軽との板挟みで販売半減!? 「最小プチトヨタ」パッソ 6年目の正直と新型の行方


■低価格を守るためのガソリンエンジン、その後はBEVへ進化して欲しい

 登場から5年が経過したパッソだが、現在のところ次期型が登場するといった情報は、流れてこない。2022年の新車スケジュールにも、パッソの名前は見当たらず、開発が進んでいるという情報も耳にしないのだ。

 こうした中で、先日発表されたbZ4X。これはスバルとの共同開発BEVである。bZシリーズでは今後スズキ、ダイハツと共同開発したBEVを登場させる予定だ。このダイハツとの共同開発車が、次期型のパッソ/ブーンの役割を担っていくのではないかと筆者は考えている。

先日発表されたEV車「bZ4X」は、次期型のパッソ/ブーンの役割を担っていくのではないだろうか

 エントリーモデルで126万5000円という価格の安さを売りにしてきたパッソ。純ガソリンエンジンだからこそ可能だった低価格を、2030年以降の電動化時代にどうするのかが、大きな課題だ。

 現在の純ガソリンエンジンで低価格を維持できるうちは、改良やマイナーチェンジを繰り返しながら進んでいくべきだろう。

 そして低価格の軸となる、純ガソリンエンジンが使えなくなった際には、車両価格が30万円近く上がるHEVよりも、スパッとBEVへ姿を変え、新時代のプチトヨタを目指してほしい。

 姿を消しつつある小さな登録車が無くならないよう、パッソにはこれからもトヨタ最小の地位を守ってもらいたい。

【画像ギャラリー】まだまだ存在の意義はある!? トヨタ パッソをヤリス アクア 軽と比較する(10枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ