トヨタが新電動化戦略を加速!! 「2種のEVと1種のPHV」の中身を追う!!!


 2021年2月10日、トヨタは2025年までに米国で販売する新車の40%を電動化する計画を発表した。この中で出てきたのが、「今年中に北米で2種のEVと1種のPHVを発売」というもの(予定)。

「2種のEVと1種のPHV」とは何か? まったくの新型車なのか、それとも??? その中身、ベストカーのスクープ班がつかんだ情報をお届けしたい。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】シエナ IZOA そして先日発表されたレクサス「LF-Z Electrified」をギャラリーでチェック!!!


■C-HR&カローラorプリウスのEV版!? 「2種のEV」とは!!?

 トヨタは「今年中に北米で2種のEVと1種のPHVを発売」と先日公表した。

 今年2月の日経新聞でも報じられていたが、EV普及拡大を掲げるバイデン米政権に合わせ、北米でEVの品揃えを強化するのが狙いだ。

 関係者の情報では、C-HRとすでに発売されたレクサスUX300e(EV)は同じ「GA-Cプラットフォーム」で、C-HRのEV版も近いうちに日本で売るという。

中国で発表されたIZOA(EV)。同時にC-HRのEVも中国で発表ずみ。トヨタは2020年代前半には世界で10車種以上のEVを展開予定という

 それを踏まえると、すでに中国で発表されたC-HRのEV(IZOA)の顔違いを北米で売り、同時に日本でも売る! という公算が高そうだ。

 もう1台はプリウスやカローラクラスのセダンではないかと見ている。前述のプラットフォームは汎用性が高く、カローラクラスのEVはトヨタならすぐにできるはずだから。

写真は北米の現行カローラ。このクラスのEVか

■「1種のPHV」は新型シエナか、新型NXへの追加設定か??

 そしてPHV。プリウスで実績あるシステムとはいえ、北米向けならEVでの走行距離がもっと必要。電池を大きくすることを加味するとミニバン系ではないかと予測。

 昨年11月、新型シエナが登場し、それには2.5Lハイブリッドがあり、その発展版としてPHVモデルの投入という可能性は高いはず。

北米で売られる新型シエナ。巨大な電池搭載となると、PHVはこのようなミニバンになるはず

 もしくは、今年(2021年)秋に登場予定の新型レクサスNXにPHVが追加設定されるという線も有力。パワートレーンは現行RAV4 PHVと同じものとなるだろう。

 ……まずはC-HRのEV版の日本発売を待ちたい!

【画像ギャラリー】シエナやIZOAに加えて、先日発表されたレクサス「LF-Z Electrified」をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ