時代に愛されなかったが記憶には鮮烈に残った!! 薄幸スポーツカーたち

目指したところはピュアスポーツ…だったはずが、姿を消してしまうのは惜しかった! 薄幸のクルマたち

 スポーツカーが売れないと言われて久しい。先日もNSXが2022年に生産終了するという悲報が…。

 とはいえ、GT-R、スープラ、フェアレディZなど、アイコン的な存在として君臨するクルマもある。そのいっぽう、華々しいデビューをしたにもかかわらず、あっさりと姿を消してしまったクルマも数多い。今回は、そんな残念な結果に終わってしまった不遇なスポーツカーたちを思い起こしてみたい。

文/藤原鉄二、写真/スバル、トヨタ、ホンダ、マツダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】走りは気持ち良かったのに…不遇のスポーツカーたちをもっと見る


コスパの高いライトウェイトスポーツだったが…「トヨタ・MR-S」(1999年~2007年)

目指したところはピュアスポーツ…だったはずが、姿を消してしまうのは惜しかった! 薄幸のクルマたち
ミドシップレイアウトではあったものの、荷重は若干リア寄りだった。ミドシップのわりにはピーキーさが少ない、御しやすさが魅力だった

 1999年10月、MR2の後継モデルとして世に送り出されたのが「MR-S」。本格的ライトウェイトスポーツとして、期待を一身に背負ってのデビューとなった。

 発売直後の販売台数は好調だったものの、次第に低迷。途中、シーケンシャルマニュアルトランスミッション搭載車や、装備を充実させたVエディションなども販売されたものの、テコ入れは叶わず、2007年7月末に生産終了となってしまった。最終的な総生産台数は7万7840台と、想定を下回る販売台数に終わった。

 低迷の原因は一体何だったのか? おそらく第一にあげられるのは搭載エンジンだろう。ミドシップレイアウトはMR2のスタイルを継承したものの、1.8リッター直列4気筒DOHCエンジンとサイズダウン。また、NAのMR2の最高出力が200ps/7000rpmだったのに対し、MR-Sは140ps/6400rpm、ターボエンジンは設定なし。

 ただし、徹底した軽量化によりパワーダウンは相殺されるかと思われたが、MR2の後継として期待感を持っていた人には若干の物足りなさを感じさせてしまったのは事実だろう。

 ロングホイールベースかつ、極端とも言えるショートオーバーハングというスタイリングも一部では不評で、時には、「チョロQ」と揶揄されることも…。ただし、そのおかげで加速性能と運動性能は向上。ライトウェイトスポーツカー然としたクルマに仕上げられていた。

 手頃な価格も魅力で、標準グレードの車両本体価格は188万円。先代のMR2と比較して非常にリーズナブルな価格設定だった。

 中古車市場では、100万円前後のものが多く出回っている。セカンドカーとしてピュアスポーツに乗りたいという人はMR-Sを、という選択肢もありかもしれない。

Sシリーズの栄光を背負いきれなかった!?「ホンダ・S2000」(1999年~2009年)

目指したところはピュアスポーツ…だったはずが、姿を消してしまうのは惜しかった! 薄幸のクルマたち
S800以来、29年ぶりとなったFRレイアウトの2シーターオープンスポーツ。専用パーツをふんだんに取り入れるなど、気合いの入ったモデルだった

 S500、S600、S800と、ホンダが誇る歴代のピュアスポーツ「S」の血統を受け継ぎ誕生したのがS2000。ホンダ創立50周年記念として華々しいデビューを飾ったクルマだ。

 ホンダがFR車を発売するのは実に29年ぶりということで大きな注目を集めた。多くの部分が専用パーツにより設計されるなど、ホンダの気合いの入れようもハンパなかった!

 フロントミッドシップに配置された直列4気筒DOHC VTECエンジンは、250psを発生。2リッターのNA車としては非常にパワフルだった。さらに、燃料タンクとスペアタイヤなどを後輪車軸の前に配置。重量物を重心近くに集中させることでヨー慣性モーメントを低減させ、50:50の前後重量配分を実現するなど、これぞピュアスポーツという、魅力満点のクルマに仕上げられていた。

 理想の前後重量配分によって、パワーをフルに生かせる走り、コーナリング時の卓越した安定性を獲得した…はずだったが、限界点の高さが裏目に出て、車体を御しきれないドライバーも。S2000はドライビングの難しいクルマというイメージが定着してしまった。

 結局、総販売台数は10年間で2万台と大低迷し、2009年9月に生産終了に。これでホンダのラインナップからFR車が再び消滅してしまった。しかし現在、中古車市場では800万円超という破格の価格のものもザラに見られるという超人気車となっているのはなんとも皮肉な話だ…。

次ページは : CR-Xの再来という謳い文句が仇となった!?「ホンダ・CR-Z」(2010年~2017年)