ついにアクシオ&フィールダー廃止!? ロッキー電動化?? ほか国内メーカー最新情報 9選

ついにアクシオ&フィールダー廃止!! ロッキー電動化?? ほか国内メーカー最新事情 9選

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、アクシオ&フィールダー販売終了の報から。伝統ある5ナンバーのカローラが姿を消すのはなんとも寂しい限りだ。

 続いて、ダイハツの電動車両化第1弾はロッキー有力、シビックのHVは2L? ジムニー&シエラの5ドア計画…などなど、国内メーカーの最新情報を9つ取って出し!!!

※本稿は2021年7月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年8月26日号

【画像ギャラリー】手に入れるならマジで急げ!!! カローラアクシオ&フィールダーをギャラリーでチェック


■トヨタ カローラアクシオ&フィールダー ついに廃止…

 トヨタは生産を継続していたカローラアクシオ&フィールダーを9月ぶんまでの生産枠の納車をもって終了する旨を傘下扱い店に通達しました。

 現行カローラ(セダン&ツーリング)が2019年9月17日のフルモデルチェンジで3ナンバーサイズに拡大しましたが、5ナンバーサイズで1.5Lのアクシオ&フィールダーは法人需要があるためガソリンNA、同ハイブリッドを継続販売していました。

 当初1年間の限定としていたのを1年延長していましたが、2年で終了となります。今後法人向けは現行モデルの廉価グレードの販売に切り替えて対応する見込みです。

(編集部註:この話題、本誌脱稿後になくならない、という情報も入ってきており、追加で取材中です)

終売迫る?トヨタ カローラアクシオ
トヨタ カローラフィールダー

■ダイハツの電動車両化第1弾はロッキーが有力!

 ダイハツは2022年末にも電動車両第1弾となるハイブリッドをロッキーに搭載して発売する方針です。直3、1.3Lエンジンと2モーターを組み合わせたEV走行可能なストロング方式となります。

 以降はトール、ブーンなどにも順次展開します。ロッキーはライズ、トールはルーミー、ブーンはパッソとしてトヨタにもOEM供給していて、これらも同パワーユニットが搭載されることになります。

 ダイハツは軽自動車についても電動化に向けての開発を進めていますが、現段階では実用化の目途については明らかにしておらず、ハイブリッドよりも電気自動車を先行させる可能性があります。

ダイハツ ロッキー

次ページは : ■ホンダ、新型シビックに搭載するハイブリッドは2L?

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ