キャデラックCT5は世界にライバル不在!? これぞ高級アメ車ど真ん中!!

キャデラックCT5は世界にライバル不在!? これぞ高級アメ車ど真ん中!!

 2021年1月21日、GMジャパンは、キャデラックブランドの新型Dセグメントセダン「CT5」を発売開始した。

 前身となるCTSから進化したCT5を、自動車評論家 国沢光宏氏はどう感じたのか? 

●キャデラックCT5 価格
・プラチナム 560万円
・スポーツ 620万円

※本稿は2021年2月のものです
文/国沢光宏 写真/GMジャパン、ベストカー編集部 撮影/平野 陽
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】まさに「別格」の佇まい! キャデラック CT5をギャラリーで見る


■その姿は伝統のキャデラック・ラグジュアリーサルーン

 私にクルマの奥行きを教えてくれた徳大寺師匠と30年以上にわたりさまざまなクルマを試乗したのだけれど、キャデラックに乗るたびに「やっぱりアメリカ車のなかでもこいつだけは別格だなぁ」と言ってたことを思い出す。

 考えてみたらキャデラックってGMグループのなかでのレクサスに相当するプレミアムブランドである。

 欧州車の評価が高まる1980年代までは世界最高級の量販自動車だった。

 そんなことから私はいつかキャデラックを所有したいと思っていたし、今でもキャデラックの試乗となればワクワクします。

 ということで今回は『CT5』という、ベンツでいえばEクラス。BMWなら5シリーズ、日本車だと今はないレクサスGSのカウンターモデルということになる。

キャデラック CT5。全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mm
キャデラック CT5。全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mm

 1番大きい『CT6』になるとSクラスや7シリーズ、LSのライバル。個人で乗るならちょうど良いサイズです。

 スペックは諸元表を見ていただければ、と思う。興味深いのが、2L、4気筒直噴ターボを搭載する後輪駆動車という点である。

直4、2Lターボを搭載し、ワイドなレンジをカバーする先進の10速ATを組み合わせている
直4、2Lターボを搭載し、ワイドなレンジをカバーする先進の10速ATを組み合わせている

 今やキャデラックもダウンサイジングターボなのだった。オバマ政権時代、世界で最も厳しい燃費規制を打ち出したため、GMもフォードも小排気量の4気筒を創り出したワケ。

 排気量による税制となっている日本からすれば、自動車税が安くなってありがたい。

フロント以上に、リアビューには存在感がある。2935mmというロングホイールベースによる“すわり感”もいい
フロント以上に、リアビューには存在感がある。2935mmというロングホイールベースによる“すわり感”もいい

次ページは : ■ATの滑らかさにキャデラックの伝統があるが……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号