新型コルベットに史上初右ハンドル導入!! ミドシップに生まれ変わって日本仕様登場

66年の伝統と決別 ミドシップとなったC8コルベットの乗り味に驚いた

 2021年5月29日、GMジャパンは富士スピードウェイで、新型「C8」コルベットのお披露目イベントを行った。

 そこに現れたのは、ハードトップコンバーチブルを導入、またFRからミドシップへと変更、そして何より右ハンドル設定といった「日本向け仕様」をも取り入れた、新しいコルベット。

 生まれ変わったハイパフォーマンススポーツカーの様子をお伝えする。

※本稿は2021年6月のものです
文・撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2021年7月10日号

【画像ギャラリー】「新生」という言葉にふさわしい新型C8コルベット。カラーバリエーション・価格表などをギャラリーでチェック


■スタイル抜群、走れば優秀お値段控えめの完璧スポーツ

 コルベットといえば超ロングノーズ、米国マッスルカーの象徴的存在のはずだ。

 強烈トルクの巨大艦を後輪の近くで操縦するのは独特の感覚。フル加速をすると、すぐにトラコンのお世話になってしまうほど刺激的だ。

 その暴れん坊が劇的変身をとげ、日本に乗り込んできた。

新型コロナの感染状況を鑑みリアルではメディアのみに披露された新型C8コルベット
ボンネット下からシート後方に移動したエンジン。6.2LのスモールブロックV8、LT2型エンジンは伝統のOHVを堅持

 なんとFR、66年の歴史を捨て、トラクションや運動性能に有利なMRになったのだ。これはもう完全新設計のニューモデルと言っていいだろう。

 新型成約者向けの日本仕様初お披露目イベントは、緊急事態宣言下ゆえ無観客ライブ配信となったが、メディアは間近で実車を確認、撮影することができた。メディアの特権(?)を許してほしい。

 エンジンは伝統の6.2L、V8のOHVだが、直噴、可変バルブタイミング、気筒休止機能など正常進化。しかも出力は495hpで先代(特別モデルを除く)を超えてきた。

 車重は前モデルとほぼ同じ(約1.5t)なので、並み居るスーパーカーらと比べても実力的にそう見劣りするわけがない。

コルベット史上初のリトラクタブルハードトップを採用したコンバーチブル。48km/hまでの走行時なら、わずか16秒で開閉可能。実用性もクーペ同様に高い

 ボディサイズも最新フェラーリV8モデルとほぼ同じ。というかこれ、完全にライバルなのでは!?

 となると、デザインや価格含む総合力勝負となるが、今回のコルベットには新たな武器がある。

 右ハンドルの導入だ。追い越しや駐車料金の支払いなど左ハンドルが不便なことは多い。右ハンドルの設定は強い魅力となるはずだ。

こちらもコルベット史上初となる右ハンドル。ドライバーファーストの作りに血が滾る
ホールド性に優れるバケットシートを装備。2LTグレードでもシートヒーターが備わる

 肝心の走りはどうか? 気になるが当日は残念ながらプロレーサーのデモ走行のみ。が、重鎮ジャーナリストレーサー・清水和夫氏は以下のようにコメントした。

「洗練されていて乗りやすい。200km/hで巡航しても普通に会話OKだろう。それに新型はコンバーチブルありきで設計されているから剛性不足の心配もない。

また、(先代までのロングノーズと違って)前方の視界がかなりよくなった。それにこれだけの荷室がある。

(エンジンに近い)後ろにホカホカの弁当、前には冷たい飲み物を積んでロングドライブも可能。アメリカらしくていいじゃない?」

ドライバー正面のディスプレイに表示される内容は走りに必要なものが最優先。レッドゾーンは6500rpmから
先代のレバータイプからボタン式に変更されたシフト操作部。いっきに現代的スポーツカーになった印象を与える

 確かに後部にはコンバチモデルの外したルーフトップやゴルフバッグ2セット積載可能なスペースもあるし、前部には深めの荷室もある。

 欧州型スーパーカーにはない個性もちゃんと残っているようだ。

サイドビュー

 国内外のスポーツカーはターボ、4WD全盛だ。そういう状況下で自然吸気大排気量を楽しめるクルマは貴重だ。

 そして文句なくカッコよく、この価格。何色がいいかな?

 これ買って、たまにサーキットを爆走して、普段はのんびりクルージング。アメリカンドリームな妄想は膨らむ。

66年の歴史に別れを告げたC8コルベット

●新型コルベット諸元&価格(クーペ 2LT)
・全長×全幅×全高:4630×1934×1234mm
・ホイールベース:2722mm
・車両重量:1526kg
・エンジン:V8 OHV 6153cc
・最高出力:495hp/6450rpm
・最大トルク:637Nm(約65kgm)/5150rpm
・トランスミッション:8速DCT
・駆動方式:FR
・乗車定員:2名
・価格:1180万円

【画像ギャラリー】「新生」という言葉にふさわしい新型C8コルベット。カラーバリエーション・価格表などをギャラリーでチェック

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ