かつて天下を奪ったが今は…それでも薦めたい便利で流麗ステーションワゴン特筆15選

かつて天下を奪ったが今は…それでも薦めたい便利で流麗ステーションワゴン特筆15選

「猫も杓子も……」という言葉がぴったりなのが、昨今のSUVというジャンル。

 SUVが悪いとはもちろん思わない。だがここまで雨後のタケノコのように乱発されると、さすがに「お腹いっぱい」にもなるものだ。「ハッキリ言って食傷気味です!」と感じている人も多いはず。

 であるならば……「ステーションワゴン」に注目してみるのはどうだろうか?

 現行型・先代型、中古・新車等々を織り交ぜ、流麗なるステーションワゴンの世界にご招待!

※本稿は2021年5月のものです
文/伊達軍曹 写真/ベストカー編集部 ほか 中古車価格調査協力/萩原文博
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】スタイリッシュは正義! 流麗なるステーションワゴン14台をギャラリーでチェック!!!


■自由と責任の双方を持つ大人に最適な分野

 SUVには食傷気味うんぬんといきなり申し上げたが、むしろ筆者は「SUV好き」だ。最近までスバルXVというクロスオーバーSUVに乗っており、それは大層すばらしい一台だと感じていた。運転しやすく便利で、スタイリッシュだった。

 だがその後、新型レヴォーグというステーションワゴンに乗り換えてみると……、車格がやや違うため単純比較はできないのだが、利便性はXVとほぼ同等で、しかし車高や重心がSUVより低いことによるメリットというか、走行時の快楽はXVの100倍ほどは上であることがわかってしまったのだ。

スバル レヴォーグ(現行型)…フルインナーフレーム構造となったスバルグローバルプラットフォームと新開発の1.8Lターボエンジン、そして最新世代アイサイトにより抜群のGT性能を誇る。最高速度や0-100km/h加速ではなく「平均巡航速度が高い」というタイプだ(新車価格:310.2万~409.2万円/中古車相場:300万~420万円)
スバル レヴォーグ(現行型)…フルインナーフレーム構造となったスバルグローバルプラットフォームと新開発の1.8Lターボエンジン、そして最新世代アイサイトにより抜群のGT性能を誇る。最高速度や0-100km/h加速ではなく「平均巡航速度が高い」というタイプだ(新車価格:310.2万~409.2万円/中古車相場:300万~420万円)
スバル レガシィ TOURING WAGON(BP)…自動車デザイン界の鬼才、エンリコ・フミアの筆による造形は(特に整形前の前期型)は、デビューから18年が経過した今もなお、ジャンルトップクラスの美しさを感じさせる。低回転域から利くターボも◎(中古車相場:10万~300万円)
スバル レガシィ TOURING WAGON(BP)…自動車デザイン界の鬼才、エンリコ・フミアの筆による造形は(特に整形前の前期型)は、デビューから18年が経過した今もなお、ジャンルトップクラスの美しさを感じさせる。低回転域から利くターボも◎(中古車相場:10万~300万円)

 つまりステーションワゴンとは、運転の快楽を追求したいと同時に、家庭人としてのさまざまな責任も追っている「たいていの大人の男」には、かなり最適なジャンルなのである。もちろんSUVもぜんぜん悪くはないのだが、ステーションワゴンはさらにいいぞ! という話である。

 こんなにも素晴らしいジャンルがなぜ日本では廃れてしまったのかサッパリ理由がわからないが、同じ国産車でも「中古車」にも目を向けてみれば、あるいは「輸入車」にも目を向けてみれば、今なおステーションワゴンが選び放題であることに気づく。

 ということで、再び始めようではないか。便利だけど超気持ちいい「ステーションワゴンがある生活」を!

次ページは : ■現行世代の国産車では1台しか該当しないが

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ