ついにジムニーも電動化!? 2シーターモデル登場&マイルドHVがスタンバイ!!


 2018年の発売以来、人気が沸騰している、スズキの小型オフローダー、ジムニー/ジムニーシエラ。

 しかし、いまや日本のみならず、ジムニーシエラを「SUZUKI JIMNY」の名で販売している欧州でも人気が沸騰しており、コンパクトなボディサイズと特有のキャラクターで、高く評価されている。

 しかしながら、ハイブリッド仕様などを持たなかったジムニーは、2021年に強化されたCAFÉ規制の影響を受け、(欧州では)生産終了に追い込まれ、現在は在庫販売のみとなっている。

 「欧州でのジムニーは、ここで終わってしまうのか…」と思いきや、スズキは、欧州にジムニーを残すため、2020年9月、欧州ジムニーを「2人乗りの小型商用車」としたのだ。

 ハイブリッドや電動モデルのないジムニーの場合、多く売れるほど、CAFÉ規制によるCO2排出量の企業平均値を押し上げてしまう。2021年以降の規制値は、乗用車が95g/km、であるのに対し、商用車では147g/kmまで認められている。

 欧州ジムニーのCO2排出量は138g/km(NEDC:欧州新燃費測定方法)。商用車基準であれば、何とかクリアするレベルだ。しかし、これは、あくまで暫定措置。

 実は今回、欧州ジムニーが48Vマイルドハイブリッド化し、ふたたび販売されることが示唆されたのだ。

 本稿ではこの欧州向けに商用車となった新モデルをご紹介するとともに、欧州ジムニーの電動化について、そして日本のジムニーシエラも電動化されるのか、考察していく。

文/吉川賢一 写真/SUZUKI

【画像ギャラリー】日本未導入!? 欧州で発売中の商用ジムニーとRAV4 PHEV OEM車 アクロスを見る


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ