マツダ3 改良予定車を事前試乗!! 夢のエンジンは進化の途中!??


 世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン、「SKYACTIV-X」を搭載した新鋭 マツダ3が登場したのは2019年12月のことだった。

 現時点でデビューからまだ1年も経っていないわけだが、早くもこの新世代エンジンがアップデートを果たす。その名も「SKYACTIV-X SPIRIT1.1」。

 その改良型は2021年初めの発売予定だが、いち早く進化版SKYACTIV-X搭載のマツダ3に試乗することができた。進化したSKYACTIV-Xをレポートする。「現行型ユーザーへの無償アップデートも検討中」とは!!?

【画像ギャラリー】まもなく登場! 「SPIRIT1.1」山口県・マツダ美祢試験場での事前試乗の様子を写真で見る

※本稿は2020年11月のものです。試乗日:10月24日
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■2021年初頭発売予定! 登場が楽しみなデキ

 ぼくはこれまでSKYACTIV-Xにあまり高い評価を与えてこなかった。

 ガソリン圧縮着火という内燃機関技術者の“夢”を実現したココロザシの高さには敬意を表するけれど、商品性と価格のバランスに関してはまだまだ発展途上。

 SKYACTIV-Xは性能と燃費を高水準で両立させるのが目標だが、その理想を達成できているとは言い難かったからだ。

今回予定されている改良は、エンジン制御の改善がメイン。基本的な内外装デザインの変更はない

 標準エンジンとの価格差を正当化する“華”が欲しい。販売の現場でもそういう声が上がっていたと思う。

 SKYACTIV-Xの進化版に試乗してみて、そんなぼくのフラストレーションはかなりの部分解消された。

 最も印象的なのは、実用全域でアクセルレスポンスが向上していること。しかも、単純なトルクアップではなく、ドライバーの要求に応える“精度”の高さに特筆すべきポイントがある。

 こんなことを言うと「電動化時代に内燃機関のレスポンスにこだわるのはどうよ」という反論の声が上がりそうだが、モーターの即物的な反応とは明らかに異なる内燃機関特有の息づかいと艶っぽさがこのエンジンにはある。

外観の変更はほとんどないが、フロントフェンダーにバッジがつけられ、リアのバッジもデザインが変更された
左が旧型、右が新しくなったバッジ

 今回の試乗はマツダ美祢試験場で行われたのだが、全開領域を使うシチュエーションより、一般道をシミュレートしたセクションのほうがはるかに好印象だった。

 停止からの発進、減速してまた加速する料金所モード、アクセルで姿勢をコントロールするスラローム。

 こういったトランジェント状態のつながりが抜群にスムーズで、ついつい無意味にアクセルのオン/オフを試したくなる。

 原理的には内燃機関のレスポンスはどうやっても電気モーターにはかなわないのだが、良質な内燃機関にはそれとは別な魅力が存在するのも厳然たる事実。

エンジン改良によりパワーは10㎰アップ、トルクは16Nmアップ

 ぼくは実用車エンジンのベストは現在メルセデスの直6だと思っているが、SKYACTIV-Xの改良型が目指した方向性はとてもよく似ていると感じた。

●改良前エンジン→改良後エンジン
・最高出力:180ps/6000rpm→190ps/6000rpm
・最大トルク:224Nm/3000rpm→240Nm/4500rpm

■現在のオーナー車の無償アップデートも検討中

 さて、新旧乗り比べて「エンジンがやっと目を覚ました」と表現したくなるくらいの進化を体感すると、気の毒なのは現行型ユーザー。

 これまでの常識では、初期型ユーザーの宿命と指をくわえて諦めるしかなかった。

今回は山口県にあるマツダ美祢試験場を使って試乗会を実施

 ところが、今回の取材でいちばん驚いたのは、マツダがはっきり「購入済みのユーザーには無償アップデートを検討中」と表明したことだ。

 実は、今回のエンジン改良はすべて制御ソフトの変更だけで実現されていて、エンジンのハードウェアにはまったく手がつけられていない。

 スーパーチャージャー(従来は「高応答エアサプライ」と呼んでいた)やM-ハイブリッドの制御アルゴリズムを変更し、それにともなう燃焼制御を最適化した結果が、出力で10ps、トルクで16Nmのアップ。

進化版SKYACTIV-Xを搭載した改良型マツダ3と改良前のマツダ3とを乗り比べる形で試乗が行われ、確実な進化を実感。アクセルレスポンスがより一層向上した

 これを、ECUの書き換えで既納ユーザーにも提供しようというわけだ。

 国交省への届出スペックが変更されている以上、認証というハードルは存在するが、もし実現できたらこれは史上空前の快挙といっていい。

 まぁ、テスラがエンジン制御よりずっとシビアなADAS系ソフトをリモートで勝手に書き換えている時代だから、エンジンECU書き換えなど技術的には朝飯前なのだが、役所の壁に挑むマツダのチャレンジ精神は大いに讃えられるべきだと思う。

「SPIRIT1.1」と名付けられた進化版SKYACTIV-X。この先のさらなるバージョンアップがますます楽しみになりましたね。

確実によくなった!

【画像ギャラリー】まもなく登場! 「SPIRIT1.1」山口県・マツダ美祢試験場での事前試乗の様子を写真で見

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ