消えたのは夫婦喧嘩!? カーナビの普及で激変した「道案内」とドライブの備え


 カーナビがすっかり当たり前の存在になっている現代の自動車社会。今やカーナビがなかった時代を知っているはずの中年以上の世代ですら、カーナビがなかった当時、知らない道をどうやって走っていたのか忘れつつあるという。

 そこで今回は、カーナビ普及の歴史を振り返りながら、カーナビが普及していなかった時代の運転術についてプレイバックしてみようではないか。まだカーナビがなかった頃からバリバリ運転していた熟年世代の自動車評論家、清水草一がナビゲートする。

文/清水草一 写真/フォッケウルフ、清水草一、本田技研工業、トヨタ

【画像ギャラリー】カーナビがなかった頃の運転方法と普及までの変遷!(7枚)画像ギャラリー

■普及までの4つのエポックとは?

スマホが普及するのと同様、ディスプレイ技術の進化とともに、タッチパネルは当たり前になる

 いまやクルマにナビゲーションシステムは必需品。総務省が発表した2014年の白書によると、「7割程度の乗用車にカーナビが搭載されている」とのことだが、カーナビの出荷台数を見ると、2010年以降毎年500万台を超えており、2019年には604万台になっている。乗用車の年間販売台数(新車)は約500万台だから、現在の装着率はもっと高いはずだ。

 近年は車載ナビがなくても、スマホが超高性能ナビになる。そちらもナビとして換算すると、ナビを使っている乗用車の割合は9割以上ではないだろうか。そんなカーナビの歴史を振り返ると、4つの大きなエポックがあった。

【1981年】
ホンダが2代目アコードに世界初のカーナビを搭載。まだGPS機能はなく、自車位置の測定は速度センサーとジャイロに頼っていたので、箱根のワインディングをちょっと飛ばすと、どんどん自社位置が狂い、海の上になってしまった。

【1990年】
パイオニアが、後付けカーナビとして初のGPS機能を持った『サテライト・クルージング・システム カロッツェリアAVIC-1』発売。「道は星に聞く」というカッコよすぎるCMコピーが脳裏に焼き付いたが、価格はセットで約50万円と非常に高価だった。

【2000年】
アメリカが民生用GPSの位置情報精度を大幅に引き上げる。これによって車速センサーやジャイロの情報がなくても、GPSのみでほぼ自車位置が表示可能になった。

【2011年】
スマホのグーグルマップに渋滞情報が表示されるようになる。以後、スマホが最高の性能を持つナビへと成長していく。

 これらの技術的進歩により、21世紀に入るとカーナビは爆発的に普及。紙の道路地図にとって代わった。現在は、ほとんどのドライバーがカーナビに依存している。東京ではタクシードライバーすら、カーナビなしには仕事ができなくなっている。

■カーナビがなかった頃の運転方法

筆者が家宝にしている道路地図たち。右は父から受け継いだ1968年のもの。もはや古文書だ

 逆に言うと、カーナビが当たり前の時代になってから免許を取ったドライバーは、「昔の人は、カーナビなしでどうやって運転していたの?」と、疑問に感じているだろう。実際、知らない場所に行く場合、昔のドライバーはどうやって運転していたのか。

<その1>予習として地図を熟読し、道順を頭に叩き込む。
<その2>出発。道路案内標識を見ながら進む。
<その3>膝の上に地図を開いて起き、信号待ちなどの間にチラチラ見る。
<その4>不安になると停車し、地図をしっかり見て道順を確認する。
<その5>助手席の人に地図を見てもらい、道順の指示を得ながら運転する場合もアリ。

 しかしこれらには、それぞれ大きな欠点があった。

<その1>目的地が近ければなんとかなるが、遠い場合、すべてを頭に叩き込むのは非常に難しい。
<その2>昔は、道路案内標識が今よりはるかにお粗末で、大変わかりずらかった。
<その3>地図をじっくり見られないし、わき見運転になると危険。
<その4>いちいち止まらなければならないので面倒くさいし、安全に止まれる場所もそうない。
<その5>助手席の人が方向音痴だと必ず迷う。夫がドライバーで妻がナビゲーターという場合、夫婦喧嘩が多発。

 それでも、これら5つを組み合わせることで、なんとか未知の目的地にたどり着いていたのである。

 私個人は、幼少期から地図マニアで、地図を読むのが趣味ですらあったので、<その5>は使わず、1から4までで、ほぼ間違うことなく目的地に到着できた。高速道路およびそれに並行する国道の渋滞時には、地図を見ながら延々と抜け道を駆使。その場合は、家々のベランダの向きから南がどちらかを推測するなど、戦国武将並みの観察眼も併用した。

筆者が大切に保管している海外の道路地図(写真はドイツのもの)。もう使うことはないと思うと涙が出る

  海外ドライブの際は、現地に着くと、なるはやで詳細な道路地図を入手。隣国までカバーできない場合は、行く先々で道路地図を買い足しながら進んだ。

 現在は海外でもスマホのグーグルマップが使えるようになったため、そういった手間は一切なくなった。自分の特殊技能が不要になった虚しさを感じるが、やはりウルトラ便利である。

次ページは : ■地図が好きならともかく……方向音痴たちの苦悩!