ポルシェもVWの軍門に! 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】

ポルシェもVWの軍門に! 勢いが止まらない! 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】

 かつてはそれぞれが独立した存在だった自動車メーカー。現在では多くのメーカーが提携を行い、場合によっては買収されて別のメーカー傘下となったというケースもある。エンジンやプラットフォームの共通化によるコストダウン、流通の効率化など、メリットの多いグループ化だが、あるメーカーがどのグループに属しているのがわからないこともあり、さらに意外なグループの傘下となっていて驚かされるブランドもある。

 このシリーズでは、そうした「自動車メーカーグループ」に注目し、紹介していくことにしたい。今回はドイツの“巨人” 「フォルクスワーゲン(VW)グループ」の第2回をお送りする。フォルクスワーゲングループには、「フォルクスワーゲン」を筆頭に、「アウディ」「ランボルギーニ」「ポルシェ」「セアト」「シュコダ」「ベントレー」「ブガッティ」「トレイトン」が属しているが、今回はポルシェ以降のメーカーを紹介してこう。

文/長谷川 敦、写真/フォルクスワーゲン、ポルシェ、セアト、ベントレー、トレイトン、Newspress UK、Favcars.com

【画像ギャラリー】このクルマもフォルクスワーゲングループ傘下だった!?


ルーツは同じ? VWとポルシェの不思議な関係「ポルシェ」

ポルシェもVWの軍門に! 勢いが止まらない! 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】
それまで他メーカーの設計や開発を請け負っていたポルシェが、初めて自社名を冠して発売したスポーツカーのポルシェ356。15年に渡って生産が続けられた

 ドイツを代表するスポーツカーメーカーであり、70年代の日本国内スーパーカーブームではランボルギーニやフェラーリと人気を分けあったポルシェ。このポルシェもまた、フォルクスワーゲングループの一員であることを知らない人も多い。

 両社の少々複雑な関係は、ビートルことフォルクスワーゲン・タイプ1から始まる。このタイプの1開発を主導したのが天才エンジニアのフェルディナント・ポルシェ博士。そう、後にカーメーカーとなるポルシェを創業する人物である。

 タイプ1の開発が一段落すると、ポルシェ博士はかねてから構想していたスポーツカーの開発に着手し、息子フェリーの協力も得て設計をまとめ上げた。そうして出来上がったのが、ポルシェ第一号の356(1948年)だった。この356にはフォルクスワーゲン・タイプ1のコンポーネンツが多数使用されており、広い意味ではタイプ1の兄弟車といえた。356が誕生すると、ポルシェとフォルクスワーゲンは業務提携を締結。以降、現在までこの提携は続いている。

 20世紀末に経営難に陥ったポルシェだが、その後業績は回復。この勢いでフォルクスワーゲンの買収を試みるものの、2008年のリーマンショックのあおりを受け、またしても経営が苦しくなったポルシェは、反対にフォルクスワーゲンの力を借りることとなる。その結果、2012年にポルシェはフォルクスワーゲングループに経営統合された。

 ポルシェを統合したことが影響してフォルクスワーゲングループの総生産台数は大きく増え、ついにトヨタに次ぐ世界第2位のグループへと成長を遂げた。

 ちなみに、1980年代のフォルクスワーゲン拡大路線を推進したフェルディナント・カール・ピエヒ会長(当時)は、フェルディナント・ポルシェ博士の孫(娘の息子)にあたる。

スペイン国産自動車への情熱を具現化「セアト」

ポルシェもVWの軍門に! 勢いが止まらない! 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】
1957年から1973年まで製造と販売が行われたセアト 600。フィアット 600のライセンス生産モデルだが、バルセロナ生まれのれっきとしたスペイン車だ

 我が国ではもうひとつ馴染みの薄いメーカーがスペインのセアト。2021年時点で国内にセアトの正規代理店はなく、個人輸入や並行輸入車のみが走行している。しかしその歴史は古く、1950年にスペインの産業振興機関とイタリア・フィアットの共同出資で設立されている。

 ちなみにセアト(SEAT)とは「Sociedad Española de Automóviles de Turismo(スペイン乗用車会社)」を意味している。

 創業まもなくは出資者でもあるフィアットのモデルをライセンス生産し、さらにはフィアット製モデルを独自にアレンジしたクルマを販売するなど、スペイン色を打ち出していった。だが、1980年代に入るとフィアットが撤退してしまい、セアトは存亡の危機にさらされる。そこで救いの手を差し伸べたのが、この時期に拡大路線を進めていたフォルクスワーゲンだった。

 フォルクスワーゲンは1982年にセアトとの提携を締結。その後は徐々に影響力を高めていき、1993年には完全子会社としている。スペイン&イタリアのラテン系連合からドイツメーカーの傘下になるという大幅な変化ではあったが、以降は経営も安定。スペインを代表する自動車ブランドの地位を固めている。

 現在のセアト製モデルはフォルクスワーゲングループのプラットフォームを使用しているが、かっちりとした本家に比べるとスタイリッシュなボディをまとい、よりスポーティなイメージでまとめられる。ドイツの信頼性とスペインのパッションを併せ持つセアトの人気は高い。

次ページは : イギリス&イタリアの伝統的ブランド「ベントレー」「ブガッティ」