【2021年11月から全ての国産新型車に義務付け!】 自動ブレーキ義務化で何が変わる?


 近年、「自動ブレーキ」と呼ばれることも多い衝突被害軽減ブレーキ。その搭載を国土交通省が2021年11月から国産新型乗用車に義務づけると発表した。

 この衝突被害軽減ブレーキの義務化で、現在すでに発売されたクルマはどうなるのか? クルマや自動車社会はどう変わるのか? 現在展開中の車種でオススメのものやその基準はどれか?

 交通コメンテーターの西村直人氏が、昨年(2019年)12月から始まった国交省による後付け急発進抑制装置の認定、現在展開中の商品やその価格についてと併せ詳報する。

【画像ギャラリー】自動ブレーキの性能基準をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:西村直人、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■国交省が自動ブレーキ義務化を発表。その国際基準は?

(TEXT/西村直人)

 2019年12月17日、国交省から乗用車の衝突被害軽減ブレーキ(AEBS/アドバンスド・エマージェンシー・ブレーキ・システム)国内基準と義務化の内容が公表された。

 GVW(乗員+車両+積荷の重量合算値)に応じ、2014年から段階的に義務化が施行されている商用車(トラック&バス)に続く安全対策だ。

 まずは2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、基準を満たした性能を持つ衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化される。

 義務化の時点で販売されているクルマ(=継続生産車)は2025年12月以降同タイミングの軽トラックはさらに後倒しで2027年9月以降に義務化が課せられる。

 また、正規販売される輸入車の新型車は2024年6月以降輸入車の継続生産車は2026年6月以降、国内基準が適応される。

自動ブレーキの性能基準

 衝突被害軽減ブレーキは、1991年に旧運輸省時代から現在へと続くASV(アドバンスド・セーフティ・ビークル)構想の最初期から導入が検討されていた先進安全技術で、2003年6月にホンダ4代目「インスパイア」が世界で初めて実装した。

ホンダ 4代目インスパイア。当初は「追突軽減ブレーキ」と呼ばれていた

 今回、義務化となった国内基準は2019年6月にスイスのジュネーブで開催された「WP29」で採択された「衝突被害軽減ブレーキ国際基準」(2020年1月から効力を持つ)に則った内容だが、実はコレ、日本が欧州連合と共同議長国として主導しWP29へ提案した基準そのもの。

 詳細は上のイラストのとおりで、実用化されている衝突被害軽減ブレーキに比べ基準は緩いが、いずれ求められる性能も上がる。

■義務化で今後何が起こる? オススメの衝突被害軽減ブレーキ搭載車の基準は?

(TEXT/西村直人)

 執筆時点の最新統計によれば、2017年の1年間に日本で販売された乗用車のうち衝突被害軽減ブレーキの装着車は73.6%(大型車/48.2%)と高い。すでにここまで普及しているのだ。

 ちなみに同期間のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)装着車は53.3%、車線中央を維持するLKAS(レーン・キープ・アシスト・システム)は29.6%

 衝突被害軽減ブレーキの義務化はあらゆる面に相乗効果をもたらすと考えます。その筆頭は事故件数の実質的な抑制だろう。

 2018年2~11月末時点で日本において発生した交通事故は39万471件。それに対し2019年1月~11月末時点では34万5651件と、数そのものはいまだに多いが4万4820件(11.5%)も減っている。

 また、負傷者の数も2018年→2019年の同期間では47万6878人→41万8718人(87.8%)とこちらの減少幅も大きい。

 普及率と統計数値からみても事故抑制要因のひとつに衝突被害軽減ブレーキをはじめとした先進安全技術の貢献があるのは明らか。

 さらに義務化となれば例えば現存する商用車における衝突被害軽減ブレーキのレスオプション仕様が選べなくなるから、全方位で取りこぼしが最小限に近づいていく。

認定基準を満たした衝突被害軽減ブレーキであればいいわけではない。夜間の歩行者に対応した機能など、より高性能な衝突被害軽減ブレーキが望ましい

 続く相乗効果は社会的損失度の低下だ。例えば、事故で壊れた車両の修理費や人身事故にまつわる保険金の支払額が減っていく。

 一般的に人身事故では、治療や休業補償など保険会社の支払い額が高額になるが、将来的にはこれが減額する。どういうことか?

 衝突被害軽減ブレーキの本来の目的として、事故そのものが防げなかったにしても衝突が避けられない場合に介入する自律自動ブレーキの速度低減効果により事故発生時の衝突エネルギーが少なくなるため、双方のダメージが少なくなる。

 よって修理期間や治療・休業期間が短縮され保険金の支払い総額が減少、その分、社会的損失度は減って最終的には被保険者が支払う保険料が安くなるのではないか。

 すでに衝突被害軽減ブレーキ搭載車で一定の基準を満たしていれば保険料が9%割引(ASV割引)になるが、その割合が増えることも予想できる。

 では、義務化の国内基準を満たした衝突被害軽減ブレーキ搭載車であれば、どれでも、どんな時でも安心できるのか? 答えはNO!

 確かに義務化によって介入すべき自律自動ブレーキの性能は可視化されたが、担保されるのはあくまでも厳格に定められた試験環境での結果であって実際の交通環境ではないからだ。

 そのためこの先も〝衝突被害軽減ブレーキがついていれば安心〟ではありません。過信は禁物。

自動車アセスメント(JNCAP)による試験の様子

 私が現時点でお薦めする衝突被害軽減ブレーキ搭載車の基準は以下3つ。

❶システムが危険を知らせる警報ブザーやディスプレイ表示がわかりやすいこと。
❷どんな体躯でも急ブレーキが踏みやすい運転姿勢がとれるよう調整機構が充実していること。
❸夜間の歩行者にまで対応していること。

 国産車では、カローラシリーズ、RAV4、クラウン、レクサスLS、インサイト、マツダ6、マツダ3、CX-30、フォレスターなどが該当します。

次ページは : ■将来、先進運転システムで義務化してもいい機能は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ