マイチェンで40万円下落、フルチェンジで80万円ダウン…知って得する下取り額の基礎知識

「好き!」という気持ち先行のクルマ選びは大損!? 来るべき買い替え時に備えて知っておくべきクルマ選びの基礎知識

 オーバーホールを繰り返して1台のクルマを一生乗り続けるなんてことは稀なこと。多くの人は買い替えを前提にクルマを購入するはずだ。そんな時に気になるのが「いくらで買い取ってもらえるか?」だ。査定額は高ければ高いほど嬉しいが、自分が思っているほど高くはないのが現実だ。つまり、「好き」という気持ち先行でクルマを購入すると買い替えの時に泣きをみることになってしまうことにもなりかねない。

 そこで今回は、リセールバリューが高いクルマを選ぶために最低限知っておくべき基礎中の基礎と言える知識をご紹介しよう。

文/藤原鉄二、写真/トヨタ、日産、ホンダ、写真AC

【画像ギャラリー】「好き!」という気持ち先行のクルマ選びは大損を招く!?(15枚)画像ギャラリー

リセールバリューの平均下落率は3年後で50~60%程度

 クルマのリセールバリュー(再販価値)は歳月とともにどんどん下落していく。なかでも走行距離はリセールバリューをダウンさせる大きな要因。残価クレジットに走行距離制限を設けられているのも、クルマの再販価値が残価を下回ることを防ぐための策なのだ。

 一般的には、3万kmを超えたあたりからリセールバリューは大きく下落すると言われている。ただし、走行距離がそこまで延びていないとしても、3年後で平均で50~60%程度は下落することは覚悟しておこう。

不人気車が一転、高額査定車に化ける…なんてことはごくごく稀

いつかはやって来る買い替えの時! 知識武装で高額査定を勝ち取ろう! リセールバリューの基礎知識
ホワイト系など無難なボディカラーがアンパイ。どの車種に関してもこの傾向は変わらない

 ディーラーでの下取り額や中古車買取店での買取額に大きな影響を与えるのが市場での流通量だ。いわゆる「タマ数」が少ないクルマは希少価値がついて、思わぬ高額査定となる場合もある。ということは、不人気車はタマ数が少ないため、生産終了後にある程度の歳月が過ぎればリセールバリューが高くなる可能性があるかも……と思う人もいるかもしれないが、それは超レアケースだ。

 生産期間中に不人気だった車種は、それがたとえ絶版車になったとしても不人気車のまま……。つまり欲しい人は少ない(需要が少ない)ため、査定額は低くなってしまう。

 こういったことから、リセールバリューに重きを置いて新車購入をするなら少し様子見をするほうが無難。特に、ブランニューモデルや、フルモデルチェンジでコンセプトががらりと変わってしまったようなクルマは、発表直後に飛びつくのは避けたいところだ。

 ちなみに、車種の他に、ボディカラーも査定額に影響する要素。個性的なカラーよりは、ホワイト、パールホワイトやブラック、シルバーメタリックなど、人気の高い無難なカラーのほうが査定額は高くなる傾向にある。

次ページは : 短期的な乗り換えを考えるなら、モデルチェンジサイクルをチェック