ボルボXC90PHEV試乗 世界一過酷な日本の雪道に北欧生まれの最強ボルボが挑む!!

ボルボXC90PHEV試乗 世界一過酷な日本の雪道に北欧生まれの最強ボルボが挑む!!

 2017-2018年、翌2018-2019年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを連続で受賞するなど、日本でも確固たる評価を築いてきたボルボのラインナップ。昨年(2020年)は全車を一気に電動化させたことが大きなトピックとなった。

 北欧・スウェーデン生まれのボルボ。当然厳冬のシビアコンディションには強い。漠然とそんなイメージを抱いてはいたが、実際に冬の積雪路を長距離走ったことって意外となかった。

 今回はそんなボルボの雪上での実力を確かめるべく、SUVモデルのXC90 PHEVを駆り北は青森の雪道を走り抜けた!

【画像ギャラリー】XC90試乗の様子と合わせボルボのPHEVラインナップをギャラリーでチェック!

※本稿は2020年12月のものです
文・写真/ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■後輪をモーター駆動するプラグインハイブリッド

 電動化を強力に推進しているボルボでは、48Vマイルドハイブリッドモデルが一気に出そろったが、さらにモーターの走りを強化したプラグインハイブリッドモデルを各モデルにラインナップする。

 XC40のT5はFFで、新開発の、DCTと組み合わせたモーターで駆動するシステムだが、今回試乗したXC90をはじめ、XC60やV90などのPHEVは、フロントタイヤをエンジンで駆動し、リアタイヤを65‌kW(87‌ps)/240Nm(24.5kgm)のモーターで駆動するシステム。

ボルボ XC90 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD…直4、2Lターボ+スーパーチャージャー(318ps/40.8kgm)に34kW/160Nmのモーターで前輪を駆動。後輪は65kW/240Nmのモーターで駆動するPHEVだ
ボルボ XC90 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD…直4、2Lターボ+スーパーチャージャー(318ps/40.8kgm)に34kW/160Nmのモーターで前輪を駆動。後輪は65kW/240Nmのモーターで駆動するPHEVだ

 EVモードを選択すればリアモーターだけで40km程度走れるし、ハイブリッドモードを選べば、走行条件によって、エンジンとモーターをバランスよく使って、エネルギー効率のいい走りをする。

 駆動用バッテリーが一定まで減ると後輪モーターのみでのEV走行はできなくなるが、ハイブリッドモードでリアモーターを駆動した4WD走行は可能。

 チャージモードを選べば、エンジンで発電し、駆動用バッテリーを充電しながら走行できるので、リアモーターが駆動しなくなるということはなく、雪道のロングドライブでも安心してハイパワーでパンチの効いた4WDドライブが楽しめる。

全長4950mm、全幅1960mmのXC90。PHEVのT8は車重2370kgという重量級だが、雪上でも軽快に楽しく走ることができる。PHEVで、モーターだけで走るEVモードでの航続距離は40.6km、WLTCモード燃費は12.8km/L
全長4950mm、全幅1960mmのXC90。PHEVのT8は車重2370kgという重量級だが、雪上でも軽快に楽しく走ることができる。PHEVで、モーターだけで走るEVモードでの航続距離は40.6km、WLTCモード燃費は12.8km/L

次ページは : ■ドライバーに“運転させる”積極的4WD!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ