「目の筋トレ」で動体視力を鍛えて事故を防ぐ!


周囲の危険を素早く察知するための「視野角」も重要!

【運転技術の衰えを防ぐ】「目の筋トレ」で動体視力を鍛えて事故を防ぐ!
視野角が狭まるとドアミラーに映る対象物なども確認しづらくなる。危険な割り込みを頻繁にするなども視野角の衰えが一因だ

 動体視力とともに運転技術に関わるのが、「視野角」だ。こちらの視力は、目を動かさずに見える範囲のことだ。クルマの速度が速くなるほど、運転者の視野角は狭くなり、遠くを注視するようになるため、近くは見えにくくなる。したがって、速度を出せば出すほど、近くから飛び出してくる歩行者や自転車などを見落としやすくなる。

 この視野角も動体視力同様に加齢による衰えは顕著になる。具体的には、一般成人で約200°と言われているが、加齢とともに狭くなり、高齢者では約160°まで狭くなる。また、年とともに実際には見えていても対象物を脳が認識しづらくなると言われている。

動体視力の良し悪しを決めるのは「目の筋肉」

 動体視力の良し悪しは、目の筋肉の質によって左右される。動体視力に関係する筋肉には、レンズ(水晶体)のピントの調節をする毛様体筋、眼球の動きを司る6個の外眼筋(上直筋、下直筋、外直筋、内直筋、上斜筋、下斜筋)がある。これらの筋肉の衰えはトレーニングである程度は克服できる。

 つまり、動体視力はトレーニングを重ねることで鍛えられる能力ということになる。年だからといってあきらめる必要はないのだ!

【運転技術の衰えを防ぐ】「目の筋トレ」で動体視力を鍛えて事故を防ぐ!
目も筋肉で動かされている。外眼筋や毛様体筋の衰えは動体視力の衰えに直結する!

次ページは : 実践! 動体視力を鍛える「目の筋トレ」