無類のMT好き、安東アナウンサーのこだわり「絶滅の危機にある3ペダルMT車、それでも揺るぎない魅力を全力で語る」


 この業界きってのクルマ好き、そして何よりもクルマを運転することが好きな安東弘樹アナウンサー。ポルシェ911やアルピナ、3代目レガシィB4にVWルポGTIなどスポーツ系モデルを中心に車歴45台を乗り継いできている。

 そんな安東アナに「なぜ3ペダルMT車にこだわり続けているのか」をひたすら熱く、熱く語ってもらった!

文/安東弘樹
写真/安東弘樹、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】MT車の魅力を画像でチェック!(10枚)画像ギャラリー

■「クラッチを踏んでシフトノブをゲートに入れ、戻して繋ぐのが好きなんです」

 MT車の魅力、と問われたら……一般的にはクルマとの一体感や、「自在に操れるから」ということになるのでしょうが、私の場合、「その行為が好きだから」というのが最も当てはまるかもしれません。

 クラッチペダルを踏んで、シフトノブをゲートに入れ、クラッチペダルを戻してクラッチを繋げる。この文字を打ちながら恍惚としてしまう、というくらい、唯々、好きなんです。

 速く走る時に回転を合わせスムーズにクラッチを繋ぐ、「ヒール&トゥ」も一般道の交差点を曲がる時にも多用します。この場合、いたずらに回転を上げる訳にもいかないし、ブレーキも思いっきり踏むわけではないので、むしろ繊細な操作が必要なのですが、それが、また、たまりません。

■「運転操作」という快楽を愉しむ

 それに、やはりMTのほうが圧倒的に安全です。いわゆる「誤操作」が起こりにくいのはもちろん、漫然とした運転になりにくいので、常に、集中が保たれるとも言えるでしょう。

 もっとも私の場合、日常での運転時は、2ペダルのクルマを運転していても3ペダルのMTを運転していても、常に快楽のみを享受していますが(笑)。

 私がカー・オブ・ザ・イヤーの選考委員になって、さまざまなジャーナリストの方と交流させていただけるようになって驚いたのは、「スポーツ走行する時以外は、MTをわざわざ選ぶことはない」とか「12時間運転し続けるのは嫌だな」というような話を聞いた時です。

 私は、「この世界でも」異常なんだなと、苦笑いしました。ですから一般の方とは感覚が違う私はジャーナリストには向かないと確信しました(笑)。

 私は24時間365日、この原稿を書いている今、この瞬間にも運転がしたくてたまらないのです。ですから運転自体の操作が多ければ多いほど、その快楽を多く享受することができる身体なのでしょう。

次ページは : ■MTにしかできない運転がある