キャデラックCT5は世界にライバル不在!? これぞ高級アメ車ど真ん中!!


 2021年1月21日、GMジャパンは、キャデラックブランドの新型Dセグメントセダン「CT5」を発売開始した。

 前身となるCTSから進化したCT5を、自動車評論家 国沢光宏氏はどう感じたのか? 

●キャデラックCT5 価格
・プラチナム 560万円
・スポーツ 620万円

※本稿は2021年2月のものです
文/国沢光宏 写真/GMジャパン、ベストカー編集部 撮影/平野 陽
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】まさに「別格」の佇まい! キャデラック CT5をギャラリーで見る


■その姿は伝統のキャデラック・ラグジュアリーサルーン

 私にクルマの奥行きを教えてくれた徳大寺師匠と30年以上にわたりさまざまなクルマを試乗したのだけれど、キャデラックに乗るたびに「やっぱりアメリカ車のなかでもこいつだけは別格だなぁ」と言ってたことを思い出す。

 考えてみたらキャデラックってGMグループのなかでのレクサスに相当するプレミアムブランドである。

 欧州車の評価が高まる1980年代までは世界最高級の量販自動車だった。

 そんなことから私はいつかキャデラックを所有したいと思っていたし、今でもキャデラックの試乗となればワクワクします。

 ということで今回は『CT5』という、ベンツでいえばEクラス。BMWなら5シリーズ、日本車だと今はないレクサスGSのカウンターモデルということになる。

キャデラック CT5。全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mm

 1番大きい『CT6』になるとSクラスや7シリーズ、LSのライバル。個人で乗るならちょうど良いサイズです。

 スペックは諸元表を見ていただければ、と思う。興味深いのが、2L、4気筒直噴ターボを搭載する後輪駆動車という点である。

直4、2Lターボを搭載し、ワイドなレンジをカバーする先進の10速ATを組み合わせている

 今やキャデラックもダウンサイジングターボなのだった。オバマ政権時代、世界で最も厳しい燃費規制を打ち出したため、GMもフォードも小排気量の4気筒を創り出したワケ。

 排気量による税制となっている日本からすれば、自動車税が安くなってありがたい。

フロント以上に、リアビューには存在感がある。2935mmというロングホイールベースによる“すわり感”もいい

■ATの滑らかさにキャデラックの伝統があるが……

 ということで試乗といきましょう! 1500回転から3500ccと同等の35.6kgmを発生することもあり、けっこう元気よく走り出す。

ライト類のあしらいなどに個性と美しさを感じさせるフロント

 ちなみにATはトルコン10速! 伝統的に変速ショックはまったく感じない。キャデラックに乗る機会あったら、ATの滑らかさをぜひ味わってほしいと思う。ターボラグは若干ある。

 まぁキャデラックにはドッシリした乗り方が似合います。

インパネのテーマは「最先端をシンプルで美しく」。計器類は12インチのデジタルメーターディスプレイに映しだされる

 また、最近のキャデラック、ニュルブルクリンクなどを走り込んでいるため、ハンドリングは「ユルい乗り味のアメリカ車」というステレオタイプを持っていると、シャープで驚くだろう。

 高速走行時のスタビリティだって文句ないレベル。

 ただ、私としちゃ「もう少し柔らかい味付けならよかったな」。日本においてはベンツやBMWと同じ層が買うと思えない。というか違う味付けにニーズあると考える。

丹念なステッチで縫いあげられたシート。写真はサハラベージュがメインカラーで他に2色ある

「やっぱりいいね!」なのがオーディオ。BOSEは多くの車種にオーディオを供給しているけれど、キャデラックのみ別格。

 多くの車種のBOSE、私は「あかんな」。キャデラックのBOSEを鳴らすと、気分がアガリます。

 なかなか魅力的なのが560万円という価格設定。クラウンの最上級モデルと比べたって大差なし。装備内容を考えたらお買い得感すら出てくる。自動ブレーキなどもしっかり装備されてます。

シャープさを感じさせるね、と国沢氏

●キャデラックCT5のポイント

1. 躍動を感じさせるスタイル。エレガントかつ逞しいファストバックスタイルが個性を放つ

2. ライト類の仕上げ、エアロダイナミクスの最適化、室内空間など「質」に対するこだわり

3. インテリジェントな高性能。低回転域から鋭いレスポンスを実現する2ℓターボを搭載

●キャデラックCT5 スポーツ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4925×1895×1445mm
・ホイールベース:2935mm
・車両重量:1760kg
・エンジン:1997cc 直4DOHCターボ
・最高出力:240ps/5000rpm
・最大トルク:35.6kgm/1500~4000rpm
・トランスミッション:10速AT
・価格:620万円

【画像ギャラリー】まさに「別格」の佇まい! キャデラック CT5をギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ