アストンマーティンの映画『007』記念限定車とは? 日本で唯一の2台セット買いオーナー車発見!!


 昨年8月、映画『007』シリーズ最新作の公開(日本では延期中)を記念したアストンマーティン特別限定車の二台が発表された。

 その特別限定車は「ヴァンテージ007エディション」「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」なのだが、なんとその二台を両方とも購入したオーナーが日本に! そして、その二台がこのたび同時に納車されたという。

 映画007記念限定アストンとはいったいどんなモデルなのか? 納車されたオーナーの実車の写真とともに、二台の限定車の紹介をモータージャーナリストの西川 淳氏のレポートでお送りします。

文/西川 淳
写真/シャシン株式会社(SHA-SHIN.jp)

【画像ギャラリー】アストンマーティン「007」の特別仕様車が2台とも日本に。早速突撃取材してみた!!


■007ファン羨望!ボンドカーをイメージした特別限定車が2台セットで納車

 世界的な人気映画シリーズ、ジェームズ・ボンドの『007』。待望のシリーズ25作目となる「ノー・タイム・トゥ・ダイ」はすでに完成しているものの、新型コロナ禍の影響で公開延期が続いている。

日本ではこの秋に再延期されたようだが、その新作を象徴するクルマがひと足お先に日本上陸を果たした。しかも、二台揃って……。

こちらの2台が007リミテッドスペシャルエディション。ボンドカーといえばアストンマーティン。その仕立ては「Qbyアストンマーティン」が手掛ける。なお、007の劇中でボンドカーを供給するMI6の部署もまたQである

 その二台とは、昨年8月に発表されたアストンマーティンの007リミテッドスペシャルエディションだ(https://bestcarweb.jp/newcar/186961)。

クルマ好きにとって映画007といえばボンドカーの登場も楽しみのひとつ。そしてボンドカーといえばアストンマーティンで、近年では新旧モデルが登場しド迫力のドライビングシーンや戦闘シーンを繰り広げた。本作にも合計4モデルが登場するらしい。

 シリーズ25作品目を記念した限定モデルをアストンマーティンのパーソナライゼーション部門である「Q  by アストンマーティン」が手がけるというだけあって、二台のスペシャルな仕様はマニアの心を揺さぶるにふさわしい内容だった(ちなみに劇中においてジェームス・ボンドにクルマを含むスペシャルアイテムを供給するMI6の部門名もまたQだ)。

 そして、そんな二台の007限定車をセットで購入したいという日本のVIPカスタマーがひとりだけいた。その方の名を仮に「福崎さん」としよう。

■ヴァンテージの007仕様は、専用グリルのほか、なんとスキーキャリアを装備!

 福崎さん(仮名)のもとへ同時に納車された二台のスペシャルなアストンマーティンとは一体どんな仕様なのか。

 まずは一台目の「ヴァンテージ007エディション」。これはティモシー・ダルトンが初ボンド役として登場したシリーズ第15作「リビング・デイ・ライツ」に登場したV8をモチーフに最新モデルであるヴァンテージを特別に仕立てたモデル。

 カンバーランドグレイの外装色に噴射ロケットのハザードイエローを模したアンダーパーツのデコレーションや、何より劇中で使われたスキーアウトリガーからインスピレーションを受けた特別なスキー板&ラックを背負った姿に注目が集まるけれど、筆者が実物を見て感動したのはフロントグリルだ。

V8をイメージした専用のメッシュグリルや、イエローのアクセントが入ったアンダーパーツと、
さりげないがしっかり劇中のボンドカーを感じさせる特別装備が満載なところが心憎い

 クロームのヴェゼルを大胆にまとった専用のメッシュグリルに換装されている。これはヴァンテージオーナーであれば今すぐ欲しいパーツではなかろうか。

 インテリアも007マニア心を刺激する。ブラックとダーククロームのコーディネートもさることながら、センターコンソール内にレーザー刻印されたボンドカーの秘密兵器操作パネル模様が面白い。そのほか、映画にまつわる痕跡を色々と探してみるのも一興だろう。

コンソールに装備されたボンドカー秘密兵器の操作パネル!コンソール自体にレーザー刻印されているため、質感や耐久性も申し分ない。しかし、誤操作が怖くてなかなか物は入れられないかも?

 このモデルは世界100台限定で3ペダルMTもしくは2ペダルATが選べたが、福崎さんは3ペダルを選んだ。これは大正解で、なんとヴァンテージの3ペダルはこれにてオーダー打ち止めらしい。

オーナーさんである福崎さん(仮名)のお気に入りは劇中のスキーアウトトリガーをオマージュしたスペシャルなラックとスキー板を背負った姿。季節問わずこの姿で走行されるそうだ

 ちなみにオーナーのお気に入りはスキー板を積んだ姿で、夏でもこのまま乗るらしい。この姿こそがあそび心の象徴で、いつまでも童心を忘れたくないと笑顔で福崎さんは語っていた。そのうち貴方もスキー板を背負ったヴァンテージをどこかで目撃するかもしれない。

次ページは : ■DBSの007版に至っては、なんと世界限定25台の激レア車だ 

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ