絶好調新型カローラクロス 注目の最新納期&異例の値引き動向は?

初期受注は1万3000台超!! 絶好調新型カローラクロス 注目の最新納期&異例の値引き動向は?

 2021年9月14日に発売されたトヨタの新型SUV「カローラクロス」。納車は来年といった話も出てきているが、販売最前線での動きはどうなっているのだろうか。

 販売現場の内情に詳しい筆者が、販売店の様子を取材してきた。受注状況やライバルとの関係性など、カローラクロスの販売最前線をお伝えしていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】新型なのに値引きあり!? コスパで他を圧倒するカローラクロスを写真でチェック!


■予想を上回った新型カローラクロスの初期受注

2021年の新型車のなかでも注目度が高かったカローラクロス。ヤリスクロス・ライズ・ハリアーなどに続き、大ヒットのSUVとなるのか

 発表されてからは間もないものの、事前受注は8月22日頃からスタートし、予約注文期間を含めれば、立ち上がりから1か月程度が経過した。カローラクロスのスタートダッシュは成功したのだろうか。

 情報が多く出ていたこともあって、ユーザーの動き出しは早かったと、トヨタ販売店スタッフは口を揃える。事前受注活動は、販売店の想像よりも好調に推移したようだ。

 実際に月販目標4000台のところ、事前受注開始から約1か月で、およそ1万3500台の注文が入っている。

 爆発的な売れ行きではないが、注目度が高く、価格も手ごろなクルマなだけに、今後も底堅く好調な販売は続くだろう。

■ライバルは納期? 身内のSUVもヴェゼルも「眼中にはない」

2021年4月にフルモデルチェンジが行われたホンダ ヴェゼル。Bセグに位置するが、新型になりCセグにも負けない居住性や質感の高さで、発売以来好調な売れ行きを見せている

 SUV戦国時代ともいえるいま、カローラクロスのライバルは多く、その動向にも注目が集まる。

 まずは身内のトヨタ陣営だが、今のところ激しくぶつかり合う車種はなさそうだ。ハリアー・RAV4と、ヤリスクロス・ライズの隙間を埋める位置のカローラクロスが、仲間の需要を食いつぶすことも想像しにくい。トヨタラインナップのなかでは、上手く役割分担ができている印象である。

 商談中に競合車として名前が挙がるのは、ホンダ ヴェゼル、スバル フォレスター、マツダ CX-3が中心だという。また一部ではあるが、輸入車SUVで、フォルクスワーゲン ティグアン、アウディ Q2といった名前も挙がった。しかし、ライバルの存在を気に掛ける営業マンは少ない。

 また、新型車のカローラクロスだが、商談初期から堂々と値引きがおこなわれているようだ。ニューモデルは軒並み値引きゼロが多いトヨタだが、カローラクロスでは様相が違う。筆者が現車確認をしながら営業マンと話していると、「このクルマは10万円の値引きができますよ!」と宣言されるほどだ。(値引き額については筆者調べの参考金額)

 コストパフォーマンスで他を圧倒するカローラクロス。他メーカーのライバルに対し、劣る部分を筆者が尋ねると、「唯一ですが、納期の長さが……」と頭を抱える姿が印象的だった。

次ページは : ■暗雲立ち込める納期状況と対照的な明るい販売見通し

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ