペンションまで幅広く改良されると、すでに購入したユーザーの心境は複雑だろう。

 「変更のタイミングが早すぎる」と感じることもあるのではないか。

 マツダではSPCCI関連のソフトウェア変更について、すでに使われている車両のアップデートも検討しているようだが、サスペンションは無理だ。スカイアクティブXは、どの車両についても、走り関しては購入から1年以内に「旧型」になった。

 スカイアクティブXは、発売から約1年で性能を高めたが、顧客の反応はどうか。また既に使われている車両のアップデートなど、いつ頃から開始するのか。

 「スカイアクティブXは、ほとんど売れていないので、早々と改良しても不満の声はあまり聞かれません。ディーゼルやガソリンのお客様は、改良時期が早いね、といわれます。それでも今のマツダは頻繁に手を加えるので、このやり方に慣れてきたお客様も多いです。仕方ないね、という感じです」

次ページは : ユーザーのニーズとマツダの販売戦略の乖離

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ