マツダ「クロノスの悲劇」とは? いまも古参のクルマ好きに語られるマツダの過去

マツダ「クロノスの悲劇」とは? いまも古参のクルマ好きに語られるマツダの過去

 徹底したデザイン哲学と堅実な作りで国産メーカーの一角として確固たる地位を築き上げているマツダ。

 …と、いま現在のイメージならこの説明で事足りるのだが、ここまで至る道中には迷走を極めた時期もあった。その代表格とも言えるのが、今は遠きバブル期に展開された「5チャンネル体制」であり、そのなかで産み落とされた「クロノスの悲劇」なのだ。

 自動車評論家 清水草一氏が「マツダの闇」を紐解く。

※本稿は2021年3月のものです
文/清水 草一 写真/MAZDA
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】今なお語り継がれる「マツダの闇」クロノスの悲劇をギャラリーでチェック!


■マツダの闇を知ってるかい?

 バブル期の1991年、マツダが発足させた野心的な5チャンネル体制により、多くの忘れ去られそうなクルマたちが誕生した。

 なかでもクロノス6兄弟は、現在でもその詳細が不明なほど混乱しているので、この機会に整理しておこうじゃないか!

 クロノス6兄弟は、カペラの後継たるクロノスを起点に、ユーノス500オートザムクレフフォードテルスターの4モデルがセダン。

マツダ クロノス(1991年)…マツダ店で扱われていたカペラの後継モデルにつき、6兄弟の長兄とされる。全幅1770mm
マツダ クロノス(1991年)…マツダ店で扱われていたカペラの後継モデルにつき、6兄弟の長兄とされる。全幅1770mm
ユーノス 500(1992年)…6兄弟中唯一の5ナンバーサイズだが、価格帯は逆に高かった。デザインは一部で絶賛された
ユーノス 500(1992年)…6兄弟中唯一の5ナンバーサイズだが、価格帯は逆に高かった。デザインは一部で絶賛された
オートザム クレフ(1992年)…クロノス6兄弟(8兄弟説アリ)の5番目(実は特に順番はない)。6兄弟のなかではスポーティセダンの性格が与えられ、フロントの鼻の穴のようなスモールランプが印象的
オートザム クレフ(1992年)…クロノス6兄弟(8兄弟説アリ)の5番目(実は特に順番はない)。6兄弟のなかではスポーティセダンの性格が与えられ、フロントの鼻の穴のようなスモールランプが印象的

 アンフィニMS-6と、フォードテルスターTX5の2モデルが5ドアハッチバック、MX-6が2ドアクーペでありました。

アンフィニ MS-6(1991年)…アンフィニ店で販売された、クロノスの5ドアハッチバックモデル。ややスポーティ
アンフィニ MS-6(1991年)…アンフィニ店で販売された、クロノスの5ドアハッチバックモデル。ややスポーティ
フォード テルスターTX5(3代目)1991年…フォード店扱いで、テルスターはクロノス、テルスターTX5はMS-6のバッジ違いだった
フォード テルスターTX5(3代目)1991年…フォード店扱いで、テルスターはクロノス、テルスターTX5はMS-6のバッジ違いだった
マツダ MX-6(2代目)1992年…マツダ店で扱われていたクロノスの2ドアクーペ。流麗なフォルムはどこかイタリアンだった
マツダ MX-6(2代目)1992年…マツダ店で扱われていたクロノスの2ドアクーペ。流麗なフォルムはどこかイタリアンだった

 まさにタニシ並みの大繁殖。しかもこの時点ですでに7兄弟!

 さらに、ペルソナの後継モデル、4ドアハードトップのアンフィニMS-8も入れると、8兄弟になってしまう。

 量産車として世界に誇るべき世界珍記録……。

『おそ松クン』の六つ子にちなんでか、「クロノス6兄弟」と呼ばれてきたような気がするのだが、実は兄弟の数も確定していなかったとは! ガーン!

 いまだマツダの闇は晴れていない。

 これ、クロノス8兄弟でいいんでしょうか?

 マツダ本社に聞きたいけど、マツダ本社が一番忘れたい気もするし、誰か教えてけろ。

●クロノスの兄弟車・派生モデルたち
・MX-6|マツダ店向けの2ドアクーペ
・アンフィニMS-6|アンフィニ店向けの5ドアハッチバック
・アンフィニMS-8|アンフィニ店向けの4ドアハードトップ
・ユーノス500|ユーノス店向けの4ドアセダン
・オートザム クレフ|オートザム店向けの4ドアセダン
・フォード テルスター|オートラマ店向けのクロノス
・フォード テルスターTX5|オートラマ店向けのMS-6
・フォード プローブ|オートラマ店向けの2ドアクーペ


次ページは : 【番外コラム】マツダ、スズキからの軽OEMも曲者揃い

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ