古老SR400が年間ベストセラーに! 3連覇Z900RSの牙城を崩した悲しい背景とは


 二輪ブームに沸いた2021年におけるバイクの推定販売台数が明らかになった。251cc以上でベストセラーに輝いたのは、ラストモデルとなったSR400。超人気車のZ900RSを抑え、販売トップを奪取した要因を探ってみた。

文/沼尾宏明、写真/YAMAHA、HONDA、データ出典/二輪車新聞「2022年新年特別号」

【画像ギャラリー】2021年ベストセラー250ccクラスは絶対王者のレブル250!(14枚)画像ギャラリー

400クラスが久々の快挙、SRが有終の美を飾った!

 カワサキのZ900RS/カフェは、2017年末に登場し、2020年まで3連連続で251cc以上のクラスで販売1位に輝いたベストラー。例年、CB400SF/SBがトップに君臨していたが、高額な大型クラスながら1位を獲得し続けた。

 2021年もZ900RSがトップセールスを記録して4連覇を飾るか……と思いきや、ヤマハのSR400が首位を奪取。2017年のCB400SF/SB以来、久々に400ccクラスがトップに立った。

 SRは、以前から生産終了の噂があり、2020年の販売台数は251cc以上で4位、251~400ccクラスで2位と人気が上昇していた。さらに2021年3月にファイナルエディションが発売となり、同3~8月まで6か月連続で251cc以上の販売1位に君臨。前年の2450台から約3倍となる6966台に伸長した。

 一方のZ900RS/カフェは4853台で、昨年の4046台を上回る健闘を見せたが、SRの勢いには及ばず。特別仕様の「Z900RS SE」が販売延期になった面もあるだろう。

データ提供:二輪車新聞 バイク業界唯一の専門紙で、車種別販売データを独自に集計。購読申し込みはWEB(http://www.nirin.co.jp)にて
噂にはなっていたが、ついにヤマハが2021年1月、SR400の生産終了とファイナルエディションを発表。特に写真の限定版は圧倒的な人気を博した
Z900RSは、往年のZ1スタイルと軽快な走りが人気。2021年11月に特別仕様のSEを販売予定だったが、コロナ禍に伴う部品調達の遅れで2022年1月21日に発売延期となった

3月の発売以来、争奪戦が展開されたファイナルSR

 SR400は、1978年の初代から続く流麗なスタイルと、空冷+キックスターターなどの基本構成を維持したまま熟成。43年目の2021年型で生産終了がアナウンスされ、2021年1月21日にファイナルエディションが発表された。

 通常販売のファイナル仕様のほか、1000台限定のファイナルエディションリミテッドを用意。こちらは、サンバースト塗装や本革調シート、真鍮製エンブレムをあしらった豪華仕様だ。

 発表から数日で年間販売計画の6000台(ファイナル5000台、リミテッド1000台)を超える受注が殺到。これは従来の年間国内生産量に対し2倍を上回る数字で、リミテッドに関しては即日完売の人気ぶり。まさに争奪戦が繰り広げられたのだ。

1000台限定のファイナルエディションリミテッド(74万8000円)。プレミアがついており、バイクの大手販売サイトでは160万円程度が中心相場。中には200万円のタマも
通常販売のファイナルエディションは青、グレーの2色設定(60万5000円)。全車とも3月15日に発売開始された。新車は安くても80万円程度で取引され、100万円もザラ

次ページは : レアな装備を満載、いい意味で“生きた化石”