カローラツーリングがコスパ最強なモデルである理由とは!?


■ワゴンボディの魅力

 また、カローラツーリングの1.8Lノーマルエンジンは、前述のとおりコスト低減を行ったから、ハイブリッドと比べても価格が安くなる。ハイブリッドSは265万1000円、1.8Sは221万6500円だから、ノーマルエンジンが43万4500円下回る。ヤリスクロスの場合は、ノーマルエンジンとハイブリッドの差額は約37万円だから、カローラツーリングではノーマルエンジンを戦略的に安く設定している。

 このほかカローラセダンのSと比べても、カローラツーリングSの価格アップは7万7000円だ。ワゴンとしては価格の上乗せが小さい。

「ツーリング」はノーマルエンジン仕様を戦略的に安く抑え、割安に購入できるという

 ちなみに今はワゴンが少数派になり、コンパクトサイズはカローラツーリングとシャトル、ミドルサイズもレヴォーグとマツダ6ワゴンしか用意されない。この背景には、ワゴンの需要が海外を含めてSUVに奪われ、日本ではミニバンにも押された事情がある。

 ただし、ワゴンの魅力まで薄れたワケではない。ワゴンはSUVやミニバンに比べると重心が低いので、セダンと同様に走行安定性を向上させやすい。高速道路の横風などにも強い。全高が1550mm以下に収まるため、立体駐車場も使いやすい。コンパクトカーに比べると、荷室面積が広く、内外装の質も高い。

 このような理由により、SUV、ミニバン、コンパクトカーよりも扱いやすいサイズのワゴンを希望するユーザーも少なくない。それなのにワゴンの車種数が激減したから、ワゴン需要が買い得なカローラツーリングに集中した。レヴォーグにも当てはまる話だが、国産ワゴンの選択肢が減った結果、カローラツーリングの人気が押し上げられた経緯もある。

■販売網の広さも強み

 そして今は、トヨタのすべての販売店がトヨタの全車を扱っている。以前のカローラは、カローラ店だけが販売したが、今は約4600店舗のトヨタ全店でカローラツーリングを買えるからユーザーも購入しやすい。

 ホンダや日産の販売店は2100箇所前後だから、トヨタの販売網は2倍以上だ。レヴォーグを扱うスバルは約460店舗だから、トヨタはその10倍に達する。店舗が豊富で自宅付近で必ず購入できることも、カローラツーリングの大切なメリットで、好調に売られている理由でもある。

 このほかカローラツーリングは、フロントマスクやインパネ周辺の作りも、価格のわりに上質だ。家族で使うと後席の足元空間が少し狭めで気になるが、機能や装備と価格のバランスでは、全般的に買い得感が強い。ヤリスのようなコンパクトカー、あるいはシエンタのようなコンパクトミニバンが好みに合わないユーザーにとって、カローラツーリングはちょうどいい割安な選択肢になるワケだ。

割安で販売網が広いため、カローラツーリングはちょうどいい割安な選択肢になるという

 つまり、カローラツーリングはワゴンの主力車種であると同時にカローラの販売ナンバーワンモデルだから、トヨタ車が備えるさまざまな特徴もしっかりと受け継いでいる。そのために多くのユーザーの共感を呼んで、売れゆきも好調となっているのだ。

【画像ギャラリー】本稿に載せきれなかった分のカローラシリーズを画像でチェック!