車重1トン以下の軽くて安くて運転が楽しいクルマ!


 車重1トン以下。それは、2021年を生きる自動車愛好家にとっては「ある種の夢」だ。

 その昔は、車両重量1トン以下の車というのも決して珍しい存在ではなかった。かく言う筆者も車重850kgのMT車(ルノー5バカラ)に乗っていた時期がある。

 それは最高出力90psの1.7L、SOHCというショボいエンジンを積んだハッチバックに過ぎなかったわけだが、その走りの質というか「気持ち良さ」に関しては、後に購入した車重1410kgのポルシェ911カレラ2ティプトロニックにも、決して大負けはしていなかった。

 だが2021年の今、車重1トン以下のクルマに乗るというのは前述のとおり「夢」に近い何かとなってしまった。端的に言ってしまえば「ほとんど存在しない」のである。

 だが車重1トンを切る「運転が楽しいクルマ」も、決して皆無になってしまったわけではない。

 探せば、新車であってもいくつかのモデルが存在し、中古車でもOKとすれば、さらに多くの“それ”を見つけることができるのだ!

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】車重1トン切りのボディが軽快な走りを実現!! 現存するライトウエイトスポーツはこちら


マツダロードスターS(6MT)/車重=990kg

車両価格=260万1500円

1トンを切るのはロードスターS(6MT)のみ。すぐ上のSスペシャルは1010kg、RSは1020kg。エンジンは132ps/15.5kgmを発生する1.5L、直4

 ということで、まずは国産新車のなかから「1トン以下」を探してみることにしよう。

 現行型のマツダ ロードスターはすべてのグレードが「軽くて安くて速い車=好ましいクルマ」だといえるが、そのなかでも唯一1トン以下となるのがこちら、エントリーグレードの「S」だ。

 同じSでも「Sスペシャルパッケージ」や「Sレザーパッケージ」だと、MT車でも車重1トンを微妙に超え、AT車になると1トンを比較的大きく超えてしまう。

 だが「ロードスターの素うどん」といえるSであれば、全体の軽さと、軽さによって可能となったしなやかな足回りとのバランスがもたらす好ましい走り=2021年の今となってはかなりレアな味わいを十二分に堪能できるのだ。

 それは、決して速くはないが「絶品」でいえる動きおよび感触であり、「実は最廉価グレードであるSこそがロードスターのベストグレード!」と評価する人は多い。

スズキスイフトスポーツ(6MT)/車重=970kg

車両価格=187万7400円~(6MT、スズキセーフティサポート非装着車)、装着は201万7400円(6MT)~

車重は6MTが970kg、6ATが990kg。エンジンは1371㏄、直4ターボで140ps/23.4kgmを発生
6MTのシフトフィールは小気味よく決まる。初心者にも扱いやすい操作性がスイスポの魅力だ

 スズキが誇る名作ホットハッチ「スイフト スポーツ」も、今となっては珍しい車両重量1トン以下の車である。

 ちなみに上の見出しでは6MT車の車重を記したが、6速ATの全方位モニター用カメラパッケージ装着車であっても、その車重は990kgである。素晴らしい!

 車両全体からは「小柄だが筋骨隆々」といったニュアンスを感じるハッチバックではあるのだが、軽量ゆえに、バネレートをソフトにすることができたクルマでもある。

 そのため「ホットハッチ」という言葉からイメージするほど乗り心地は悪くなく、というかむしろ「良好」であり、それでいてハンドリングは実にシャープ。

 そしてさらに1.4Lターボエンジンは、低回転域からビッグトルクを発生するタイプであると同時に「回して楽しい!」というエンジンでもあるため、どこまでも果てしなく走っていきたくなる類の車なのだ。

 ちなみにどこまでも果てしなく走っていくことで疲れたときには、6MT車であっても装備されるアクティブ・クルーズ・コントロールに速度調整を丸投げし、しばらくのんびりするといいだろう。

次ページは : スズキアルトワークス(5MT)/車重=670kg

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ